記事一覧

6月27日(木) ハラヴェン3クール2回目

  • 2019年06月27日

診察予約時間は午前9時半。きょうは採血もレントゲンもなしなので、ほぼその時間にチェックイン。待つほどもなく「中待合へ」の表示が出て、そこでもほとんど待たずに診察室に呼ばれました。
問診で申告することはほとんどなし。吐気なし、便秘も下痢もなし、口内炎なし。した。実は先週の金曜日に38度の発熱あり。ロキソニンとクラビットを飲んで熱はすぐ下がりました。

次回の予約は再来週の木曜日(7/11)に入れ、血液検査とレントゲンも予約も。化学療法室に移りました。やや混んでいる感じで、案内されたのは7番のリクライニングでした。

第71回キャンサーボード勉強

  • 2019年06月19日

ファイル 363-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて

6月19日(水) ハラヴェン3クール1回目

  • 2019年06月19日

診察予約時間は午前9時半。ちょうどそのぐらいの時間にチェックイン。採血はほとんど待ち時間なしで、腫瘍マーカーがあるので5本採取です。
1時間ぐらいして「中待合へ」の表示が出て、さらに1時間近く待ちました。
問診で申告することはほとんどなし。相変わらず発熱なし、吐気なし、便秘も下痢もなし、口内炎なし。味覚障害はかなり進んだ感じですが、何がどうまずいかは明確には分かりません。髪はかなり抜けました。
3週間分の処方箋をもらうと、「処方箋を見るだけでは呼吸器の患者みたいだね」とドクター。確かに鎮咳薬と去痰薬ばかりなので、呼吸器系の病気にしかみえません。
腫瘍マーカーはほんの少し下がってました。まだはっきりは言えませんがハラヴェンは全然効いていないわけではないようです。
次回の予約を来週の木曜日(6/27)に入れ、今日の血液検査の結果をもらい、診察を終了して化学療法室に移りました。やや混んでいる感じで、案内されたのは9番のリクライニング。終了したのは1時近くなってからでした。

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 市民公開講座

  • 2019年06月09日

ファイル 361-1.pdf
ファイル 361-2.gifファイル 361-3.gif

「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」
Cross the Lines

国立がん研究センター研究棟1階 大会議室にて

6月6日(木) 代診、ハラヴェン2クール2回目

  • 2019年06月06日

きょうは代診で、採血もレントゲンもなし。診察予約時間は9時半で、9時35分にチェックインしました。外来の受付をするとすぐに「中待合へ」の表示が出て、中待合に行くとすぐに代診のドクターが診察室から顔を出されました。

代診なので、ほぼ問診のみです。相変わらず目立った副作用はありません。発熱なし、下痢便秘なし、口内炎なし、だるさなし。
きょうは月の最初の受診日ですが、血液検査がなかったので、腫瘍マーカーは測っていません。

診察を終了し隣の化学療法室に移ると、今日は待合の椅子には誰もいません。クリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っているとまもなくリクライニングに案内され、今日は5番の席でした。

次回は2週間後です。

5月30日(木) ハラヴェン2クール1回目

  • 2019年05月30日

先週は休薬週だったので、2週間ぶりの受診です。レントゲンがあるのでやや早めの9時ごろにチェックイン。採血は待ち時間なしで、レントゲンを終わって腫瘍内科の外来受付をしたのは9時20分ごろでした。

先週と同様、診察室に呼ばれたのはそれから30分後ぐらい。

きょうからはハラヴェン2クール目ですが、相変わらず目立った副作用はありません。鼻水は減ってきましたが咳・痰はなんとなく増えたまま。吐気はほとんどなく、気持ち悪くなる2歩手前といったところ。頭痛はあまりひどくなく、朝にちょっと重いかなぁという程度。ロキソニンは飲まずに済んでいますが、手持ちが欠乏しているので今日は10回分処方してもらいました。発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はありません。脱毛は順調に増えています。この調子ではもう少しでフルウィッグになりそう。
レントゲンの画像は微増悪という感じですが、白血球数・好中球数に問題はないので、今日のハラヴェン投与は予定通り。

診察を終了し隣の化学療法室に移ると、今日は待合の椅子が埋まっています。クリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っていると一つ空きが出たのでそこに着席。40分ほど待って案内されたのは10番のリクライニングで、投与終了は正午少し前でした。

次回は6月6日(木)で、主治医が休診なので代診の予定です。

日本臨床腫瘍学会 市民公開講座

  • 2019年05月19日

ファイル 357-1.jpgファイル 357-2.jpg

有楽町にて

5月16日(木) ハラヴェン1クール2回目

  • 2019年05月16日

きょうの受診予約時間も先週と同じく9時半。チェックインも先週とほぼ同じ時刻。採血は白血球・好中球のチェックだけなので1本のみで、これも先週と同じく9時半には腫瘍内科の外来受付ができました。

