記事一覧

脳転移以降の推定経過と転院などの状況

  • 2019年11月03日

2019年5月9日 2度目の抗がん剤(ハラヴェン)の治療開始

これ以降、脱毛が増え、副作用としての味覚障害を強く感じる(これは前回と同じ)
発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はとくになし
レントゲンの画像は微増悪という感じだが、白血球数・好中球数に問題はない

6月27日 ブログの最終更新日 これ以降、本人の自筆記述はなし

8月10日 お墓参り 名栗温泉 飯能のムーミン谷(メッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク)へ行く

8月24日 乳がんのフォーラム(2019年 第18回かながわ乳がん市民フォーラム)に出席するが終了後の反省会でそれまでのような知的鋭さに欠ける

このころから食事に興味が薄れ、分量も減る
アイスクリームなどを食べても美味しくないと言う

終活の一環として進めていた年金受給申請の書類に不備や間違いが多く指摘されるなど、事務的処理能力に陰りが多く見られる

9月20日 腫瘍内科外来を日付を間違えて来診し、対話の内容にちぐはぐな感じを受けた主治医により脳のMRIを行い脳内腫瘍の転移を発見

直径50ミリ前後の腫瘍が右脳・左脳各辺に3つくらい、その他小片がまばらに散在し、脳幹にも見られる
この状況で運動能力や各種知覚にこれといった症状が見られないのはむしろ稀有な状態ではないか

9月21日 そのまま神奈川県の某病院脳外科に救急入院

脳の腫れを抑える点滴処置ならびに経過観察(連休を挟むため)

ノバリス(定位放射線照射専用に開発されたリニアック照射装置。多方向から照射される放射線をビームごとに強度を変化させて照射する強度変調照射<IMRT>などの多様な治療計画を可能とするソフトウェアと,精度の高い照射技術,赤外線とX線の監視システムによる体動追跡,微修正機能などのハードウェアが最適に融合した世界最高の装置)による放射線全脳照射ならびに局所重点照射

(9月30日~10月15日間の10回に分けて、各回10分程度照射)

いくつかの交友関係方面に状況をお伝えしたところ、お見舞い等多数来客あり

だいたい対人認識できるらしく笑顔で対応することもあり

ただし数日後に忘れてしまうことや、記憶が混乱することも日によっていろいろである

これまでの本人の状況を知る方々は、「とても残念」な印象をお受けになるが、当人はあまり深刻そうな様子ではなく、穏やかである

長期記憶は概ね保持されているが、直近の事象に対しての認知程度は低下(この傾向は入院時から3週間の間に大きな変化はない)

日にちや曜日の認知が混乱、道具(PCやスマホ)や器具(カードキー)の使用法が分からなくなる、眼前の文字列に捉われる、など

問いかけに対して「解らない」と答える場合が多くなる

食事量は多くはないが食べられないわけではなく、億劫な感じ
歩行能力は弱っているができないわけではない

自分から意識的に発言はしないが言語は理解でき反応はする
感情的には落ち着いていて、鬱的ではない
ある種の諦念のような雰囲気を醸しだしている

10月16日 院内移動にて脳外科より腫瘍内科ベッドに移る

脳外科にての治療行為は終了 今後は定期的に効果観察
体力低下等を鑑み、抗がん剤は以後休薬し、緩和ケアへの移行を念頭に、今後の転院先を模索する方向で対応を検討する(担当医・ソシアルワーカ同席)

上記方策の決定まで、現状にて入院継続となる

ほぼ一か月の入院・加療後、主治医との相談により転院希望のオーダーを出す

直後に、これまで外来で並行受診していた緩和ケア病棟を有する病院から、受け入れ可能との返信あり
この進捗状況は異例の速さとのこと

10月24日、都内某病院の緩和ケア病棟に転院 放射線治療の効果・影響についてはいまだ大きな変化なし

車椅子にて展望デッキ等に出て寛ぐなど、精神・身体的に安定していて、緊急な状況ではないが、予断は許されず、現在に至る

11月2日 記載 (文責 かわせみ)

参考ブログ

リスミンの乳がん日誌
http://new.la.coocan.jp/

リスミンの乳がん日誌Part2
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi

リスミンは入院しています

  • 2019年10月15日

更新が途切れていますため、皆様にはいろいろご心配をおかけしています。私は夫のかわせみです。

リスミンは9月の20日より、乳がんの脳転移のため急遽入院し、放射線治療を受けました。明日あたりには院内転院ということで、主治医の腫瘍内科のベッドに移ります。

その他の状況については、本人と相談の上、またお知らせしようと思います。

取り急ぎ、代筆にて、失礼いたしました。

かわせみ

6月27日(木) ハラヴェン3クール2回目

  • 2019年06月27日

診察予約時間は午前9時半。きょうは採血もレントゲンもなしなので、ほぼその時間にチェックイン。待つほどもなく「中待合へ」の表示が出て、そこでもほとんど待たずに診察室に呼ばれました。
問診で申告することはほとんどなし。吐気なし、便秘も下痢もなし、口内炎なし。した。実は先週の金曜日に38度の発熱あり。ロキソニンとクラビットを飲んで熱はすぐ下がりました。

次回の予約は再来週の木曜日(7/11)に入れ、血液検査とレントゲンも予約も。化学療法室に移りました。やや混んでいる感じで、案内されたのは7番のリクライニングでした。

