記事一覧

10月3日(水) 受診

  • 2018年10月03日

4日が休診なので今回は一日前倒しの水曜日に受診です。

病院にチェックインしたのは8:15。採血をして外来受付が終わったのは8時半ごろ。私の通例の受診日の木曜日よりも水曜日のほうが混んでるはずなのですが、今日の待合の長椅子はがらんとしています。9時少し前にドクターがやってきて診察開始。私は4番目でした。診察室に呼ばれたのは9時40分ぐらいだったでしょうか。きょうの報告事項はあまりありません。他院の緩和治療外来受診が10月18日になったということぐらいかな。先月ほぼ横ばいだった腫瘍マーカーは再び若干上昇。それでも薬剤変更はまだ先送り。好中球も問題なかったので治療継続です。インフルエンザの予防注射をしたいと申し出たところ、場合によっては今日できるかもということで問い合わせてくれましたが、やはり次回になり10分少々で診察終わり。そのあと化学療法室でフェソロデックス等の注射をしてもらって終了です。

9月20日(木) 受診

  • 2018年09月20日

きょうは分刻みのタイムスケジュール。受診後は11時までに職場に行く予定なので、アサイチで受け付けできるよう早めに家を出ます。夜に札幌へ行く予定なので、重い旅行荷物を抱えて、まずは駅のロッカーへ。

病院に着いてチェックインしたのは8時少し過ぎ。公式には8時15分から受付開始なのですが、自動受付機は既に動いています。すぐに血液検査の受付をすると37番目。10人待ちぐらいですが、意外に早く8時20分には採血終了。その後、前回の受診の際に新しい保険証が間に合わず10割負担だったため、会計窓口に精算の依頼をします。引き続き腫瘍内科の外来受付をし、中待合に呼ばれたのは9時20分ごろでした。

この2週間の体調は変化なし。白血球、好中球は、V字回復していました。イブランス再開です。といっても、スケジュールを崩さないために、7日分のみ服用し、その後の7日間は休薬期間となります。「今日の夜、札幌に行くんですよー」と主治医にも報告し、診察終了です。
会計の窓口では、前回の精算をしてくれたのですが、差額が現金でボーンと戻ってきて、うひゃーって感じです。

その後、来週の旅行のJRきっぷを受け取り、職場に向かい、昼休みにきっぷを友人に渡し、5時まで仕事をして、薬局で処方薬をもらい、薬局でも前回の会計の精算をしてもらい、ロッカーから荷物を出して羽田へ。ふぅ・・・。
雨だったので、普通以上にくたびれましたが、なんとか予定通り札幌に行けてひと安心です。

9月6日(木) 受診

  • 2018年09月06日

4月に仕事を完全リタイアして4か月。悠々自適の生活のはずでしたが、前の職場から連絡があり、来年3月までのレスキューと言うことで9月から出戻りしてしまいました。そのため、今日の受診後は職場に向かわなければなりません。早めに家を出て、病院に着いたのは8時20分ごろ。採血もそれほど待たずに順番が来ます。「あ、また同じ採血担当者だ」と思っていたら、向こうからも「このところずっと続いてますね」と声を掛けられてしまいました。確かに6月ごろから連チャンで同じ担当者に当たっています。採血ブースは8つぐらいあるので、連続で同じ人に当たるのは珍しいみたいです。

採血の後は外来受付。本来であれば保険証チェックがあるのですが、新しい保険証がまだ手元にないので、今日は10割自費扱いです。次回に保険証があれば、精算の手続きができるそうです。
待合いの長椅子でしばらく待っていると、看護師さん登場。事前問診と検温です。そうこうしているうちに血液検査の結果が出たらしく「中待合へ」の表示が出て、更に5分ほどで診察室へ。
まずは問診。先週、舌先に口内炎ができかけたが、アフタッチを貼ったらひどくならずに治ったことと、久々に胃もたれと胃痛があったことを報告。ただ、胃痛については昔からある症状で、最近は少なかったものが久々に出たという感じで、現在の治療とは関係なさそうです。その他は特に問題なしです。

