記事一覧

11月16日(土) ゾメタデビュー!

今日は小春日和で良い天気です。
朝、8時40分過ぎに家を出、クリニックの受け付けには時間ぴったりの9時半に到着。まず2階へ行って血液検査を受けます。次に6階へ行きしばらく待つと予定時間よりやや早めに名前を呼ばれて診察室へ。

「おはようございまーす」
「咳はどうですか?」
「一昨日までとても快調だったのですが、昨日からまた少し出るようになっちゃいました」

11月11日のK医師のセカンドオピニオンの報告は、既に主治医のところに届いているようです。11月1日の報告書は預かって来たので主治医に提出。写しをもらえないか聞いてみたのですが、これは医師から医師への書類なので、患者には開示しないとのこと。ふーん。なんか変なの。
おそらく1月ごろには画像検査をすることになると思うので、それまでは症状が急激に悪化しない限り現在の治療を継続。1月の画像の状況を見て、変更するかどうかを検討。状況にもよるが、変更する場合は次のホルモン療法の選択肢としてヒスロンを考慮というのが、私が決めた現時点での方針です。

卵摘について再度突っ込んでみましたが、このクリニックでは入院が長引く可能性がある手術はやらないようで、どうしてもというなら、セカンド受けた病院でお願いするようにとのこと。なかなか思う通りにいきません。

この後ゾメタの点滴なので、最後に主治医が点滴の針を刺してくれて診察室を出ます。そのまま化学療法室に移動して、6番のリクライニングチェアに案内されます。薬剤を確認して点滴を始めたのが10時5分ごろ。点滴は30分で終了。その後、その場所でリュープリンの注射を打ち、終了です。

会計をしてクリニックを出たのが11時。所要時間はちょうど1時間半でした。

次回は12月14日の同じ時間です。

コメント一覧

リスミン (11/16 21:31) 編集・削除

夜9時現在、ゾメタの副作用と思われる発熱の兆候あり。
ひゃー、お約束どおりじゃん。
まだ37度台なので、もう少し様子を見てからロキソニンを飲もうと思います。
明日は予定がなくて家でゴロゴロできるのが有難い。

のんのんです(*^^*) (11/16 21:35) 編集・削除

咳が出なくなるといいですね(^-^)v

リスミン (11/17 11:51) 編集・削除

のんのんさん、コメントありがとうございます。
1か月前に比べると咳はだいぶ楽になりました。

のんのんです(*^^*) (11/20 10:55) 編集・削除

あまり無理しないようにしてくださいね。
リスミンさんファンクラブ?より\(^o^)/

11月11日(月) セカンドオピニオン第二弾

今日は3時間休をとって午後2時15分に仕事を終え、急いで駅に向かいます。今日の病院は特急で2個目の駅から徒歩4分ですが、初めて行くので遅刻しないよう、小走りで病院入り口を目指します。
予定の時間に到着し、まずは受け付け。資料一式を渡し、20分ほど待たされた後、腫瘍内科の受け付けに行くよう指示されます。「画像データはウィルス対策のために全てウィルスチェックをします」という張り紙があったので、私の持参したCDも11枚すべてチェックしたのでしょう。ご苦労さまです。

エレベーターで2階へ行くと、中央にずらーっと待合い用の椅子が並んでいるホールのような場所の両側に、各診療科の受け付けと、診察コーナーへの入り口が並んでいます。腫瘍内科は内科とは別になっていて、ここだけ受け付けが外にありません。ドアを開けると中に中待合いと受け付けがありました。

受け付けに診察用の連絡ファイルと書類一式を渡すと、中待合いか外の椅子で待つように言われましたが、中待合いはかなり狭くて、既に何人も座って待っている様子。外で待つことにしました。
予約時間はもう過ぎているのですが、この規模の大学病院では待たされるのは仕方のないこと。あまり期待せず、のんびり待ちます。しかし、なかなか呼ばれず、さすがに待ちくたびれ。中待合いに居たと思われる人たちも何人か出てきて、ロビーにいる患者もほとんどいなくなり、「いくらなんでもそろそろ呼ばれるだろう」と思ったころ、ドクター自身が入り口に姿を見せました。

ドクターの後について中待合いの奥の診察室に入り、「よろしくお願いしまーす!」と着席。さて、どこからきりだそうか、ちょっとの間の沈黙となってしまいました。K医師に初めて会ったのは12年前。それ以後、様々な場面で会ったり話したりメールしたりする機会がありましたが、診察室で自分の病気について話すのは初めてです。

9月~10月に症状が悪化し、化学療法へのスイッチを勧められていること。自分としてはQOLの維持を最大の治療目的としているが、仕事の関係もあってあと1年は普通に仕事ができる状況にしたいこと。このところ症状が改善していることなどを話しました。

K先生は「ホルモン療法ならヒスロンが良いと思うよ。」
ヒスロンは11月1日のC医師にも提案されましたが、これ以上太るのは何としても避けたいところ。でも、ヒスロンは閉経前でもOKなので、リュープリンを止めてみて閉経かどうかを観察することができるという利点があります。K医師は「高用量トレミフェンもフェソロデックスもあまり期待できないけど、ヒスロンは意外に効く人が多い」と言います。ふむふむ。食欲さえ頑張ってコントロールできれば、アロマシンの次はヒスロンという選択肢もありかも。

卵巣摘出手術については、特に否定的ではない様子。全身麻酔については、「肺がんの手術でもやるんだから、大丈夫じゃない」とのこと。卵巣への放射線照射はお勧めできないという感じ。

