記事一覧

久々の発熱!

今月の受診の日(6月10日)まではフツーに元気だったのが、11日火曜日の朝に喉の違和感を感じ、「ちょっとやばいかも」。
仕事がよんどころない状態なので、とりあえず出勤。
午後からは明らかに熱が上がっている感じ。
熱を測ったからといって早退できる状況にないので、そのまま終業時間まで持ちこたえ、帰ってすぐ寝ました。
案の定、38度5分の発熱。
久しぶりです。
自己診断としては扁桃腺炎。
下手に熱を下げても藪蛇になりそうなので、ひたすら寝ました。
帰宅途中に、薬局でヨウ素の喉用殺菌消毒薬スプレーを購入したので、こまめにスプレー。
結局、翌朝まで約12時間、1時間おきに目覚めてトイレに行って、水を飲んで、熱を測って、ヨウ素をスプレーしてまた寝るというのをひたすら繰り返し。
朝にはなんとか平熱になっていて、症状は声が出ないことぐらい。出勤です。
仕事が微妙な状態で他の人に頼むことができず、休めない時に限って熱が出るとは、困ったもんです。

その後、熱は2日後の夜に一瞬だけ37度5分になったものの、とくにぶり返すことはありませんでしたが、3日ほどは声が出ず、まともに電話ができない状況でした。また、発熱の翌々日ぐらいから痰と濃厚な鼻汁と咳のオンパレード。それもなんとかこの土日で収束しそうです。

6月10日(月) 受診

今月は久々に土曜日以外の受診で、職場から病院に向かいます。
予約時間は16時30分で、受付に着いたのは16時15分ごろ。6階に向かい、待合室でしばら待ちますが、ドクターが他のフロアの検査で来るのが少し遅れるとのこと。特に急ぐ用事もないのでそのまま待つと、ほどなく名前を呼ばれました。
診察室に入り、まずは問診です。
先月の胸の痛みはすっかり良くなり、咳も特になし。ホットフラッシュと、足の痙攣と、じんましんは相変わらず。先月までで、一応リュープリンの注射は終了することにしたので、今月からは問診のみです。血液検査をお願いしているので、この後2階へ回ることにし、終了です。

2階の受付で、先月の血液検査の結果をもらってないことを思い出し、コピーを出してくれるよう依頼。血液検査をしている間に出してもらいました。

会計ではリュープリンがないので、先月までよりかなり安いです。
来月の受診予定は7月11日(木)16:30です。

外へ出てから先月の血液検査の結果を見てみると、初めてCEAが基準値を超えていました。
肺の腫瘍はずっとある状態なので、腫瘍マーカーが上がっても不思議はないのですが、これまではまったく無反応。何か変化があるのかどうか、今後の経過を注視しようと思います。