第71回キャンサーボード勉強

  • 2019年06月19日

ファイル 363-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて

6月19日(水) ハラヴェン3クール1回目

  • 2019年06月19日

診察予約時間は午前9時半。ちょうどそのぐらいの時間にチェックイン。採血はほとんど待ち時間なしで、腫瘍マーカーがあるので5本採取です。
1時間ぐらいして「中待合へ」の表示が出て、さらに1時間近く待ちました。
問診で申告することはほとんどなし。相変わらず発熱なし、吐気なし、便秘も下痢もなし、口内炎なし。味覚障害はかなり進んだ感じですが、何がどうまずいかは明確には分かりません。髪はかなり抜けました。
3週間分の処方箋をもらうと、「処方箋を見るだけでは呼吸器の患者みたいだね」とドクター。確かに鎮咳薬と去痰薬ばかりなので、呼吸器系の病気にしかみえません。
腫瘍マーカーはほんの少し下がってました。まだはっきりは言えませんがハラヴェンは全然効いていないわけではないようです。
次回の予約を来週の木曜日(6/27)に入れ、今日の血液検査の結果をもらい、診察を終了して化学療法室に移りました。やや混んでいる感じで、案内されたのは9番のリクライニング。終了したのは1時近くなってからでした。

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座

  • 2019年06月09日

ファイル 361-1.pdf
ファイル 361-2.gifファイル 361-3.gif

「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」
Cross the Lines

国立がん研究センター研究棟1階 大会議室にて

6月6日(木) 代診、ハラヴェン2クール2回目

  • 2019年06月06日

きょうは代診で、採血もレントゲンもなし。診察予約時間は9時半で、9時35分にチェックインしました。外来の受付をするとすぐに「中待合へ」の表示が出て、中待合に行くとすぐに代診のドクターが診察室から顔を出されました。

代診なので、ほぼ問診のみです。相変わらず目立った副作用はありません。発熱なし、下痢便秘なし、口内炎なし、だるさなし。
きょうは月の最初の受診日ですが、血液検査がなかったので、腫瘍マーカーは測っていません。

診察を終了し隣の化学療法室に移ると、今日は待合の椅子には誰もいません。クリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っているとまもなくリクライニングに案内され、今日は5番の席でした。

次回は2週間後です。

5月30日(木) ハラヴェン2クール1回目

  • 2019年05月30日

先週は休薬週だったので、2週間ぶりの受診です。レントゲンがあるのでやや早めの9時ごろにチェックイン。採血は待ち時間なしで、レントゲンを終わって腫瘍内科の外来受付をしたのは9時20分ごろでした。

先週と同様、診察室に呼ばれたのはそれから30分後ぐらい。

きょうからはハラヴェン2クール目ですが、相変わらず目立った副作用はありません。鼻水は減ってきましたが咳・痰はなんとなく増えたまま。吐気はほとんどなく、気持ち悪くなる2歩手前といったところ。頭痛はあまりひどくなく、朝にちょっと重いかなぁという程度。ロキソニンは飲まずに済んでいますが、手持ちが欠乏しているので今日は10回分処方してもらいました。発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はありません。脱毛は順調に増えています。この調子ではもう少しでフルウィッグになりそう。
レントゲンの画像は微増悪という感じですが、白血球数・好中球数に問題はないので、今日のハラヴェン投与は予定通り。

診察を終了し隣の化学療法室に移ると、今日は待合の椅子が埋まっています。クリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っていると一つ空きが出たのでそこに着席。40分ほど待って案内されたのは10番のリクライニングで、投与終了は正午少し前でした。

次回は6月6日(木)で、主治医が休診なので代診の予定です。

日本臨床腫瘍学会 市民公開講座

  • 2019年05月19日

ファイル 357-1.jpgファイル 357-2.jpg

有楽町にて

5月16日(木) ハラヴェン1クール2回目

  • 2019年05月16日

きょうの受診予約時間も先週と同じく9時半。チェックインも先週とほぼ同じ時刻。採血は白血球・好中球のチェックだけなので1本のみで、これも先週と同じく9時半には腫瘍内科の外来受付ができました。

血液検査の内容が白血球のみなので中待合への表示が出るのも早く、30分もしないうちに順番となり、診察室へもすぐに呼ばれました。

さて、ハラヴェン初投与から1週間ですが、目立った副作用はありません。咳・痰はなぜか増えてしまい、鼻水もなぜかよく出ます。吐気はほとんどなく、気持ち悪くなる2歩手前といったところ。投与の翌々日から起床時の頭痛があって、3日連続でロキソニンを飲みました。あまりひどくはないですが…。発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はありません。昨日あたりから右手指先がちょっとしびれてきたかな。
ドクターからは「今日はランマークもやろうか?」という話がありましたが、わたし的には「え?」という感じ。ドクター「前回から4週間経つし、6週に1回にやるとすると2週目に合わせるのがいいかと思ったんだけど」。私「ゾレドロン酸の場合は長期にやってる場合は3か月に1回にしてもいいらしいし、画像所見も落ち着いているし、症状もないし…」。ドクター「確かに2年以上の長期投与の試験結果はほとんどないし、止めたいならしばらく止めて様子見てもいいよ」。私「じゃあ、止めましょう!」
ということで、ランマークは4月で終わりにし、しばらく様子見ということに。

白血球数・好中球数に問題はないので、今日のハラヴェン投与は予定通り。来週は休薬週なので再来週の予約を入れ、再来週にはレントゲンも撮ることにして診察は終了。隣の化学療法室に移ると、今日は3人ぐらいのかたが待機の椅子にすわっていました。診察の際に受付から会計まで持ち歩くクリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っているとしばらくして4番のリクライニングに案内されました。また少し待つとCVポートへの針刺し、薬の準備などがそれぞれあり、先週と同じく約30分の点滴です。途中で薬剤師さんが登場し、副作用の状況などをヒアリング。さらに看護師さんによる血圧測定と体温測定などもあり、11時半ぐらいには投与終了です。

次回は5月30日(木)の予定です。

ページ移動