記事一覧

12月14日(土) 受診

バスと電車の都合により、受付時間の9時30分を1~2分過ぎてクリニック到着。受け付けを済ませたら、まずは2階で採血です。
いつもは尿検査もあるのですが今日はなし。何故かは不明。

その後6階へ行き、少し待つと診察室に呼ばれます。
診察では、すっかり咳も落ち着き、血痰も1か月前ぐらいから無いこと、じんましんも出ないことを申告。ただし、3日ほど前から風邪と思われる状況になり、頭痛、咽頭痛、咳、痰、鼻水がひどいこと、微熱も出たことを話しました。
「今日は最後に胸のレントゲンを撮りましょう」と言われましたが、今日に限って受診の後に予定があります。「今日はちょっとダメなんです。画像検査は1月ごろかなと考えていたんですが」と言うと、それでは、ということで来月の受診の際にCTを撮ることになりました。
先月の腫瘍マーカーの結果を聞いてみると、CEAは少し下がっている様子。ですので、リュープリン&アロマシンは継続です。

最後、風邪の症状が出る直前に、横になって息を吐いた後に肺の中でごぼごぼ音がすることを聞いてみましたが、ドクターは首をかしげるばかり。まぁ、別にいいんですけど。
最後に点滴用の針を刺してもらい、診察室を出ます。

化学療法室の椅子(今日は7番)に座ってゾメタの薬を確認して点滴開始。眠いのでほぼうつらうつらしてました。
予定通り30分で点滴が終了し、リュープリンの注射を打っておしまいです。

会計を済ませるとちょうど11時でした。
来月は1月11日の予定で、採血→CT→診察→ゾメタ→リュープリンです。

深呼吸

9月に肺炎と思われる状態があり、無気肺になってしまったようですが、11月から症状が落ち着き、ふと気が付くと深呼吸ができるようになってるみたい。
今の肺気量に慣れてしまったのか、それとも何か別の理由か。
画像診断は3か月に1回程度なので、どうなっているのか分かりにくく、ちょっと気になる。