記事一覧

8月5日(木) 治療方針決定

今日は主治医のクリニックを受診する日。
午前中は仕事で大忙し。予定では3時間休で仕事を早退し、まず○○大へ行き、呼吸器内科のT先生から乳腺の主治医あてのお手紙を受け取ってから主治医のクリニックに行く予定だった。しかし、婦人検診で二次検診指示が出た際に取り寄せたマンモの画像フィルムを自宅に忘れて来たことに気がついた。そのため、急きょ4時間休に変更し、一旦自宅に戻ってから御茶ノ水へ。
3階の呼吸器内科受付へ行き、資料を受け取りに来たことを伝える。そこで、資料(というより、T先生からO先生への手紙と病理の診断結果)を受け取った。
外は猛烈に暑く、できるだけ炎天下を歩かないルートを選びつつ四谷へ。クリニックに到着すると、ほぼ予約時間通りの3時半過ぎに診察室へ呼ばれた。

診察室に入ると、パソコンの画面には私があらかじめメールで送っておいた病理所見のPDFが表示されていた。
まず、T先生からの手紙を渡す。先生は受け取るとすぐに封を切って中を見るが、あまり詳しい内容ではないみたい。私がもらった病理所見と同レベルのことが書いてあるらしい。
まぁ、この状態では98%ぐらいの確率で乳がんの転移ということを受け入れざるをえない。
病理診断を疑っているわけではないが、もっと詳しい病理、例えば癌の性質がわかるようなもの(遺伝子診断など)ができないか、と私が聴くと、先生は「マンマプリントは高いけど」というようなことをぶつぶつ。いやー、マンマプリントを想定しているのではなく、例えば乳腺病理アカデミーとかの病理のセカンドオピニオンですと言ったら、それならプレパラートを取り寄せましょうと話が早い。
で、今後のことですが・・・という感じで私から次の話を促すと、治療ですが・・・と先生は話し始めます。
私はとりあえずは(途中でチャチャは入れずに)先生の話を聞こうと、黙って真面目に聞きます。
最初にモニターに出したのは再発治療のデシジョンツリー。これは、ホルトバジーのものに浜松の渡辺亨先生が改良を加えたもので、医者向けの勉強会か何かで出したものらしい。「これで行くとまずはホルモン療法ですが、最初から抗癌剤をやるという選択もあります」とのこと。ホルモン療法も第一選択はLH-RHアゴニストとタモだけど、場合によってはLH-RHアゴニストとアロマターゼ阻害剤もありだって。おいおい、一体何がお勧めなの?
私がただハイハイとうなずいて聞いているだけなので、次はNCCNのガイドラインを出して該当のページを表示させながら、「このガイドラインに従った場合でも、通常通りなら卵巣機能抑制とアロマターゼ阻害剤または抗エストロゲン剤です」と説明する。
私としては既に知っている内容だし、なぜそのようなデシジョンツリーになっているのかも理解しているつもり。でも、あまり良く知らない人がこの説明を聞いても理解できるのかどうか疑問。
思わず「この説明は、みんなに同じようにしているのですか?」と聞くと、そうだということ。「いやー、これじゃわかんないんじゃないですかー???」と言うと、時間をかけて、場合によっては3回ぐらいに分けて説明するという。ホントかいな???
「で、先生としては何がお勧めですか」と聞くと、「リュープリン(LH-RHアゴニスト)とノルバデックス(タモキシフェン)」とのこと。それで様子を見ながら、効かなくなったらアロマターゼ阻害剤かフェアストンに変えるという。様子を見るってのはどんな検査かと聞くと、3か月ごとにCTを撮るという。ふむふむ。タモだけっていう選択肢もありますか?と聞くと、それもありだという。なんだかお互い腹の探り合いみたいな感じで、先生ははっきりと自分のお勧めを言わない。これまでの11年の付き合いで、先生としては私の理解度も承知しているはずで、かえって説明しにくいみたい。
セオリー通りならリュープリンとタモというのは私も分かっているので、「はい、リュープリンとタモでいいです」と当面の治療を決定した。

診察の途中で少々咳き込むと、「咳はいつから?」と聞かれる。二次検診のとき以来だが、気管支鏡の後にひどくなり、呼吸器内科から抗生剤と咳止めをもらって飲んでいる、もうすぐ薬が切れるというと、「じゃぁ咳止めと痰を出やすくする薬も出しましょう」と言う。
「タモも今日から処方しますね」と言うので、はいと答える。「(リュープリンの)注射はどうしますか?今日、やっていきますか。それとも後にしますか?」と聞くので、今日からいいですよと答える。「では注射の準備ができたら呼びますから」ということで、診察はこれで終わりとのこと。次回はいつにしましょうかということで、4週間後の9月2日木曜日に来ることにした。

一旦診察室を出て少々待つと、今度は看護師さんに呼ばれる。別の処置室のようなところに入り、リュープリンは看護師さんが打ってくれるようだ。
診察台に仰向けに寝て、お腹を出すようにと言われる。リュープリンは腕でも良いんじゃないかなぁと思い、お腹に打つんですか?と聞くと、乳がんの人は腋窩郭清をしていて注射箇所が片腕しか使えないので、お腹の左右に交互に打つことにしているらしい。ゾラデックスの注射と比べれば格段に針が細いので、麻酔なし。
薬のことは「知ってますよね?」ということで、説明は省略だ。お腹を出して、今日は右側に打ってもらい終了。6階の受付で次回の予約を確認し、1階で清算し終了。外はまだ30度以上の暑さのようで、うんざりしながら帰途についた。

帰る途中さっそく薬をもらおうと、家の近くのいつもの薬局に寄る。咳止めと、痰を出やすくする薬と、タモキシフェンをもらうのだが、タモはノルバデックスではなくタスオミンしか置いてないという。ノルバもタスオミンも同じ成分の薬なので、タスオミンで良いということにし、受け取って帰る。これは1日1錠なので、明日の朝から飲み始めだ。
帰宅してから念のため、主治医に「ノルバがなくてタスオミンにしちゃいましたけど、いいですよね?」とメールすると、すぐ「タスオミンでも問題ないです」と返事があった。

8月2日(月) 職場の課長に報告

朝、課長に検査結果の報告をした。肺がんではなく、乳がんの転移であること。そのため、手術はしないということ。この先の展開は予想がつきにくいが、1~2年は特に変化はないのではないか(仕事はできるだろう)ということ。

他にも肺がん疑いのことや検査入院をしたことを知っている同僚は何人かいるが、少々説明しにくい。がんという病気を良く知らない人は、なぜ手術をしなくなったのか理解しにくいだろう。今後主治医を受診し、具体的に治療方針を決めてからでもいいかなぁ。

乳がん関係の知人・友人には、この土日のうちにメールなどで報告は済ませてある。乳がんについて知っている人は、「再発は治らない」という意識が浸透しているので、逆に過剰反応する人もいて、それはそれで少々困る。

人事課健康管理係の保健師Tさんにはメールで報告した。
あとはどこまでカミングアウトすべきか迷うところだ。