記事一覧

10月26日(土) 受診

今月4回目の受診。
いやー、週に1回はクリニックに行ったことになる。交通の便は悪くないし、今は仕事もそれほど立て込んでないし、何より土曜受診できるのが有難い。
今日は台風27号がもっとも近づいている時間だが、東京からはかなり離れて沿岸を進んだので、普通のやや強い本降りの雨程度。ゴアテックスのレインコートと雨靴で、一番外を歩かずに済むルートを選んでクリニックに向かう。

予約時間通りに到着し6階へ。少々待ったがそれでも10分程度で診察室に呼ばれる。いつもどおり「咳はどうですか」という質問。ちょうど数日前からやや症状が軽くなった感じで、しゃべっているときに咳き込む頻度が少なくなった。
しかし、10/17の血液検査の結果はあまり良くなかった。CEAは10.5。CRPも0.65と先月よりはだいぶ下がったものの、まだ基準値を超えている。
ドクターは相変わらず化療への変更を勧めるが、「まぁ、セカンドオピニオンを聞いてからにしましょう。」

今日は特に治療はないのでそのまま退室。受付で診療情報提供書5セットと画像資料一式を受け取る。結構な量である。

本日の会計は4,120円ナリ。ほとんど診療情報提供書を受け取りに来ただけだが、大量の資料にも関わらず思いのほか安かった。

1回の咳で消費されるカロリーは2kcalと言われているそうな。
例えば1分間に1回咳をすると、1時間で120kcalを消費する。
起きている間1日中咳が続くと、なんと2000kcal近くなる計算だ。
でもちっとも痩せないのは何故???

コメント一覧

たまご (10/25 05:08) 編集・削除

(今のHNを覚えていないので、最初のたまごで)
私も風邪などで咳が出て苦しい時には、
『2kcal、2kcal』と呪文のように唱えてます(笑)
セカンドオピニオン決められたんですね。
よかった!

リスミン (10/25 06:40) 編集・削除

たまごさんって、あの手術した病院と乳腺の主治医と形成の主治医が私と同じで、固ゆで卵が好きなあのたまごさん?
きゃーっ、お久しぶりです!!!
日記を読まれていたんですね。ちょっち恥ずかし…。
コメントありがとうございます。

10月17日(木) 受診

12日のPET-CTの画像を見てから、深呼吸ができなくなっていることに気が付いた。ずーっと咳ばかり気にしていたので気づかなかったのだが、右肺下葉が腫瘍のために閉塞していてかなりの部分が機能していない(つまり息がちゃんとできない)ことに、ようやく自覚した次第。
今日はもともと4週ごとにリュープリンを打つために予約した日だが、12日に確認できなかったことなどを色々聞いてみるつもりだ。

午後4時半の予定時間より少し早めの4時に受け付け、6階の待合いへ。だが、今日はいつもより診察待ちの人が多く、呼ばれたのは結局4時半。
診察室へ入り、まずはいつもの通り状況を聞かれます。
13日からAI剤をアロマシンに変えて、特に大きな問題(副作用)はなし。
咳は相変わらず出るが、特にひどくはなっていない。ムコダインも効いている感じ。
熱は出なくなり、おそらく肺炎だったと思われるのは10日ほど前までではないかと思うと言ってみたが、14日分処方した抗生剤は最後まで飲みきるようにというのがドクターの指示。

セカンドオピニオンについて。実は前回の受診時にはセカンドオピニオンを受けるつもりはなかったが、他のドクターの意見を聞くとしたら、今このタイミングが最適と思い直し、個人的にも面識のあるK先生のセカンドオピニオン外来を予約した。診療情報提供書と画像資料をお願いすると、それは問題ないので受け付けで申請するようにとのこと。

ゾメタについては特に拒否するつもりはなく、逆に積極的に受けようと考えているので、来月の受診からリュープリンと一緒に4週に1度のスケジュールでやることにした。
ただ、ホルモン療法については、アロマシンの効き具合を見た上で高用量トレミフェンやフェソロデックスも試してみたいと言ってみたが、ドクターは渋い顔。確かにホルモン剤は効果が出るのに時間がかかるし、効果測定も難しい。化学療法へのスイッチのタイミングを逃してしまうリスクがあるのは理解している。ただ叶うことなら、私は最後まで化学療法せずに済ませたいと考えている。結局、この件はセカンドオピニオンでK先生の意見を聞いてみてくださいということになった。

