記事一覧

新しいホルモン療法薬

閉経後乳がんに対する乳がん治療薬「フェソロデックス筋注250mg」(一般名:フルベストラント)が、9月26日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、11月25日から販売開始されました。

既存のホルモン療法薬は、卵巣機能を抑制してエストロゲンの分泌を抑えるもの、エストロゲンが腫瘍のエストロゲン受容体にくっつくのを阻害するもの、アンドロゲンがエストロゲンに変化するのを阻害するものなどがありますが、フェソロデックスはエストロゲン受容体におけるエストロゲンの活性阻害に加え、腫瘍内のエストロゲン受容体を減少(ダウンレギュレーション)させることによってエストロゲンのシグナル伝達を遮断し、エストロゲン受容体を介した腫瘍増殖経路を阻害するそうです。

腫瘍細胞は時間とともに薬剤耐性を獲得し、次第に薬が効かなくなりますが、フェソロデックスの作用機序は薬剤耐性を減らす可能性が期待されています。そのため、閉経後術後内分泌療法での再発乳がん、内分泌療法が無効あるいは効果が得られなくなった進行乳がんの新しい治療選択肢となります。

フェソロデックス筋注250mg製品概要

販売名: フェソロデックス筋注250mg
(英語表記 FASLODEX intramuscular injection 250mg)
一般名(JAN): フルベストラント
効能・効果: 閉経後乳癌
用法・用量: 通常、成人には本剤2筒(フルベストラントとして500mg含有)を、初回、2週後、4週後、その後4週ごとに1回、左右の臀部に1筒ずつ筋肉内投与する。
製造販売承認日: 2011年9月26日
製造販売元: アストラゼネカ株式会社
発売元: アストラゼネカ株式会社

11月5日(土) 受診

今月の受診は、もともとは4日(金)の予定でしたが、4日午後はCYCLE MODE international2011に行くことにし(この日は女性は入場料無料!)、5日(土)に変更。予約時間は10時45分です。土曜日は混んでるかなと思ったのですが、ほとんど待たずに呼ばれました。
今月は特に話題はなし。ただ、このまま4週間ごとの受診にすると次々回は年末年始にかかってしまうので、12月は2日(金)と29日(木)の2回来ることにしました。予約は2回入れられるそうです。
1月にはPET-CTをやりましょうということになり、リュープリンの注射を打ってもらって終了です。