記事一覧

面白い記事

面白い記事を読みました。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/massie/201107/520664.html

「不条理」は被害者意識が作る妄想ということで、このブログでは「なぜ、医師にとってメディアが“けしからん”存在になってしまうのか」という話題ですが、私がよく疑問に感じている「がんという病気」に対する人々の感情に通じるものがあります。
がんと診断されたとき、多くの人は「なぜ自分が」とか、「何がいけなくてがんになったのか」とか考えるようです。私にとって病気になるということは、様々な輻輳した要因と確率(偶然)の結果でしかないのですが、どうやら多くの人にとってはそうでないようです。

病気の原因が一つとか二つとかであれば、話は簡単です。例えば鉄分が不足した食生活であれば、鉄分を補えばいいですし、タバコが原因であればタバコをやめればいいわけです。しかし、がんの原因は一つではないし、そのいくつかを取り除いたからとって治るものでもありません。以前、牛乳ががんの原因であり、牛乳を飲まなくなったらがんが治ったという話がクローズアップされましたが、もともと牛乳が嫌いで飲まない人でもがんになる人はいるのだから、話はそんなに簡単なものではないと思います。

要するに、病気は不条理なものであり、不条理感と仮想敵の構図がここにもあるということでしょう。

7月11日(月) 受診

今月は土日にプチリゾートに出かけたので、受診は月曜日。猛暑で外へ出るのもうんざりです。
16:00の受診予約でクリニックに着いたのはその10分ほど前。待合には人が少なく、すぐに呼ばれて診察室へ入ります。問診では、特に変わったことはないこと、薬が効いて咳がとまり快適であることを話しました。それで続けて鎮咳薬(メジコン)を30日分処方してもらうことに。
数日前から再建乳房の術痕が少し膨らんでいるような違和感があるので診てもらいましたが、異常というほどではないので様子見です。ぶつけた覚えがないのにできた痣については、話すのを忘れてしまいました。
いつものように隣の部屋で看護師さんにリュープリンを打ってもらい終了です。会計を済ませて外へ出たのは16:30ごろでまだ陽射しが強いです。
自宅近くのいつもの薬局に寄ると、メジコンの在庫が100錠足りないとのこと。再度受け取りに来ることになってしまいました。普通は長期に飲み続ける薬ではないようです。でも私の場合は原因が感染症でないので、1週間で治るというものではありません。いつまで飲み続ければいいのかしらん???

次回の受診は8月11日の予定。

鎮咳薬の効果

咳止めを飲み始めて1週間。かなり効いています。
最初はそうでもなかったけど、5日ぐらい経った頃にふと気づくと、ほとんど咳が止まっています。嬉しい限り。
14日分もらってあるので、次の受診日の2日前に切れる計算ですが、飲まなくなったらどうなるのかなぁ???