ドクターの前の画面を見ると好中球のグラフが出ていて、今回は好中球が1000を切ってしまったとのこと。とすると、イブランスの通常投与は無理で、どのように休薬するか決めなければなりません。腫瘍マーカーは完全横ばい状態で、あまり悪化している様子はないので、あと2週間休薬することにしました。サイクルのスケジュールは変えずに、2週間後に採血して好中球が復活していれば、残りの1週間分を服用する予定です。

診察終了後少し待ってから、化学療法室でCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい終了。会計まで終わったのは10時5分でした。

8月23日(木) 受診

  • 2018年08月23日

定例の受診日です。病院チェックインは9時13分。

白血球、好中球も安定しているし、PET-CTをやったばかりでもあるので、今日は採血もレントゲンもなしです。
採血がないと、その検査結果を待つ必要がないので、おそらく受付から診察までの時間が短いと予想。案の定、外来受付カウンターで受付を済ませると、ほどなくして看護師さん登場。検温と事前問診を行い、PET-CTの資料を返してくれます。中待合への表示が出たのは9時25分ごろ。そこからあまり待たずにドクター登場で診察室に入りました。

「2週間の状況は?」と聞かれて「まったく変化なしです」。「発熱なし、下痢なし、口内炎なし・・・」と言うと、そのとおり電子カルテに入力している模様。先にPET-CTの資料を受け取って目を通していたので、「PETもほとんど変化なしですね」と言うと、ドクターも「そうだねー」。

検査したクリニックでの所見は「右肺下葉の腫瘤に著変なしで、FDGの集積は若干低下」「左肋骨、左腸骨への軽微な集積出現」「前からあった胸骨、右肋骨、坐骨への集積は若干低下」「そのほかは特に異常なし」ということで、「骨転移の進行が疑われます」とコメントされていますが、前回の画像と比べてみると「これって前回もあって、そんなに変わってないよね」とのこと。「骨転移って、既にランマークやってるし、痛みがなければ特にすることはないんでしょ?」と聞くと「そのとおり」。

骨転移の治療薬であるビスホスホネート(その中で現在はゾレドロン酸がメイン)とデノスマブ(分子標的薬の一つで商品名ランマーク)は、破骨細胞の活動を阻害し、骨吸収(骨が壊れること)を防ぐ薬剤です。しかし、顎骨壊死や病的骨折という問題も知られています。病的骨折を予防するはずの薬の副作用が病的骨折というのもおかしな感じですが、人間の身体や薬の作用機序は、そう単純でないということでしょう。
私の場合、ゾレドロン酸は2013年11月から開始し、ケモ中に数か月の中断があったものの、2016年10月からはランマークに変えて、現在まで5年近く続けています。知人の中にも、顎骨壊死になったり、大腿骨骨折をした人がいますし、注意する必要がありますが、定期的に歯科医院でチェックしてもらっていることもあり、当面のところはランマーク継続です。

今回は追加のイブランス処方と、次回の予約で終了。次回は腫瘍マーカーを測るので、診察前採血は有り、レントゲンはPET-CTを撮ったばかりなので無しです。

診察室を出ると、珍しく同じ主治医の患者仲間に会いました。彼女もイブランスを始めたとのことで、しばしおしゃべり(情報交換)。
会計は診察と処方のみなので420円ナリ。安い!

次回は9月6日の予定です。

PET-CT検査(転院後3回目)

  • 2018年08月16日

今日はPET-CT検査です。
4月の検査のときは暴風雨でしたが、今日もまるで台風のような強風です。ただ、電車の運行には影響ない模様。

PET-CTの検査歴は数えきれないくらい。このクリニックでももう3回目なので、問題なく進みます。予約時間の10分ほど前にクリニックに到着し、受け付け、着替え、問診と進み、安静室に落ち着いてからいったんFDGの注射に行き、さらに50分程待機。
撮影前にトイレを済ませ、検査室へ。今回は咳はなんとか大丈夫でした。結果は5日以内に主治医のところに届くということで、来週の木曜日には結果が聞けそうです。

