記事一覧

公開第10回かながわ乳がん市民フォーラム

今年も「公開かながわ乳がん市民フォーラム」が開催されます。
今年のテーマは「乳がんになってからの私~変わったこと 変わらなかったこと~」です。

■日時:2011年8月6日(土)午後1時~4時(開場12時30分)
■会場:パシフィコ横浜 会議センター メインホール
■参加費:無料

詳細・申し込みは
http://new.life.coocan.jp/forum2011/

ザンクトガレン2011

今年は大震災直後の開催だったせいか、世間的にも個人的にも、ザンクトガレンに対する興味が少々薄かったように思う。
ふと気づくと「そういえば、今年やったのよね」という感じ。

これまで予後因子として重視されてきたリンパ節転移や脈管浸潤や腫瘍径などの比重が低くなり、ホルモン感受性、HER2、細胞増殖能のマーカーと言われるKi67が中心となっている。

ただ、ザンクトガレンはあくまでも原発乳がんの治療に関するもの。再発治療中の身としては、ほとんど無関係だ。

自分の過去の病理を当てはめてみると、おそらくLuminalAだったのではないかと思う。HER2は陰性、ERは弱いながらも陽性。12年前なのでKi67はもちろん測ってないけど、11年かかって15mmになるぐらいなので、おそらく低いであろう。だから、ホルモン療法のみで化学療法をやらなかったのは正解だったわけだ。でも、どんなにリスクが低くても、再発する可能性はゼロではない。

CYP2D6については、ブームは沈静化しているようだ。タモキシフェンが本当に効いているのかどうかを判断するのは、術後補助療法の場合は非常に気になるところだと思う。でも、再発治療だとCYP2D6も関係ない。腫瘍が小さくなっていれば効いているってことだし、大きくなってくれば薬剤耐性ができちゃったってことになるわけだ。

肺の腫瘤がいつまで大人しくしていてくれるかは神のみぞ知るといったところだが、見えない敵と戦っているという状況よりはマシかも、なーんて考えることもある。

ザンクトガレン2011の内容

ザンクトガレン2011の報告は以下で見られます。

■ザンクトガレン乳がん国際会議 コンセンサス会議報告会
http://vimeo.com/22797570

■すぐに役立つ!ザンクトガレン2011
http://www.oncoinsight.jp/stgallen2011/index.html

5月14日(土) 受診

最近は仕事が立て込んでいて、平日に受診するのが少々難しい状況なので、今月は土曜日です。
土曜日は混んでいるかなぁと思ったのですが、意外にすいていて、待ち時間はほぼゼロ。でも、診察室でも特に話すことはなく、次回にCTを撮りましょうということと、今日、採血をするという話だけで、あっという間に終了。世の中には「診察時間が短い」という不満を持つ患者が多いようですが、いったいどういう話を望んでいるんでしょうねぇ・・・。私の場合は話のネタがないって感じです。

受診後に友人とランチの約束をしていたのですが、予定より30分も早く終わってしまい、同様に別の病院の整形外科を受診していた友人はもう少しかかりそう。30分ほど飯田橋の本屋で時間をつぶし、友人と落ち合ってから神楽坂に行きました。
神楽坂はとても賑わっています。
あちこちお店を物色し、結局、フレンチのランチコース1600円というお店に入りました。
すごくボリュームがあって、デザートもこってりだったので、食後の腹ごなしに小石川後楽園へ行き、園内を散策。いい天気で、とても気持ちが良かったです。

神楽坂の土曜日のランチは、行ってみたいお店がたくさんあるので、来月も一緒にランチしようかということになりました。
来月は6月11日(土)がCT&受診です。

ホットフラッシュの次は

先月、ホットフラッシュが少なくなったような気がすると書いたばかりだが、このところは寒気がするようになってしまった。
最初は熱が出るのかと思ったら、そんな兆候はなし。でも、時々寒気がする。と思ったらホットフラッシュがぶり返したり、マジで体温調節が狂ってる感じ。仕事中も上着を脱いだり着たりの繰り返しで落ち着かない。ものすごく辛いとか、日常生活に支障が出るというほどでもないレベルだけど、不快なことは不快。ふぅ。