記事一覧

フェマーラデビュー

一昨日の受診のあと、薬局で薬を買おうとしたら、なんとフェマーラは置いてないとのこと。仕方ないので、お取り寄せ待ちになりました。

ということで、昨日の朝は引き続きタモ(私の場合はタスオミン)を服用。昨日の夕方にフェマーラを受け取りに行ったのですが、さすがに高い!タスオミンの倍ぐらいの値段です。

私は薬のPPシートの上に日付を書いて飲み忘れを防いでいますが、タスオミンよりも薬が小さく、書くのが大変です。

本日、朝、記念すべき(?)AI剤の1錠目を飲みました。
いよいよフェマーラデビューです。さて、副作用はいかに???

(これを書いていて、普通なら「腫瘍が小さくなるか」とか「CEAが下がるか」とか期待するのでしょうが、一番の関心は副作用だということに気づいて、ちょっと複雑な心境です)

7月25日(木) CT&受診

前回の受診の後、私的には超ショックなことがありました。
なんと、生理が戻ってしまったのです。
3年前にリュープリンを開始したとき、すでに「そろそろ閉経かな」という感じだったので、3年もリュープリンをした後はもう戻らないだろうと思っていました。もともと「早く生理が無くなるといいのに」と思っていたので、リュープリンを打っている間は、ホットフラッシュはあるものの、ある意味快適でした。
12年前にゾラデックスをやめたときは、4か月後に生理が戻ったので、この2か月くらいでは絶対に戻らないとタカをくくっていたのです。そこへ、意外にふつーに生理が来てしまったので、私としては超ショックです。今日の受診では、絶対にリュープリンを再開してもらおうと思います。

さて、今日は仕事もゆとりがあるので、久々に丸一日休暇をとって受診です。
朝、いつもの出勤より少し早めに家を出てクリニックへ。まだ開始前ですが、受付にはたくさんの人が待っています。
時間になり、待っていた人が次々と呼ばれて其々の診察or検査場所に行き、私もファイルを持って3階の画像センターへ。少し待ってCT検査です。
その後、診察までに時間があるので一旦外出し、デニーズでゆっくりモーニングを食べました。
6階の乳腺外科に戻ると、すぐに名前を呼ばれ診察室へ。

ドクターからの第一声は「咳はどうですか?」
2週間前はまだ少し咳が出ていましたが、もう今は出なくなり、薬も飲んでいません。
しかしCTの結果、肺の腫瘍は少し育ってしまっていました。
発見された最初(2010年6月)は15ミリでしたが、今は30ミリぐらいになっています。
他に新たな病巣は出来ていないようです。
CEAは8.7にさらに上昇。
生理復活のことを報告し、またリュープリンを再開することになりました。
飲み薬はTAMが効かなくなってきているようなので、AI剤に変えることにしました。ドクターのお勧めはフェマーラ(レトロゾール)です。アリミデックス(アナストロゾール)との選択が難しいですが、まぁ、どっちも同じようなのでまずはドクターのお勧め通りにします。

4週間後の予約を入れ、会計して終了です。今日は血液検査はなし。次回にまたやる予定。
会計待ちをしているときに、声をかけられました。
VOL-Netの会合に、最近良く来てくれるかたで、同じ主治医の患者仲間です。彼女はこれから診察とのこと。

次回は8月22日の予定です。

7月11日(木) 受診

いつものとおり、15:15まで仕事をし、15:30過ぎに職場を出てクリニックに向かいます。
受付をし、待合いでもすぐに名前を呼ばれ診察室へ。
まずは先月の受診の翌日からの発熱を報告。いまはすっかり良くなり、少々咳がのこっているぐらい。以前にもらってあったメジコンを飲んでます。
腫瘍マーカーCEAは今回も上昇。5/11が7.1、6/10が7.8です。ホルモン値は閉経状態とは言えないもので、引き続き様子を見ていくことにしました。
腫瘍マーカーが上がっていることもあるので、早いうちにCTをやりましょうということになり、2週間後にCTの予約を入れました。もう夏休み期間中になっているので、仕事を休んでもいいかなと思い、朝一番の時間で予約。TAMは14日分だけの処方となりました。

受診の後に血液採取をし、会計→終了です。
次回は7月25日(木)です。