クリニックを出たのはちょうど11時ごろで、所要時間は2時間弱でした。

国民健康保険の高額療養費

  • 2018年08月10日

4月に仕事を辞めた関係で、公的医療保険が協会けんぽから、区市町村の国民健康保険に変更になり、高額療養費の手続きも変わりました。
協会けんぽは、毎月、自分で申請書を作って送る必要がありましたが、国保は「高額療養費支給申請のお知らせ」という書類が世帯主あてに郵便で届いて、それに必要事項を記入して返送する仕組みです。協会けんぽよりも親切です。注意しなければならないのは、あくまでも世帯主あてであること。
金額も国保側で予め計算してくれているのですが、その自己負担限度額がこれまでより1ランク下の、住民税非課税世帯になっていたので、役所に問い合わせてみました。
すると、私の場合は仕事を辞めてから雇用保険の手続きをしていて、雇用保険受給資格者の離職理由により保険料減額の対象となっていてその手続きもしているため、自己負担限度額のランクが下がったとのこと。

高額療養費の自己負担限度額は、基本的に収入によって決まり、過去12か月の間に該当月が3回以上ある場合は、4回目から金額が下がる仕組みです。しかし、保険が変わるとまた振り出しに戻る予定でした。ところが、振り出しに戻っても上記の離職理由に基づいて減額対象となったので、結果的に前より安くなりました。超ラッキーです。

公的な社会保険制度も、まんざら捨てたもんではありませんね。

8月8日(水) 受診

  • 2018年08月08日

ドクターの休診日の関係で、いつもの曜日より一日前倒しの受診です。
予約時間は9時となっていますが、これはかなりテキトーとのこと。しかし、さすがに予約時間より前にはチェックインしようと8時前には家を出ます。
今日は台風が近づいていて、雨が断続的に降っています。さて、普段より混んでいるか?空いているか?

病院到着は8時38分で血液検査は15分待ち。中待合への待ち人数は20人ぐらいで、ここはいつもより混んでいます。ちょうど15分ぐらい待って採血を終え、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時5分ごろでした。さて、これから血液検査の結果が出るまで1時間ほど待つ予定です。同じ待合い場所を使っている診察室が9つぐらいあるのですが、今日はほかの診察室は静かで、待合のソファにも空きが目立ちます。そんな中で私の主治医のところだけどんどん患者が呼ばれて行きます。明日は休診の予定なので、明日の分まで頑張っているのかな?

予定通り50分ほどで中待合への表示が出て、そこから20分ぐらい待って診察室へ入りました。
2週間の状況報告ですが、相変わらず全く変化なし。発熱なし、口内炎なし、軽い下痢が1回ありましたが、変わったことは何もありません。血液検査の結果も、白血球2800・好中球1288で治療継続です。腫瘍マーカーはCEAが微増、CA15-3が微減。去年まではそろって上下していたのに、今年になってから相反する動きをしています。謎。

診察終了後少し待ってから、今日は向かいの診察室でCVポートの洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい、病院を出たのは11時10分ごろ。本日の滞在時間は2時間半でした。

7月26日(木) 受診

  • 2018年07月26日

今日のチェックインは9時。すぐに採血に回りますが、少々混んでいて13分待ち。採血前のソファもかなり埋まっていたので、ちょっと離れた椅子に座ります。
採血室への入室表示が出たのが、ちょうど13分後で、そこから2分ほどで採血へ。終わって腫瘍内科の外来受付をしたのが9時20分ごろでした。

待合の長椅子で待っていると、早くも30分弱で中待合への表示が出て、まもなくドアを開けてドクター登場。そんなに早く呼ばれるとは思わず、持参の資料を読んでいると、ドクターは私が気づくのを少し待っていたようです。広げていた荷物を慌ててまとめ、診察室へin。病院到着から1時間かからずに診察になったのは、初めてかも。

いつものとおり2週間の状況報告ですが、この2週間は全く変化なしです。血液検査は白血球・好中球のみですが、低下はなく、治療継続です。この分なら、次のサイクルから2週間目の血液検査はなしで良いでしょうとのこと。次の2週間後の診察はちょうどドクターの休診日に当たるので、1日前倒しの8月8日(水)。前回(4/15)のPET-CTから3か月以上経つので、8月にPET-CTをすることにし、8月16日(木)に予約を入れます。そのため、8月8日のレントゲンはなし。イブランスの追加7日分と、鎮咳薬アストミンの処方をしてもらって終了です。

本日の病院滞在時間は1時間半でした。(早い!)

