記事一覧

いよいよ患者になった気分

3年前に肺転移が発覚し、乳がん再発患者となったわけですが、ほとんど症状はないし、体調も悪くなく、“患者”というのもおこがましい状態でした。
ところが、7月のCTでは腫瘍は少し育っていて、さらに8月末からは咳や血痰が出るようになってきました。
9月中旬からは間欠的に微熱や食欲減退もあり、特にどこがというわけではありませんが、なんとなく不調です。
日常生活に支障が出るほどではないのですが、こんな風に“症状”が現れてくると、いよいよ患者になった気分です。

9月19日(木) 受診

今日は3時半ごろに仕事を切り上げ、時間休暇で受診です。
8月の末からまた咳がひどくなり、血痰も出たり、また台風の後で急に冷えたせいか頭痛や微熱もあり、体調はいまいち。

受付をして診察室前のロビーに座っていると、すぐに名前を呼ばれて診察です。
まずは「咳はどうですか」とドクターからの質問があり、8月末から咳がひどくなり、メジコンを飲んでもあまり効かないこと。血痰がでるようになったこと。風邪かどうか不明だが、頭痛、微熱があり、体中が痛いことを申告。前回(8/22)の血液検査の結果を尋ねてみると、CEAは更に上昇し、1CTPも基準を超えています。薬を変えたのは7月下旬からなので、この血液検査は1か月しか経っていない。「薬を変えた直後に数値が上がることもあるし、もう少し様子をみましょう」というのがドクターの意見。
リュープリンを2か月中断したら月経が戻ってしまい、今はリュープリン+フェマーラですが、いつまでリュープリンを続けるかというのも悩ましいところ。「閉経したかどうかやきもきするより、卵摘したほうがいいと思うんですが」と言ってみましたが、ドクターは反対の様子。「手術にはリスクもあるし」って、そんなの承知で言ってるんだけどなぁ。とにかく、「今はリュープリン+フェマーラを続けるのが良いと思う」と結構頑固に主張するので、今日のところは大人しく引き下がりました。

隣室でリュープリンの注射を受けたあと、血液検査のオーダーがないことと、前回の血液検査結果のコピーをもらっていないことに気づき申告。

次回の受診予約時間を決め、血液検査に回り、会計をして終了です。
次回は10月17日(木)の予定です。