記事一覧

現在の治療

覚書として、現在の治療を書いておきます。

【症状】
右肺下葉に3センチぐらいの転移腫瘍あり。一時期、無気肺と咳・痰がひどくなりましたが、現在は小康状態。
画像では胸骨に転移巣が認められますが、痛みなどの症状なし。
腫瘍マーカーはCEAと1CTPが反応していますが、いずれも基準値を少し超える程度。
昨年9月からCRPが高い時期がありましたが、今は正常値。

【治療】
AI剤のエキセメスタン(アロマシン)服用
4週間に1回ゾメタ点滴
鎮咳薬・去痰薬のゾメタ・メジコンは休薬中
2~3か月に1回程度、他院の緩和治療外来で経過観察

7月5日(土) 受診

前回の受診のあたりから、劇症肩こりに見舞われています。
いったんは改善したのですが、6月中旬ぐらいから身の置き所がないような凝り・痛みがあり、ひょっとしたらこれは肩こりではないのではないかと感じています。痛み自体はそれほど強くはないのですが。
いわゆる肩こり様の症状はある程度改善しましたが、左の肩甲骨周辺と左上腕部に、鈍痛が残っています。常に痛いわけではないのですが、1日に3回ぐらいは気になる痛みが強くなり、今日はそれを主治医に報告するつもりです。

予約時間の15分前ぐらいにクリニック到着。エレベーターに乗ろうとしたら、出てきたのは同じ主治医の患者仲間(かつ同僚)でした。
30秒ほど立ち話をして別れ、血液検査へ。その後受診です。

咳は特になく、血液検査の結果も問題なしでしたが、肩・背中の痛みを説明し、次回はCTをやることにしました。前回のCTが5月10日ですから少し早めですが、気になるところは状態を確認しておかなければなりません。今後の身の振り方にも影響があります。
腱鞘炎はすっかり良くなり、もう鎮痛薬も不要ですが、肩の痛みのためにロキソニンテープを処方してもらいました。

診察の後はゾメタの点滴とリュープリンの注射で終了。点滴の椅子は3番。今日は全体に早めで、会計が終わったのは10時40分ごろでした。

次回の受診は8月2日(土)です。