記事一覧

がん患者の就労

がんが早期発見され、かなりの割合で長期生存ができるようになったおかげで、がん患者の就労の問題がクローズアップされてきています。

昔は、がんが発見されるとかなりの割合で入院治療→職場復帰叶わず、という状況だったと思うので、治療しながら、あるいはがんを抱えながら就労するという状況への社会的対応が後手に回ってしまったのでしょう。

私の場合、初発の治療のときには、仕事を辞めるなんて考えもしませんでした。
当時は仕事を辞めても、同居人(配偶者)の扶養家族になれば、生活費や医療費は、とりあえずなんとかなる状況でしたが。

今、社会問題となっているのは、がんと診断されただけで解雇の対象となったり、派遣の仕事がなくなったり、再就職ができなくなったりということかと思います。
しかし、再発患者となってからの私にとっての就労問題は、「仕事が破たんしないようにするには、いつ、どのように辞めればよいか」ということでした。
辞めても代わりの人間がその仕事をやってくれるような状況なら良いのですが、ほぼ一人でやっている仕事だとそうはいきません。
自営業の人も同じような問題が発生するのかもしれません。

このままずるずると仕事をしていると、いつか状態が悪化して仕事ができなくなる。当然そのときは病気休暇になるわけですが、そのまま復帰できなかったら、私は自分で退職金がもらえないではないですか!
老齢年金はとうに諦めていますが、30年以上も務めた仕事の退職金ぐらいは、自分でもらいたいものです。
定年退職まで元気で働ける確率はかなり低いので、いわゆる「老後」「余生」は私にはないと思われます。
最後まで現役で、というかたもいるかもしれませんが、私は「余生」が欲しい! だとしたら、ある程度元気なうちに仕事を辞めて、自分で「余生」を作らないと!

人生の始末の付け方は、ほんとに難しいですね。

今後の展望

2010年07月31日の自分の日記を見ると、以下のように書いてある。

 やり残すとしたら残念に思うのは、仕事のことぐらいかな。
 今途中になっているシステムの再構築は、なんとか破たん
 しないように道筋をつけたいと思う。
 特に仕事が生きがいってわけでもないけど、周囲を見回して
 みて社会的責任を一番負っているのは、仕事ぐらいだなー。

このときは、まだ再発を診断されたばかりで症状もなく、たまたま発見されていなければ術後11年の“治った患者”とほぼ同じ状況でした。
扶養家族もなく、マンションのローンも完済したし、親は4人とも無事に見送ったし、私が突然いなくなって困るのは、職場ぐらいでしょう。

その後、何事もなく3年経過したのですが、昨年夏ごろからいよいよ症状が出たり、最初の薬も効かくなくなってきたりしました。「最低でもあと1年は仕事ができるように」とじたばたしたりもしましたが、幸いにも状態は改善し、今は相変わらず仕事をしています。

仕事人間ではありませんが、現在かかわっている仕事には、責任を感じています。在職中に病気休暇となり、まともな後任もいないままに働けなくなるのはあまりにも忍びなかったので、3月31日で正式に退職しました。おかげで、“まともな後任”が来て、今はそのサポートをしながら仕事を引き継いでいる状況です。
ただし、今年は5年に1度ぐらいのビッグイベントが控えていて、以前にも増して忙しくなってしまいました。
在職中に死んじゃうよりはまだマシな状況になったので、少々気は楽ですが。しかも病状は幸いにも改善して、まだ1年ぐらいはふつうに働けそうです。
このまま来年の3月31日まで無事に乗り切り、その後はしばらく悠々自適の生活を味わってみたいというのが、今の希望です。

緩和治療外来へ2回目の受診

3月10日の初診では、「この病院の患者でも(外来枠に)入るのが大変なのに、良く入れましたね」と言われ、「とにかく入院検討会にかけます」ということと、「今後は外来で経過見ていきます」ということになりました。
今日は2回目の受診です。

予約時間は15:10でしたが、診察室に入ったのは16:00近く。でも、待ち時間は少ないほうかも。
初診の際は緩和&緩和外来の説明が中心でしたが、その後、私の資料もじっくり見てくれたようで、今日は病状の経過の話が中心です。
入院検討会も問題なかったようで、これでとりあえず緩和治療病棟に入院する候補者にはなれたようです。

次回の受診予定は6月2日です。

4月5日(土) 受診

今日は受診日で、同居人もめずらしく仕事が休みなので、受診後に待ち合わせて花見でも・・・と思って予約票を見たら、あれ??? 予約時間が8時半になってる??? なぜか、1時間も早い!
どこかで手違いがあったみたいだけど、今から追及しても遅いので、8時半目指してばたばたと家を出る。

超特急でクリニックに到着した。
受け付けで、本来なら診察券と保険証を出すところだが、今日は保険証はない。実は、3月31日で常勤の仕事を退職し、同じ職場ながら今は臨時職員の身分。保険証が異なるため、まだ交付待ちなのです。その旨を申告し、発行されたら月末までに持参することにし、今日は全額自費です。

まずは2階で血液検査、その後6階へ移動。少々待って診察室に呼ばれます。ドクターはいつものとおり症状から問診。咳は先月より少し出るようになったけど、まだそれほどひどくない。他に特筆すべきことはなし。血液検査の結果は、炎症があることを示すCRPが高いようだが、特に熱などはないので様子見。CEAは相変わらず落ち着いている模様。
その後、3月10日に行った緩和治療外来の受診について報告。一応、入院検討会にかける対象にはなったようで、今後、外来に定期的に受診し、継続して病状を確認していくこととなりました。次回の診察予定は4月21日です。ただし、入院が必要になった場合に、緩和治療科では緊急入院の対応ができない。緩和治療病棟に入院する場合も、すぐには対応できない場合が多いので、つなぎに入院できる病院が必要。このクリニックでそのような対応ができないのであれば、他の病院を確保しておく必要がある。
この件については、もう少しそのような必要性が出た段階で、元の大学病院等につなぐというのがドクターの方針。緩和治療科にもそのように回答することにしました。

腱鞘炎は湿布が効いているみたいで、やや軽減。1か月も湿布を貼り続けているので、そろそろかぶれ始めているが、効いているようならカブレもまださほど酷くはないので引き続き貼ったほうが良いというのがドクターの意見。ということで、薬の処方は同じです。
4週間後は連休に当たってしまうので、次回の診察をどうしようか少々検討したあと、5週間後に来ることにし、その際にCTも撮ることにしました。
最後に点滴用の針を刺して診察室を出ます。

点滴室に移動し、案内された今日の席は6番です。
朝が早かったので点滴中は寝ることにします。点滴の後はリュープリンの注射をして終了。

受け付けに戻って少々待っていたところ、続いて診察から戻って来た人と、あれ??? 顔を見合わせて・・・「○○さん???」「そーです!」
いやー、同じ勤務先の顔見知りの人でした。びっくり!
ちょうど二人とも診察が終わったところなので、そのままおしゃべりしながら会計も一緒にし、クリニックを出た後も場所を移してお茶しながらおしゃべりしました。
彼女も同じ主治医の患者なかまで、術後5年ぐらいとのこと。また職場で連絡することを約束して別れました。

うちの職場は検診機関の関係もあり、同じ主治医という人が意外に多いですが、健診以外の人と病院でばったり会うのは珍しい。
びっくりです。