もし、急激に悪化して化療にスイッチするとしたら、「主治医が勧めているタキサンやアンスラが一般的だけど、アバスチンもいいと思います」。アバスチン+タキソールは生存期間の延長にはならなくても、始めの頃の効きが良いらしいので、もし急激に悪化したらそれで抑え、大人しくなったらまたホルモン療法という選択肢もありそう。

あれやこれやと話して約1時間。主治医へは話した概要を郵送するらしい。今後の追加の質問等はメールでもOKということだし、今のクリニックでの診療が難しくなって、でもまだ緩和ケア病棟という状況じゃないというときには、転院も引き受けてくれそうでした。

おまけの意見

普段親しくしていただいているS医師から、最近の私の症状に関してご心配のメールをいただきました。
感謝感謝です。

「できることがあればいつでも協力します。遠慮なく言ってください。」との有難いお申し出に甘えてご意見を伺ったところ、以下のようなお返事をいただきました。

1)現時点では化学療法による速やかな症状の改善が望ましいと思います。
2)どうしても内分泌療法でというのであれば、卵巣摘出をお勧めして、閉経後の内分泌治療を行ないます。

フムフム。やはり、どのドクターもまずは化療へのスイッチを勧めますねー。でも、ホルモン療法を続ける道も、まったくNGというわけではないようです。

問題は今の状況で卵巣摘出のリスクがどのくらいあるか、やってくれる医療機関があるかどうか、です。

11月1日(金) セカンドオピニオン第一弾

今日はセカンドオピニオン。

主治医から化療へのスイッチを勧められた当初は、あまりセカンドオピニオンを求めようという気にはならなかったのですが、どの選択肢がよいか判断の難しいときこそセカンドを取るべきと思い直しました。14年間の患者歴の中で培ったドクターとのコネクションを最大限活用し、複数個所にアプローチ。今日はその第一弾です。

今日行く病院は、腫瘍内科のA医師にも乳腺外科のC医師にも面識があり、どうせなら2人まとめてお願いできないかと事前にリクエストしたところ、意外にすんなりOKが出て、しかも最初の電話から8日目の受診というスピードでした。

仕事は午後半休して午後1時45分ごろ病院到着。まずは総合受付で事前に送られて来ている予約票を見せて手続きをします。セカンドオピニオン外来でも初診受付や診察カードの作製は通常通りのようで、2時を少し回ったころに腫瘍内科の受け付けに回りました。受付前のロビーで待っていると、ほどなく乳腺外科のC医師登場。手を振って挨拶。その後中待合いに案内され、診察室に呼ばれたのは2時15分過ぎぐらいでした。

セカンドオピニオンと言っても、場所は通常の診察室です。診療情報提供書は事前に送ってあり、両ドクターとも既にひと通りは目を通してくれている模様。先ほど腫瘍内科の受付で渡した画像資料は10/12のPET-CTのものがパソコンで再生されています。

「こんな豪華なセカンドオピニオンを実現して頂いてありがとうございます!」
「いやー、こんなところで○○さん(私)と話すとは思わなかった」
両ドクターとも、勉強会の打ち合わせやフォーラムの実行委員会等で会ったりしますが、診察は初めてです。
通常のセカンドオピニオンというものがどういうものか分かりませんが、いきなりざっくばらんに話が始まりました。

予想通り、結論は特にありません。閉経の判断も化療へのスイッチのタイミングも、これが正解というものはなく、今後の治療方針については1月あたりにCTをやって、その時の状況で判断するしかないね、という感じでした。

11/16から開始予定のゾメタについては、ほかの治療選択に影響があるわけでもないし、オマケで腫瘍縮小効果もひょっとしたらあるかもしれないので、やる方向で問題なし。

新たな発見としては、
1)5月にリュープリンを中断し2か月で月経が戻ってしまったため、また7月からリュープリン再開としましたが、もう少し様子を見てもよかったかも。月経が戻ったわけではなく、LHRH中止とTAMによる月経ではない内膜剥離の可能性もあるとのこと。現時点のLHRH+AIの状況ではLHRHを止めてみるわけにいかず、話がややこしくなっています。
2)化療にスイッチするとしても、場合によっては第一選択のタキサンやアンスラでなく、ジェムザールとかナベルビンとかCMFってのもありかも。今の状況なら化療は何から始めても大差なさそう。
3)気管支が閉塞し、無気肺になっている部分があるが、これはすでに固定してしまっているようなので、いじらないほうが却って良いかも。今の状態なら外部と遮断されているので、肺炎のリスクは少ないのではないかとのこと。

全部で約1時間、じっくり(というよりワイワイという感じで)お話し、最後に3人で記念写真(?)を撮ってもらいました。

コメント一覧

たまご (11/03 16:09) 編集・削除

はいはい、そのたまごです(^◇^)
すっかりばあさんになってしまいましたよー。

ココア URL (11/06 17:22) 編集・削除

ブログでは、初めましてです(笑)
さすがリスミンさんと思わせる、
素晴らしく贅沢なセカンドオピニオン。
乳腺外科と腫瘍内科のドクターが
揃ってというのは、理想でしょう。
でも、これはまだ第一弾なんですね。
いろいろなドクターのお話を伺って、
BESTな治療になるといいですね。
先ずは、ゾメタの効果が出るといいですね!

リスミン (11/06 22:57) 編集・削除

ココアさん、コメントありがとうございます。
第二弾は11月11日の予定です。
なんだかワクワクしちゃうのですが、不謹慎でしょうか。