記事一覧

6月7日(土) 受診

今日はいつものクリニックの受診日です。
関東地方は既に梅雨入りし、いきなり大雨続きで今日も雨。防水のレインコートと雨靴で出かけます。

予定時間の少々前に到着し、受け付け→血液検査→受診と進みます。
ほぼ予定通りの時間に診察室に入り、まずは問診。先月から鎮咳薬のメジコンを休薬していますが、咳は特になし。血液検査の結果は前回とほぼ同じ。胸骨に痛みがあるか聞かれましたが、これもなし。緩和治療外来を受診したことを報告し、次回の受診はCTを受けてからになったことも報告。

ということで、点滴用の針を刺してもらい、化学療法室へ移ってゾメタの点滴30分。終わってからリュープリンを打ってもらい終了です。今日は6番のリクライニングでした。

次回は7月5日です。

コメント一覧

sato chiho E-Mail (06/26 10:28) 編集・削除

前々から興味深く読ませて頂いております。

ご存知かも知れませんが、29日(日)BSフジで
19時から近藤医師が出演されます。2時間番組ですので、じっくりお話が聞けるかと期待しております。

私も乳癌患者ですが、近藤医師の著書に少なからず影響を受け、特異な経過をたどった者として、関心がありますので、メールさせて頂きました。

リスミン (07/05 17:14) 編集・削除

sato chiho さま
コメントありがとうございます。
レスが遅くてスミマセン。
(このところ仕事が原因の抑うつ状態なので…)

初発の治療と再発治療とでは選択肢が大きく異なると思いますが、近藤先生のお話はそれをごっちゃにしているような感じがします。
いずれにしても、自分が納得できる選択をするのがベストですよね。

緩和治療外来へ3回目の受診

今日の予約時間は11時。
15分前ぐらいに病院に到着し、自動受付機でチェックインをし、呼び出し機を受け取る。前回の受診から1か月以上経つので、保険証の確認もします。

外来受け付け前の椅子で呼び出しを待つのですが、カウンターの表示を見ると予約から30分遅れ程度の模様。とすると、呼ばれるのは早くても11:30以降になりそう。
予想通り11:30過ぎに自動呼び出し機が鳴り、12-12の診察室へ。
ドアをノックして中に入り、挨拶して椅子に座る。
この緩和治療外来のドクターは、ノックして入ってくる私を見て、いつも何故か不思議そうな顔をする。一瞬の後に「あぁ、そうか」という感じで迎えてくれるのですが、そう感じるのは私の気のせいでしょうか。

前回受診は4月21日だったので、5月10日に受けたCTの結果や、血液検査などを報告。CTは1月のときとほぼ同じ。血液検査の結果もやや改善しているし、症状も出ていない。咳止めのメジコンも休薬していることを報告。結局、この状況では頻回に受診する必要はないようで、次回の受診日は決めずに、次のCTを受けてから来ることになった。

会計は自動精算機で460円でした。