血液検査の内容が白血球のみなので中待合への表示が出るのも早く、30分もしないうちに順番となり、診察室へもすぐに呼ばれました。

さて、ハラヴェン初投与から1週間ですが、目立った副作用はありません。咳・痰はなぜか増えてしまい、鼻水もなぜかよく出ます。吐気はほとんどなく、気持ち悪くなる2歩手前といったところ。投与の翌々日から起床時の頭痛があって、3日連続でロキソニンを飲みました。あまりひどくはないですが…。発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はありません。昨日あたりから右手指先がちょっとしびれてきたかな。
ドクターからは「今日はランマークもやろうか?」という話がありましたが、わたし的には「え?」という感じ。ドクター「前回から4週間経つし、6週に1回にやるとすると2週目に合わせるのがいいかと思ったんだけど」。私「ゾレドロン酸の場合は長期にやってる場合は3か月に1回にしてもいいらしいし、画像所見も落ち着いているし、症状もないし…」。ドクター「確かに2年以上の長期投与の試験結果はほとんどないし、止めたいならしばらく止めて様子見てもいいよ」。私「じゃあ、止めましょう!」
ということで、ランマークは4月で終わりにし、しばらく様子見ということに。

白血球数・好中球数に問題はないので、今日のハラヴェン投与は予定通り。来週は休薬週なので再来週の予約を入れ、再来週にはレントゲンも撮ることにして診察は終了。隣の化学療法室に移ると、今日は3人ぐらいのかたが待機の椅子にすわっていました。診察の際に受付から会計まで持ち歩くクリアファイルを所定の位置に入れ、血圧測定をして待っているとしばらくして4番のリクライニングに案内されました。また少し待つとCVポートへの針刺し、薬の準備などがそれぞれあり、先週と同じく約30分の点滴です。途中で薬剤師さんが登場し、副作用の状況などをヒアリング。さらに看護師さんによる血圧測定と体温測定などもあり、11時半ぐらいには投与終了です。

次回は5月30日(木)の予定です。

第70回キャンサーボード勉強会

  • 2019年05月15日

ファイル 356-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて
久々の参加です。お弁当、美味しかったけど、食欲がなくてあまり食べられなかった。残念。

表題には「乳癌治療における・・・」とありましたが、予想通り、乳癌の分野ではまだあまり進んでないようです。乳がんの場合は遺伝子変異以外のターゲットが既に数多くあるせいかな。
それでも、今後、このアプローチが増えていくのは時流の趨勢なので、基礎知識として知っておいて損はなさそうです。

5月9日(木) ハラヴェン開始!

  • 2019年05月09日

きょうの受診予約時間は9時半。血液検査の結果が出るのに1時間ぐらいかかるので、1時間前にはチェックインして採血するのが常ですが、時間に余裕ができた今となってはできるだけのんびり行きたいところ。そこで、朝ドラを見てから家を出て、病院に着いたのは9時15分でした。さすがに受診予定時間前にはチェックインです。

採血はするすると終わり、外来受付をすると見知った顔を発見。同じ主治医の数少ない患者仲間です。半年以上ぶり! いつもどおり1時間ぐらいは待つ覚悟で、動画でも視ようとタブレットを持参していたのですが、結局はずっとおしゃべりで終始しました。

彼女は私の前に診察に呼ばれて、私はその次でした。
診察室に入るといつもどおりまずは問診。連休の前半に1度下痢をしたこと。先週は右腋窩に痛みが出たこと。2、3日前に右側に腰痛があったこと。いずれも一過性のもので改善したので、様子見状態です。血液検査の結果は特に問題なし。CEAは微増で、CA15-3は横這いです。なぜか炎症もないのに白血球が基準値超過。いままで骨髄抑制の働きがあったイブランスが無くなったので、「重石が無くなって跳ね上がったのかも」とドクター。熱もCRPも問題ない数値なので、予定通りハラヴェンの投与を行うことになりました。
病院としてはBRCA変異の検査は既に可能な状況だそうですが、遺伝カウンセリングをどうするかなどについて詳細を詰めているそうです。私としては焦る必要はないので、体制が整うのを待つばかりです。
先月のCTの結果レポートを印刷してもらい、きょうの血液検査の結果を印刷してもらい、去痰薬、鎮咳薬のほかに発熱に備えた抗菌薬と、吐気止めを念のため処方してもらい、来週の予約を入れて診察は終了です。

診察室を出てから隣の化学療法室に入り、担当者に「初めてなんですが」と声を掛けます。血圧を測って待機の椅子に座って待っていると、5番のリクライニングに案内されました。そこで薬が届くのを待ちながら看護師さんから初回の説明を受けます。その後、薬剤師さん登場。薬の投与スケジュールや副作用などについて説明してくれました。

点滴する液体は3種類。3年半の間、無用の長物だったCVポートの再登場です。最初に吐気止めのデキサメタゾン。そしてハラヴェンが5分程度で、最後に生理食塩水を流します。途中で検温と血圧測定と酸素飽和度を測ります。脱毛率は50%ということで、以前に使ったウィッグもシャンプーしてスタンバイしてあります。30分ほどで点滴は終わり、会計して終了ですが、ちょうどランチの時間になったので、久々に院内のレストランで日替わり定食を食べました。

次回の受診は5月16日木曜日です。

ページ移動