記事一覧

NHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」

随分前のことになりますが、ジャーナリストの立花隆さんのがんに関する思索の過程をドキュメントで追うNHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」を見ました。

 がんとは何か。がん細胞は元々は自分の細胞が変化したもので、正常細胞とがん細胞を区別する明確な指標はないということ。また、がん遺伝子と言われるものは、実は生命にとって無くてはならないものだということ。がんの成長、転移の過程では、生命が進化の中で獲得してきた仕組みがそのまま利用されているということ。知れば知るほど、がんは生命そのものだという思いが強くなります。

 最近クローズアップされているiPS細胞(人工多能性幹細胞)。これは、体細胞(生殖細胞以外の細胞)へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。この数種類の遺伝子は、実はがん遺伝子と呼ばれるものもあるそうです。
 また、人間の細胞が、普通の細胞と、細胞を生み出す元である幹細胞とに分かれるように、がん細胞も一般的ながん細胞と、がん細胞の親玉のようながん幹細胞とに分かれるそうです。マウスの実験では、一般的ながん細胞を沢山マウスに注入してもがんにならず、一方、がん幹細胞は数個を注入しただけでがんができてしまう。そして、一般的ながん細胞は抗がん剤などで死滅させることができるが、がん幹細胞は抗がん剤を投与しても生き延びたりする。

 昔、がん細胞は腫瘍が切除されると自分が絶滅しそうになるので、転移して生き延びようとする、という話を聞いたことがあります。
 また、人間は遺伝子の入れ物に過ぎないという話も。
 がん細胞は自分の細胞であるにもかかわらず、宿主の意思とは別の動きをする。
 生命は本当に奥が深いですね。

8月22日(木) 受診

リュープリンを再開し、フェマーラを飲み始めてはや1か月。今日の受診は午後4時半ですが、夏休みが1日余っているので丸一日休暇をとり、自宅からクリニックに向かいます。

診察室では特に話すこともなく、3分診療どころか1分もかからずに終わってしまいました。
隣室でリュープリンを打ってもらい、2階へ移動して血液検査をして終了です。

次回は9月19日の予定です。