記事一覧

1月18日(金) PET-CT&受診

今年初めての受診。
肺転移が発覚して2年半経ちましたが、幸いにも変化がほとんどないので検査の間隔も伸びがちです。

PET-CTは14:10の予約で、30分前の13:40までに行く必要があります。検査の6時間前から糖分を摂取しないようにするため、昼食は抜き。午前中に仕事をして午後は休暇をとり、12:20ごろに職場を出ました。

クリニックにはかなり早目の13:15ごろ到着。1階で受け付けをし、3階へ行ってまず検査着に着替え。荷物はすべてロッカーに入れ、手ぶらで水だけ持って検査室へ行きます。そういえば、今日は血糖値を測りません。FDGを注入し、安静室で40分ほど待ちます。インターホンで呼ばれてトイレを済ませてから検査。30分ほどで終了し、また安静室で30分ほど過ごし終了です。着替えをすませて6階に移動しますが、診察予約は16:30。まだ1時間近くありますが、昼食抜きでお腹が空いているのでホットミルクティーを飲みながら待っていると、10分も待たずに診察に呼ばれました。早い!

診察はまず問診。
咳は相変わらず服薬なしでも出ません。
じんましんはセレスタミンを服薬しているため、問題なし。でも、いつまで飲み続けるかが悩みどころ。
爪甲剥離は相変わらず左手の小指がかなりひどいです。でも、日常生活に支障はないので様子見。
足の痙攣も頻繁にありますが、これも効果的な対応策がないため様子見です。
手術した右胸の乳首の横が赤くなっているので診てもらったところ、どうやら湿疹のようです。痛くもないし、治り始めているので処置はなし。
PET-CTの結果はほとんど変化なし。以前の画像と比べてモニターに表示されているのを一緒に見ながら説明してくれましたが、色が少し薄くなっているので、これはFDGの取り込みが弱まっているかもしれないとのこと。ただ、私の目には以前よりほんの少し大きくなっているように見えます。いずれにしても誤差の範囲のようで、リュープリン&タモキシフェンの治療は継続です。

いったん診察室を出て、別の処置室でリュープリンの注射をしてもらいます。

会計を済ませてクリニックを出たのが16:20ごろ。予定よりかなり早く終わりました。今日はこれから熱海のホテルにお泊りの予定。プチリゾートです。うふふ。

来月の受診は2月16日(土)です。