記事一覧

9月30日(木) 受診

今日は受診日というのに雨。午後になって本降りになってきたみたい。雨の嫌いな私としてはいささか憂鬱な通院だが仕方がない。

午後3時半ごろ職場を出て、1時間弱でクリニックに到着。今日は待合ロビーにも人が少ない。
待つほどもなく名前を呼ばれて診察室に入る。「こんにちは~、どうですかー?」といつもの通り問診から始まる。3日ほど前から、いきなりホットフラッシュの副作用が出始めたことと、今日の午前中にめまいのような変な症状があったことを伝える。めまいのほうは昼ごろに治まったので、とりあえずは様子をみることに。

前回の受診の時の骨密度検査(音響的骨評価)は平均値をクリア、血液検査・尿検査も異常なしとのこと。お願いしていた病理のセカンドオピニオンは、○○大の病理とほぼ同じ所見で、特筆すべきことはなし。帰りにコピーをもらうことにする。

前回もそうだったが、7月にずっと続いていた咳はすっかり治まった状況で、先生は「ホルモン療法が効いているんだと思います」という。もともと3か月ごとにCTを撮って腫瘍の状況を確認する予定なので、10/16にCTを撮ることにし、予約を入れた。もう一つの病理のセカンドオピニオンが10/18受診の予定なので、結果を見てから行けるのはいいかも。10/16も検査だけでなく受診はするが、リュープリンの注射のために、10/28の受診予約も入れる。
再発治療中なんだから当たり前と言えば当たり前だけど、このごろ良く病院に来るなぁと思う。

帰りは新宿の東急ハンズに寄って、クルンという回転歯ブラシを買った。普通の歯ブラシと全然違う形状で、歯周病にいいらしい。
http://www.new-century.tv/

9月27日(月) ホットフラッシュ

ホルモン療法にはつきもののホットフラッシュ。8月5日から9年ぶりにホルモン療法を開始し、どんな感じになるかなぁと思っていたのですが、この夏の猛暑でホットフラッシュどころではなかったのか、特に気になるような副作用はありませんでした。
やっと涼しくなった今日このごろ、とうとうホットフラッシュが出てきたようです。実更年期ではほとんど感じなかったので、9年ぶりの感覚! まだ序の口って感じですが、なんとか上手に付き合っていく方法を考えなくちゃ。

9月13日(月) 母の死

今朝、実家の母が亡くなった。85歳だった。

4年ぐらい前から徐々に弱り、認知症も徐々に進行していた。
父が入院して亡くなったころ(2年前)は、車いすで病院に見舞いに行ったり、お葬式にも車いすで出席したり、大好きなケーキを一度に二つも平らげたりと、結構元気にしていた。
でも、特にどこが悪いとか、何の病気ということもなく、徐々に弱って寝たきりになり、この半年はいつXデーが来てもおかしくない状態だったから、亡くなった知らせを聞いても動揺はない。
最後まで同居の家族に世話してもらって、家族も納得の最期だったし、一つの穏やかな終焉という気がする。

薬の飲み忘れ防止策

飲み薬をきちんと飲み続けるのって、結構大変。インフルエンザで1週間ぐらい飲むならともかく、エンドレスに飲む場合も多い治療では本当に大変だ。

かつてLH-RHアゴニスト2年間が終了したあとに、「この後、補助治療としてタモキシフェンを飲みますか?」と主治医に打診されたことがあった。その時は、それほどリスクは高くなかったし、飲み薬は絶対に忘れる自信があったので、タモはやらないことにしたのだ。

今回は、マジで飲み忘れないように頑張らなければならない。
ホルモン療法の飲み薬を5年も10年も飲んでいる患者仲間は多いので、聞いていると、みんなも良く忘れるとのこと。飲み忘れるだけでなく、今朝飲んだかどうかわからなくなるらしい。

ある人が、いい方法を教えてくれた。
薬をもらったら、薬のシートの上1個ごとに日付を書く。30日分もらったら、1、2、3と日付と同じ番号を書いておく。そうすると、その日に飲んだかまだ飲んでないか一目瞭然。
この話を聞いてすぐに実践し始めたが、それから1か月以上、今のところ飲み忘れはない。

9月2日(木) 治療が始まって2回目の受診

今日は再発治療2回目の受診日だ。予約票には16:30となっていて、16:25までに受け付けするようにと書いてある。
仕事は2時間休を取るのだが、そうすると15:15に職場を出ることになる。余裕が45分しかないと勘違いし、あせって四谷に向かったが、後でよく考えるとどうやら30分間違えていたみたい。ということで予定より30分早くクリニックに到着した。

受け付けは早めでも問題なく、待ち時間も少なくてすぐに診察室に呼ばれる。「こんにちは~」と問診開始。咳がすっかり治まったことを伝えると、先生は「薬が効いているのかもしれませんね」と言う。咳止めの薬が効いているのかと思ったが、ホルモン治療が効いているのではないかと言う。自分としてはそもそも咳は肺の腫瘍のせいではなく、自己暗示だと思っていたので「自己暗示が解けたんだと思います」と言っておいた。
「効いているとなると、検査して見てみたいところですが・・・」と先生は言う。そのようにリクエストする患者が多いのか、先生自身が見てみたいのか??? 治療を始めてまだ1か月だし、前に撮ったCTが6月18日なので、早くても10月でいいんじゃないかなぁと言うと、じゃぁ次回の診察のときにCTの予約を入れましょうということになった。で、次の診察は4週間後の9月30日にし、その時にCTの予定を決めることになった。
先生の口ぶりでは、検査をリクエストする患者が多いようだが、私はあまり気にならない。「それより、骨密度測定ってやってもらえますか?」と聞いてみた。年齢的にもばっちり更年期だし、リュープリンを続けるとなると今の骨量は知っておきたい。「そうですねー、じゃぁ今日この後、骨密度検査と、血液検査と尿検査をやりましょう」と、すぐオーダーを入れてくれた。血液検査は腫瘍マーカーだが、尿検査は乳腺では初めてだ。聞いてみると尿に出るマーカーもあるとのことだ。

机の上には10センチ角ぐらいの箱が二つ置いてあり、どうやら病理のセカンドオピニオンのために○○大から取り寄せたプレパラートらしい。でも「乳腺からは来てるんだけど、呼吸器からはまだなんです。催促してるんですけど」と言う。ということは、11年前のプレパラートは来てるが、肺のがまだだってこと? 患者から催促すると早く出してくれる場合も多いということで、後で私から電話してみることにした。

診察は一通り終わり、次は隣室(処置室)に看護師さんと移ってリュープリンの注射だ。お腹を出して今日は左側に打つ。終わって処置室側のドアから出て、次は2階へ。検査の受け付けをしてから、まずは採血、次に骨密度測定。ここの器械は左側のかかとで測る。最後に尿検査をして終了。

クリニックを出てから時間を見計らって○○大学病院に電話を入れてみた。プレパラートの件である。受付で呼吸器内科のT先生につないでもらえるか聞いたところ、意外にすんなり回してくれて、すぐにT先生が電話口に出てくれた。用件は察したらしい。プレパラートの件を伝えると、書類が紛れていて遅くなり、昨日病理に行ったところ、既に乳腺外科に貸し出されていたと言う。O先生の話では「乳腺外科から11年前のプレパラートは来たが、呼吸器からはまだ届かない」と言っていたのでその旨を伝えると、とにかく病理からは既に貸し出されているとのこと。結局、T先生からO先生に電話を入れて確認してくれることになった。
後で知ったところによると、プレパラートはO先生のところに既に届いていたらしい。
T先生といい、O先生といい、「まったくもう!」って感じです。