7月12日(木) 受診

  • 2018年07月12日

最近の受診はのんびりモードなのですが、今日は受診が終わったら札幌まで行く予定なので、少し早めに家を出ます。
病院に到着してチェックインしたのは9時少し前。採血は待ち時間なしですぐ終わり、そのまま腫瘍内科の外来受付へ。月曜日に撮影したので、今日のレントゲンは無しです。

血液検査の結果が出たころに中待合へ呼ばれ、診察室に入ったのは10時少し回ったころだったでしょうか。
月曜日に受診したので、それ以降の状態を申告するのですが、月曜日夜に39度の発熱があり、その後の発熱はないこと。そのころから鼻水が大変になったこと。ほかにトラブルはないことを話しました。血液検査の結果は白血球も好中球も問題なしで、治療は継続です。風邪の上乗せ効果のせいか咳がひどくなり、手持ちのリン酸コデインも切れているので、新しい鎮咳薬を試してみることにしました。薬としては昔からあるもので、アストミン錠10mg、1日3錠です。とりあえず次の診察までの14日分を試してみることに。月曜日にもらい損ねた血液検査の結果を印刷してもらい、次回の予約を入れて診察室を出ます。
次は注射。化学療法室内のベッドで待つことしばし。CVポート生食フラッシュ(洗浄)、ランマーク注射、フェソロデックス注射で終了ですが、終わったとたんに咳が止まらなくなり、看護師さんが退室してからも落ち着くまでしばし処置室で咳をしました。

会計まで終わって病院を出たのは11時10分ごろでした。
本日の病院滞在時間は2時間少々でした。

7月9日(月) 発熱、臨時受診

  • 2018年07月09日

6日金曜日に、終日かなりくたびれる日を過ごしたせいか、7日土曜日の朝に37.8度の発熱。一日家で大人しくしていたのですが、夜には38.9度まで上がってしまいました。
思い起こせば5日木曜日ごろから咳が増え、喉の痛みもあったような。
もう一日様子を見て、熱が出続けるようなら月曜日に受診しようと考えていたのですが、日曜日は微妙な38度越え。頭痛もします。
重篤な状況ではないし、受診しても重篤でないことを確認する程度なのですが、月曜日朝も37.5度だったので受診することにしました。

朝、ドクターには発熱&臨時受診の予告メールを出して家を出ます。病院の通常の受付時間は8時15分からなので、途中の駅から外来受付に電話。病院に着いたのは9時ごろだったでしょうか。受付で予約外受診の申し出をすると、少しして看護師さんが現れ「先生に連絡してあったんですね。もう検査予約入っていました」とのこと。いつものように採血→レントゲンと回り、再び外来の待合で待つこと1時間。中待合へ移動してからさらに20分ほど。診察室に呼ばれたのは11時近かったでしょうか。

診察室に入ると、いきなりドクターが「風邪声だねぇ」。発熱の状況と咳・痰の増加、咽頭痛、頭痛を報告。「体感的には今日がいちばん具合悪いです」。
血液検査の結果は特に大きな問題なし。レントゲンも肺炎と言うほどではなく、いわゆる風邪(上気道炎)との診立て。
本来は12日木曜日に測る予定だった腫瘍マーカーを前倒しで今日測ったのですが、数値は完全横ばいです。腫瘍が悪化したわけでもなさそう。
あまり効果は期待できませんが、念のための抗菌薬(クラビット)を3日間分処方してくれて、12日の受診まで様子を見ることとしました。

ページ移動