気になっている卵摘について再度聞いてみたが、全身麻酔を必要とするので、今の肺の状態では勧められないとのこと。全身麻酔でないと手術できないか聞いてみたが、それは難しいとの答え。リュープリンで同じ効果があるのだから、リスクを冒してまで卵摘するのは反対ということだ。(でも、いよいよ症状が悪化して緩和ケア病棟に入院するようになったときに、生理のことを気にしなきゃならないのはいやだなぁ。緩和ケア病棟でリュープリンだけ打ってもらうなんてことできないだろうし…)
結局この件も「K先生に聞いて」ということになった。

診察後は処置室でリュープリンを打ってもらい、11月16日から開始することにしたゾメタについて説明を受け、点滴の施設等の見学もした。診療情報提供書について受け付けに申し出ると、出来上がってから取りに来る必要があるとのこと。郵送でも可能とのことだが、今日これから受ける血液検査の結果も早めに見たいので、11月16日とは別に10月26日の受診予約も入れた。

最後に採血をして終了です。

10月12日(土) PET-CT&受診

9月の末から10月初旬の1週間ほど、朝は平熱なのに夜になると38度台の発熱というのが続いており、「ひょっとしたら肺炎かも」という心配もあったので、検査を早めてもらって今日がPET-CTの日です。

9時40分に受け付け。その後3階の画像検査センターでまずは検査着に着替え、身長・体重の測定と検査の説明、問診等があります。
仰向けになると咳が出るということを申告してあったので、その件について少々検討。様子を見て少し横向きで撮影するか、時間を短くするかしましょうということに。水を受け取って検査センターに入ります。
FDGを注射して安静室に入ります。40分ほどして名前を呼ばれ、トイレに寄ってから検査室に。一旦検査台に仰向けになり、咳は大丈夫そうということになり、撮影。終了後はまた安静室で20分ほど休憩し終了です。

検査結果がでるまで少々時間があるのと、朝食抜きだったので、一旦外出し、朝昼兼用のブランチを食べに出かけました。

午後1時過ぎぐらいにクリニックに戻り、6階の待合いへ。しばらく待って名前を呼ばれ診察室に入ります。

PET-CTの検査結果は、あまり良くないものでした。
肺の腫瘍は7月のCTの約30mmからまた少し大きくなっており、35mmぐらい。ただ、腫瘍径以上にそれが気管支をふさいで右肺下葉の7割ぐらいが閉塞状態のようです。閉塞している部分は要するに窒息状態なわけで、炎症を起こしている可能性もあるとのこと。
もう一つ、胸骨に集積が見られ、骨転移と思われるとのことです。
脳や肝臓などは、今のところ転移は見られない。

7月にTAMをAI剤(フェマーラ)に変えてから腫瘍マーカーも下がらないし、腫瘍も大きくなっているので、ドクターとしてはもうホルモン療法は効かなくなっているとの判断らしい。化学療法へのスイッチを勧められました。第一選択はパクリタキセル(アブラキサン)とのこと。
骨転移もほぼ確定なのでゾメタも。

私としてはQOLを最優先にしたいのですが、仕事の都合上、「あと1年は何としても仕事ができる状態にしたい」というと、「このままでは(効かないAI剤を続けるのであれば)、1年なんて悠長なことは言っていられないですよ」と言う。
腫瘍の状況によっては、突然呼吸困難になって救急搬送が必要になることも無いとは言えないらしい。

ドクターは「今すぐ決めなくてもいいですし、セカンドオピニオンも受けてみたらどうですか」と言いますが、とりあえずはフェマーラをアロマシンに変更し、様子を見ながら次の手を考えることにした。
いずれにしても、来週10/17はリュープリンのために再度受診する予定なので、それまで考えることにしました。

今日のところは、アロマシンと抗生剤と鎮咳薬と去痰薬を処方してもらい終了です。

薬と食欲

がんという病は症状が一律でないため、普段と変わったことがあると、それががんの症状なのか、あるいは薬の副作用か、はたまた別の病気か、まったく関係ないか、わからずに困ることが良くあります。

