記事一覧

第21回キャンサーボード勉強会

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『医療法学入門~医療行為と保険診療の関係~』
浜松医科大学医学部「医療法学」教授
大磯義一郎先生

正当な医療行為の3要件
(1)治療目的
(2)医学的妥当性
(3)患者の同意
しかし、すべての医療行為が保険診療の対象となっているわけではない。
混合診療、適用外処方、etc.

完全に医療者向けの内容でしたが、私にとってはとても興味深かったです。

素朴な疑問5

『抗がん剤だけはやめなさい』 3章 「効く」とは何か

戸塚洋二さんのケースを紹介している文章の中に、「グラフでは、抗がん剤開始後、腫瘍マーカーの一つの値が十分の一以下になっており、がん細胞の数が十分の一以下になったことを示唆します。」とあります。

え~っ! 腫瘍マーカーの値が十分の一以下になると、がん細胞の数が十分の一以下になったことを示唆してるんですか???
そんな単純なものなんですか?

素朴な疑問4

近藤先生の主張を何度か読み返してみると、「治らない患者たちの生存曲線は指数関数曲線になり、このルールに例外はない。もし指数関数曲線と違った形を示すなら、何らかの人為的操作が加わったと考えられる」ということが基礎となっています。

あくまでも素人の素朴な疑問ですが、「それってホント?」という感じです。

確かに臨床試験の被験者は、一定の条件によって選択され、ある程度均質な集団かもしれません。でも、明日死ぬかもしれないような状態の人は被験者にならないようなデザインの試験では、必ずしも生存曲線が指数関数曲線にならないと思います。

「このルールに例外はない」というのは、本当なのでしょうか。

素朴な疑問3

『抗がん剤だけはやめなさい』 2章 対談:患者代表・立花隆、近藤誠に質す

【なぜPFSを指標とするのか】という部分があります。
OS(全生存率)ではなく、PFS(無増悪生存率)を指標として効果の有無を評価しようとするのか、ということに対して説明をしています。
その説明は、「推測すると」「となったのでしょう」「思われます」「思われます」「考えられます」と、すべて推測です。
なんだか、あまり説得力のある説明ではないように思います。

素朴な疑問2

『抗がん剤だけはやめなさい』 1章 抗がん剤は効かない

分子標的薬「アバスチン」について、認可を取り消すべきという主張をしている部分で、図1-7臓器転移がある大腸がんの比較試験結果というグラフが表示されています。
そのグラフに対して「この中央値の延長は信用できない。併用群の生存曲線は上方に膨らむ奇妙な形で、人為的操作の介在を推認させるからです。」と書いています。
素人の私が見る限り、このグラフが自然でなく、奇妙な形であるとは思えないのですが・・・。もっと素直に納得できるような説明はないのでしょうか。

素朴な疑問1

『抗がん剤だけはやめなさい』 1章 抗がん剤は効かない

抗がん剤の効果を裏付けている臨床試験のデータは、人為的操作が加えられているというのが近藤先生の主張。
論文作成のルール違反を行って、あたかも抗がん剤に効果があるようなグラフを作っているというのですが、「別の形の操作は、一方のグループにだけ身体的・精神的症状ケアを熱心に行うことによっても可能です。・・・新薬の臨床試験で、抗がん剤グループにだけ手厚いケアを行えば、中央値が数カ月程度かさ上げされるはずです。」と書いています。

新薬の臨床試験とは、薬事法上の承認のための治験のことと思いますが、第三相治験などはプラセボ効果を防ぐために二重盲検(ダブルブラインド)試験になっていると思います。そんなことは近藤先生もご存知でしょうに、なぜ前述のような発言をするのでしょうか。

近藤理論に対するイチ現役がん患者の素朴な疑問

今日、電車に乗ったら、中吊り広告にまたまた近藤誠先生の顔写真が載っているのを見かけました。
最近やたらと露出してますよね。

この先生の本は、全部ではないですが何冊か読んだことがあります。
書いていることの3割ぐらいは賛同できるのですが、???となるような意見も多いように思います。
そこで、近藤理論に対するイチ現役がん患者としての素朴な疑問を書き出してみることにしました。
「近藤理論について」という分類も新たに作りました。

ご本人の目に触れることはないと思いますが、この疑問に対しては、どのような回答となるのでしょうか。
そして、この疑問を見た読者のかたは、どんな感想を抱くのでしょうか。

腱鞘炎、その後

左手首の腱鞘炎は、日常生活には支障がない程度に改善してきました。
ずっと湿布を貼り続け、消炎鎮痛薬のロキソニンも飲み続けたおかげかも。
でも、2か月以上もロキソニンを飲み続けるのは少々抵抗があり、1週間ほど前から飲むのを止めています。
今日の受診でも、ロキソニンの処方は見送りとし、ロキソニンテープだけを処方してもらいました。

ところがその直後から、今度は右手首が悪化! 歯磨きするのも大変な状況になってしまいました。

左の状況から類推すると、改善するのに1か月ぐらいはかかりそうです。(ToT)

5月10日(土) CT&受診

9時10分受け付け予約のところ、到着したのは9時ちょっと過ぎ。まずは血液検査をして、その後はCT検査です。
10時ごろには終了し、乳腺外科の外来へ。診察予定時間まで1時間ほど時間がありますが、半端な時間なのでそのままロビーで待ちます。ロビーではテレビが付いていて、NHKのキッチンが走る!をやっていたので、飽きずにずっと見ていました。
ちょうど番組が終わるころに診察に呼ばれましたが、CTの結果はもう少し時間がかかるとのことで、先にゾメタの点滴をすることになりました。
今日は、血液検査、CTの造影剤、ゾメタの点滴と、左腕のほぼ同じところに3回針を刺しましたが特に問題なし。ドクターはいつも短時間の一発入れで、ちっとも痛くありません。血液検査より針が細いように思います。
そのまま点滴室へ移動し、今日は2番のリクライニングです。
ファイル 116-1.jpgファイル 116-2.jpg
点滴が終わってリュープリンの注射をしてから再び待合いロビーへ。今度は少しだけ待って診察に呼ばれました。
CTの結果は1月よりも若干腫瘍が小さくなった模様で、特に問題はなし。無気肺の範囲も小さくなったらしい。
血液検査の結果も、先月よりは若干良くなったみたいです。
咳もほとんど出なくなったし、咳止めはしばらく休薬してみることにしました。
次回は6月7日です。