記事一覧

3月17日(木) 受診

大地震の後、なんだか落ち着かない日々が続いている。例年より気温が低いようなのに、節電のために職場は暖房なし。かなり厚着をしても、結構寒い。

今日は受診日。いつも通り2時間休暇をとってクリニックへ。暖房が効いていて照明も節電している様子はない。計画停電の対象にならない都心は、結構のんきなのかしらん???
問診では特に話すこともないので、「節電してないんですか?」と聞いたら、「いや医局はすごく暗いです」とのこと。
「仕事はどうなりましたか?」と聞かれたが、「人事異動の内示は明日なのでまだわからない」と答える。ドクターは「こればっかりは、私には何もできないですねー」ということで、あっという間に終了。
う~ん、仕事が忙しくて頭がウニです。

とんでもウツ対策-その2- ガムをかむ

2011年2月9日放送のNHKためしてガッテンでやっていたのが、噛むという刺激が脳を活性化させるというもの。
歯の根っこにある歯根膜というものへの刺激が脳に伝わり、脳の活性化につながるらしい。記憶力や感覚の活性化だけでなく、意欲も活性化させるとのこと。
これもダメもとでやってみて損はなさそう。
さっそく、シュガーレスガムを買ってきて時々噛むことにした。

とんでもウツ対策-その1- 牛肉を食べる

うつ病ってほどじゃないけど、抑うつ状態がしばらく続いたとき、何か対策はないかと色々考えた。
随分前のテレビ番組で見た「牛肉を食べると幸せな気分になる」という情報を思い出し、ネットで調べてみる。
牛肉には、「脳」を活性化する働きがあるらしい。牛肉に含まれる「アラキドン酸」という脂肪酸に、脳を活性化する作用があるとのこと。
また、牛肉に豊富に含まれるアミノ酸のトリプトファンから生成される「セロトニン」が、精神を活性化し、充実感や幸福感を味わえるそうな。
美味しくって、幸せな気分になれるなら、ダメもとでやってみても損はないよね。