実はこの夏まで、やたらと食べるものが美味しく感じ、本能のままに食べると体重急上昇という状態でした。自分で作った何でもないご飯が「なんて美味しいんだ~」と感じ、そうとうヤバかったのです。(ある意味幸せ)
ところが、夏の中ごろから食欲が落ち、何を食べても美味しくありません。
変わったことと言えば、薬をTAM(タスオミン)からAI剤(フェマーラ)に変更したこと。
8月下旬から咳もひどくなっているので、がんが何らかの影響を及ぼしているのかもしれませんが、薬の副作用という可能性はおおありです。

食事が美味しくないというのは少々(いや、かなり)さびしいですが、ダイエットにはチャンス! しかし、あまり量を食べていないにも関わらず、なかなか体重は減りません。何とかならないでしょうかねぇ~。

10月4日(金) 臨時に受診

9月の中旬から続いていた微熱は段々高熱になり、39度になることもありました。毎日、夜は38度台、朝には平熱になるというのの繰り返しです。
通常、38度以上の熱が出る際は、悪寒があったり顔がほてったり、ぐったりだるかったりするものですが、特に変わったことはなし。咳は別として淡々と熱が上がったり下がったりしている感じ。解熱剤は1回だけロキソニンを飲んでみましたが、どうやら飲んでも飲まなくても同じみたいです。

咳は相変わらずひどいですが、なぜか血痰は少なくなってきました。ありがたいことに左を下にして横向きに寝るとほとんど咳は出ず、夜眠れないということはありません。

同居人が「肺炎なんじゃないの?」とか「急変しても僕はどうすればよいかわからん!」と不機嫌なので、臨時に診察の予約を入れました。(急変ってなんだ!?)

そうこうしているうちに、10月2日の朝、職場の入り口ですってんころりん。雨でぬれた床に滑ったみたいで、右足の土踏まずあたりをひねってしまいました。いろいろ動かしてみましたが、骨が折れたりしている様子はないので、手持ちのロキソニンテープと手持ちのサポーターで対処。2日後が受診予定なので、足も診てもらうことに勝手に決めます。

さて、職場を午後3時半に出てクリニックへ。足が痛いのでいつもより時間がかかりますが、階段も上り下り可能だし、やはり重症ではなさそうです。

4時15分ごろに受付、ロビーでは5分ほど待って名前を呼ばれました。

診察ではまず足の件を申告。もしレントゲンを撮ることになれば先のほうが良いと考えたのです。ドクターは私の足をいろいろひねってみて、「これは痛いですか?」「これは?」と聞きますが、いずれも「痛くありません」。はれもないし、色も変わっていなし、どうやら骨が折れたり、筋を痛めたりはしていない様子。レントゲンは撮らずに、このまま自然治癒を待つことになりました。

次に、先月の血液検査の結果を聞いてみると、CEAの値が初めてほんの少し下がって(9.4→8.4)いました。超過していた1CTPもぎりぎり基準値内に。ただ炎症反応や細胞破壊を示唆するCRPは7.21と高くなっています。
今回の受診の目的は、血液検査の結果を早く知るためでなく、次に予定しているPET-CTを早めてもらうこと。元々10/17の受診の際に検査予約をしましょうということだったのですが、それではかなり先になってしまいます。熱も気になるので検査を早めてもらうことにし、10/12にPET-CTをやることしました。

もう一つの目的は咳対策。薬を増量するか、別の薬にするか、はたまた他の対策があるか?
別の薬といっても、リン酸コデインは、ドクターとしてはまだ早いと思っている模様。私がネットで見つけたノスカピンという薬は試してみても良いかもとの意見。こういうことはやってみなければわからない。
メジコンは増量しても良いということで、去痰薬も併せて処方してもらい、とりあえず1週間様子を見ることにしました。

さっそく帰りに近所の薬局に寄り、薬をもらって帰宅。
夕食後にメジコン2錠(15mg×2)とムコダイン1錠(500mg)を飲んだのですが、お薬手帳をまじまじと見て愕然としました。なんと、もともとメジコンの処方は1回2錠ではありませんか!
メジコンはこれまで何度も処方してもらい、確かに1回2錠飲んでいた記憶があります。しかし咳が出なくなり服用を中止して1年以上経つので、すっかり忘れていたみたい。8月下旬から咳が出始め、手持ちのメジコンを飲み始めた際に、完全に1回1錠と思い込んでいたようです。でも、「1回2錠に増量」と言ったとき、ドクターも気づかなかったのかしらん???
まぁ、これまでより増量していることは間違いないので、とりあえずこれで次の受診日までは様子をみることにします。