記事一覧

10月28日(木) 受診

今日は受診日。大雨で少々憂鬱・・・。

いつもどおり2時間の時間休暇をとって、クリニックに向かう。
着いたのは予定時間よりも少し早めで、ロビーには人が少ない。椅子に腰を下ろす間もなく名前を呼ばれた。

診察室に入り、まず持参したプレパラートを返却。プラスチックのケースで3箱分あるが、中身も確認せずに先生は受け取る。数とか数えなくて大丈夫なのかしらん???
病理のセカンドオピニオンをお願いしたU先生と「先日会いました」とのこと。私もU先生からのメールで、主治医と会ったという話を聞いている。「何か話をしたんですか?」と聞いたが、「いや、挨拶ぐらい」だって。ふーん。
そのU先生からもらった所見のコピーも渡した。
体調などについては、2週間前にCTで受診したばかりなので、特に話すこともない。
じゃぁまた4週間後ということで、隣室(処置室)で看護師さんにリュープリンの注射をしてもらい終了。

10月18日(月) 他院の病理診断科受診

病理のセカンドオピニオンを受けるのは、今の日本の医療体制では、けっこう難しいということを実感した。

7月30日の日記にも書いたように、肺の病変の病理は「肺原発の可能性は積極的には言えない」「乳癌の転移が最も考えられる」という思わせぶりな所見。まぁ、医療に“絶対”はないから仕方ないかなぁとも思う。別に診断を疑っているわけではないのだが、他の病理医が見たらどういう所見かってのも少々気になる。呼吸器内科のドクターは、セカンドオピニオンもどうぞどうぞ、という感じだった。

そこで、まずは主治医に病理のセカンドオピニオンを受けたいという旨を申し出、前の病院からプレパラートの貸し出しを受けた。
一つ目のセカンドオピニオンは、少々お高いがシステムが整っているところ。主治医から依頼してもらい料金を払うと簡単に所見を出してもらえた。結果は主治医から聞く仕組みで、もらった報告書の内容を見ると○○大とほぼ同じ所見だった。

更に、個人的に面識のあるドクターがいて、そのドクターは病理の外来ももっているので、ぜひ意見を聞いてみたいとメールをしてみた。すると、親切にも「未染色標本があれば、こちらで染色して診断もできます」とのお返事。しかし、未染色標本なんて、誰に頼めばいいのかわからない。主治医に言っても、今は別病院に移っているので手続きが大変とのこと。ダメもとで呼吸器内科のT先生(気管支鏡検査の時の外来担当医)に連絡してみると、ラッキーにもすぐに対応してくれて、未染色標本がゲットできた。11年前の乳腺のと、今回の肺のと、両方のプレパラートと未染色標本を病理医のU先生に送り、受診の日程を決めると予約を入れてくれて、いよいよ今日、受診する段取りとなった。
最初の病理が出てから2か月半の道のりである。

U先生の病院は、我が家からは結構遠い。しかも初診の手続きは11時までで、U先生の外来は13時からなので、一日がかりだ。まぁ、めったにあることではないので、やむを得ず一日休暇を取った。

家を出たのは8時半。病院に着いたのは10時半近く。初診受け付けの窓口に紹介状を出し、住所氏名などを書いて手続きを待つ。一度呼ばれて「この紹介状にはセカンドオピニオンの依頼と書いてある。セカンドオピニオンであればその手続きに従ってもらわなくてはならない」と言われる。別に私としてはどんな受診の仕方でも構わないし、セカンドオピニオンとしての費用がかかっても構わないのだが、今日、U先生を受診できないと困る。検体も既に送ってあり、病理診断をしてもらうのが目的だというと、もう一度確認をしてくれることになった。再度呼ばれると、診療科のほうで事情がわかっているようだということで、やっと手続きができた。

次に、乳腺外科のある診療センターに行って手続き。初診ということで問診票の記入を求められる。自覚症状とかの質問がいろいろあって、どう答えたらよいかわからない。検温と血圧測定も指示され、「関係ないだろうなぁ」と思いつつも指示に従う。なんとか受け付けの人に確認しながら問診票を記入し提出すると、今度は「乳腺外科のT教授を一旦受診してからになります」とのこと。ひぇ~、病理診断科で病理所見を聞くだけのつもりだったのに、乳腺外科を受診して、一体何を話せばいいのか??? T教授とも面識があるので、診察室で面と向かったらなんか気まずいよなぁ。それにT教授の外来はとても混んでいて、かなり待つことになるという。まぁ、初めての病院なので郷に入れば郷に従えということで、待ち合いロビーで本を読み始めた。12時を回り「昼食は抜きかなぁ」と思い始めたところ、受付に呼ばれて「乳腺外科は受診しなくても良いです。7番の診察室から呼ばれますので、その前で待っていてください」とのこと。内心「やっぱりね」と思いながら、このままだと昼抜きになってしまうので、あわてて地下のコンビニでサンドイッチを買い、空いている待ち合いの椅子でお腹に収めた。

13時10分前ぐらいに再び診療科の待合に戻ると、ほどなく名前を呼ばれた。7番の診察室は待合の椅子の背中側で、振り返ると入り口で私を呼んでいるのはU先生ご本人だった。

