記事一覧

8月11日(木) 受診

超猛暑!!!
昼食で外へ出たときに、もうぐったりだったのですが、まだ陽が高い3時半ごろに出かけなければなりません。暑さに加えて局所的な雷雨もある模様。
職場を出て駅へ向かう途中、人だかりがしているのでふと見ると、年配の女性が倒れている様子。10人ぐらいが取り囲んで介抱しています。もちろん熱中症でしょう。

クリニックに着いたのは4時15分ごろ。いつもどおりすぐに呼ばれて診察室に入ります。
「変わりはないですか?」とまずは問診ですが、「とにかく痒いです!!!」と訴えました。3週間ほどまえから腕や足にブツブツが出て、とにかく痒い! 初めは今までと違う日焼け止めクリームを使った後だったので、それにカブレたかと思いました。でも、その日焼け止めクリームを止めても痒い。では、紫外線アレルギーかとも考えましたが、足の陽に当たらないところにもブツブツが。では汗疹か?とも思ったのですが、なぜか出るのは手足のみで、おなかや背中には全然出ません。ブツブツができていても痒くないことが多いのですが、痒くなり始めると蕁麻疹状になって大変です。で、結局原因は不明のまま、かゆみ止めの飲み薬セレスタミンと、レスタミンコーチゾンという塗り薬を処方してもらいました。どちらもずっと使い続けるのでなく、痒くなったら使うのでもいいそうです。
咳止めは少々迷いましたが、また30日分を処方してもらいました。薬を止めたらまた咳が出るのかどうか、止めてみないとわからないということなので、自分でしばらく中断して様子を見て、また咳が出てきたら服用を再開することにしました。
「しばらく手術の痕を見てませんねぇ。ちょっと見せてください」とのことで、汗でへばりついたシャツをまくり上げ、ブラジャーを外して軽く触診。特に問題なし。最後にリュープリンの注射を打ってもらって終了です。
来月は9月8日の受診予定です。

帰宅途中に薬局に寄ったのですが、今月もメジコンが100錠しかなく、80錠は後で取りに来ることになりました。セレスタミンは眠くなったり、夜飲むと翌朝顔がむくんだりするので、塗り薬だけでかゆみが治まるようなら飲まないほうがいいとのこと。
(でも、結局翌日から朝晩飲んでます。てきめんに薬が効いて、かゆみはかなり治まりました。嬉しい!)
ちなみに雷雨には会わずに済みました。超晴れ女の私のところには、雨雲は避けて通ったようでした。

健康ってなんだろう?

このところ体調はかなり良好。
私は扁桃腺炎になりやすく、年に1~2回は39度ぐらいの熱を出していたのだが、ここ数年はインフルエンザにもかからないでいる。
過敏性腸症候群の発作も起きなくなった。以前は頻繁にあった胃痛もほとんど起きていない。口内炎はたまにできるが、しょっちゅうできていた去年に比べれば激減した。ひどい肩こりもめったになくなった。以前はよくあった頭痛も最近は起きない。
血液検査をやっても、ひっかかる項目はなく、糖尿の気もないし、血圧も高くない。
たまにじんましんが出るのと、歯肉炎になりやすいのがたまに傷って感じ。
こういうのを“健康”というのでしょうか?

肺の腫瘤は成長せず、症状もほとんどない状態なのだが…。

“健康”って何でしょうねぇ。