「この度はいろいろとありがとうございます」と診察室に入って、患者用の椅子に腰を下ろした。それから約1時間、U先生は丁寧にプレパラートの写真を示したり図解したりしながら、病理の所見を説明してくれた。
結論としては、これまでの病理と同じ内容で、特に目新しいことや矛盾するような所見はなかったが、癌の形の特徴やERの染まり具合などを直接説明してもらうと、なぜこのような所見に至ったのかニュアンスまで分かる。
信頼できる複数の病理医が、ほぼ同じ所見だということで、自分のがん細胞がどういうものか、しっかり認識できたと思う。また、少々心配であった11年前の病理が、かなり正確だったということも確認できた。

どんな治療を選択するか、今のがん治療では病理診断に基づいて選択肢が決まってくる。私の場合は、なんとかうまくセカンドオピニオンを得ることができたが、時間も費用も労力も結構かかる。一昔前に比べればまだマシだとは思うが、もう少し簡単なシステムになればいいのになぁと感じた。

10月16日(土) ホルモン治療開始後1回目のCT

今日はCT撮影の日。

再発治療の場合は、使っている薬が効いているかどうかを確認しながら行うことが基本。腫瘍マーカーが反応している場合は、血液検査で腫瘍マーカーの値を見ることになるが、私の場合は腫瘍マーカーは今でも正常値。ただ、肺の腫瘤は切除せずにあるので、その大きさ等が判断のポイントとなる。つまり、ホルモン療法をやっても腫瘤が大きくなるようなら、薬剤を変えるという判断になる。
治療を始めたのは8月5日からなので、まだ3か月経っていないが、前回のCTは6/18で、PET-CTは6/29だった。まぁ、1回様子を確認してもいいかなということで、検査することにした。

今回は造影剤を使う予定なので、朝食抜きで家を出る。検査は10時からの予定で、30分前に来院するよう指示があったが、クリニックに着いたのは少し早目の9時15分ごろ。1階で受け付けた後、3階の画像検査センターへ行く。そこでしばらく待つと、CTの器械のある部屋に呼ばれ、検査着に着替える。検査台に乗り、説明をいろいろ聞いて、まずは造影剤なしで3回撮影。次に造影剤を入れて2回撮影した。造影剤を入れて撮影するのは久しぶりで、薬が入った途端に身体がぼわっとあつくなる感触があった。この検査、この先何回受けるんでしょうねぇ。

10時過ぎには検査が終わり、結果を聞くための受診予定10:45のかなり前に乳腺の待合ロビーに到着。受診の受付で、かなり時間が開くので外出してもよいと言われるが、特にやることもないのでロビーで待つことにした。

しばらく雑誌を読みながら待ったが、予定時間を過ぎても呼ばれる気配はない。そうこうしているうちに看護師さんがやってきて、画像の出来上がりが遅れているとのこと。このまま待つか、次の受診の時に結果を聞くか尋ねられたが、まだ用事の時間までには少し余裕があるので待つことにした。明後日に病理のセカンドオピニオンを受ける予定なので、できればその前に状況を確認しておきたい。

ところが、あと10分ぐらいと言われたにも関わらず、11:30を過ぎてもまだ出来上がらない。やっと名前を呼ばれて診察室に入ったが、なんと「申し訳ないが、画像がまだできていないんです」とのこと。画像がなければ先生と顔を合わせていてもやることがないので、夕方にもう一度来ることにし、一旦会計をして午後の用事の場所に向かった。

午後4時半過ぎ。用事を終わらせてクリニックに向かったが、念のため駅から電話を入れて画像ができたかどうか確認してから、再び受診。昼間はロビーに待っている患者さんがいっぱいだったが、この時間は誰もいない。ほどなく診察室に呼ばれ、画像を見ながら状況を聞いた。結論から言うと、変化はないということだ。ドクターの説明には、心なしか残念そうな雰囲気があった。確かに残念ではあるが、それほど期待もしていなかったので、落胆というほどではない。もともとホルモン感受性は弱いし、ゆっくり11年かけて大きくなったものが、そう簡単に小さくなるとも思えない。逆に増殖の速いものであれば、劇的に薬が効くということもあるかもしれないが・・・。
特に大きくもなっていないので、今の薬を続けて更に様子を見ることにした。

次の受診日は10/28だ。

「切らずに乳がん治療」の実態

今日の朝日新聞に、こんな記事が掲載された。
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201010020288.html

私のホームページあてにも、ときどき「ラジオ波の手術を受けたいけど、どうか」という相談メールが来ることがある。
非浸潤がんで乳腺内進展がかなり広範囲にあり、他の病院で全摘といわれた人が、某クリニックで「ラジオ波で手術できる」と言われたという話も聞く。

もともと乳がんの初期治療は選択が難しい場合がある上に、乳がんと診断されたばかりの患者に、冷静で適切な判断を求めるのは限界があるかもしれない。しかし、現在の医療はまだまだ不確実な部分が多く、ハイリターンを求めるならハイリスクを覚悟する必要があるということ、どんな治療にもリスクはあるので、それをきちんと確認し理解することは必要だろう。