記事一覧

8月30日(土) 受診

午前中は雨の予報でしたが、ほとんど傘はささずにすみそう。
9時半の予約ですが、クリニックに到着したのは9時15分。受付して2階の血液検査へ。
すぐに終わって今度は6階。
待合いロビーで待っていると、看護師さんが私の名前を呼びますが、診察に呼ばれているわけではなさそう。何故か、いつも問診で聞かれるようなことを予め聞かれます。
その後、ほとんど待たずに今度は診察室から呼ばれて入室。

問診で申告したのは以下のとおり。
8月中旬から血痰が出るようになった。ここ1週間ぐらいは明らかに血の塊ではないが、少し血の色が混じっているような痰がでる。
咳は8月中旬から出始め、だんだんひどくなっている。手持ちのメジコン(鎮咳薬)とムコダイン(去痰薬)の服用を再開した。
熱は出ていない。
胸の痛みはこの1か月の間に1回あり。
左上腕部から肩甲骨にかけての痛みは、だんだん薄らいでいる。
今朝は頭痛があった。

咳のこともあり、今日は胸部レントゲンを撮ることになりました。
血液検査の結果は前回とさほど変化はないとのこと。
ただ、前回撮った頭部CTに、ドクター的に少々気になる部分を見つけたようで、「たぶん問題ないと思いますが、一度頭部のMRIを撮りましょう」ということになった。

その後、ゾメタの点滴とリュープリン。今日は6番のリクライニングでした。今日のゾメタは何故か30分以上かかっていましたが、眠くて寝ていたので少々長くても問題なし。
終わった後、3階へ行って胸部レントゲンを撮り、6階へ戻るとすぐに診察室に呼ばれました。
胸部のレントゲンは、特に問題となるような所見はないようです。
1年少し前の画像と比べると、無気肺になっていると思われる部分が写っていますが、昨年10月のCTに比べればたいしたことはないし、逆に腫瘤の影は見えないぐらいの状態になっています。腫瘤が消えたわけではないでしょうが、無気肺の陰でうやむやになっているカンジ。

薬はアロマシンのほかにメジコンとムコダインを処方してもらい、前回の受診でお願いした緩和治療外来に持っていく画像資料をもらい、血液検査の結果も印刷してもらい終了です。

次回は脳の造影MRIを撮る予定で、9月27日の受診です。

素朴な疑問8

近藤理論では「本物のがんの場合は、発生したときに既に転移が起こっている」と主張しています。また、「転移巣の大きさからいつ転移したものか計算できる」とも書いています。

この二つのことを併せて考えると、元のがんが発生したときに既に転移があるなら、原発巣と転移巣のがんの大きさはほぼ同じなのではないでしょうか。例えば腫瘍の分裂速度が一定だと仮定すると、1センチになるのに10年かかるがんだとして、1センチの原発巣を切除して10年たってから1センチの再発が見つかったとすれば、切除する直前に転移があったと考えられないのでしょうか。

発生したときに既に転移が起こっているということと、がんの分裂速度はずっと一定だという二つのことは、矛盾しているように思います。

素朴な疑問7

近藤先生は、がんは遺伝子が同じだから、分裂しても性質がずっと同じと書いています。しかし、そもそも遺伝子が変異して正常細胞からがん細胞になったのだから、一旦がん細胞になったものの性質が不変というのは理屈に合わないような気がします。

素朴な疑問6

がんが発生したときに本物かもどきかが既に決まっていて、本物であれば早期に発見して治療しても無意味だ、もどきならそもそも命を奪うことがないので治療は無意味だというのが近藤理論。だが、それなら、1期の生存率、2期の生存率、3期の生存率は同じであってしかるべきではないでしょうか。
現実には腫瘍は小さいうちに取り除いたほうが生存率が高い。もちろん、小さいうちに手術しても再発する場合もあれば、大きくても再発しない場合もありますが、手術のみが治療法だった時代でも、小さいうちに手術した場合のほうが、統計的に生存率は高かったはず。だからこそ、「大きく取れば治癒の可能性が上がるのではないか」という考え方も出てきたわけです。
ということは1期から2期、3期へと時間が経つ間に転移しているものもあると考えられるのではないでしょうか。

それに、近藤理論ではがんとがんもどきの二つしかなく、発生の段階で本物かもどきかがわかれているといいますが、「もどきが本物になることはない」という証明が一切ありません。どうして「もどきが本物になることはない」のでしょうか。

8月2日(土) CT&受診

予約よりも少々早めの9時少し前にクリニック到着。
受付後、まずはいつものとおり血液検査です。
採血をしてから、次はCT検査。
呼ばれて検査室に入り、検査着に着替えてCTの検査台に向かうと、今日は寝る方向がいつもと逆です。どうやら頭部CTもオーダーされているようです。
造影剤なしで頭部と胸部~腹部を撮影したあと、造影剤を入れて胸部~腹部の撮影。最後に頭部の撮影をもう一度行って終了です。

10時ごろには終わってしまいましたが、乳腺外科の診察予約は午後。なので、一旦外出し、ブランチをすることにしました。
それでも行くところがあまりないので、少し早めにクリニックに戻り、待合いロビーで本を読みながら待つことしばし。
予定の時間を少し過ぎたころに診察室に呼ばれました。

診察室に入ると、まずは問診です。
咳は先月と変わりなく、特にひどくはないこと。毎朝少々痰が出ること。左肩の鈍痛はひどくはないが相変わらずあることを申告。
他に問題点はありません。

CTの検査結果は特に問題なし。頭部も転移や脳梗塞などを示す様子はなし。肺は前回とほぼ同じ。悪くなってはいないということ。それ以外の臓器に新たな転移は見つからないということです。
左肩から肩甲骨にかけての痛みの原因は、CTの画像には何も出なくて結局不明。自分的には肩こりと違う感触なのですが、骨転移でもないようです。生活に支障があるような痛みでないので、このまま様子見しかありません。
血液検査も特に問題はなく、腫瘍マーカーの数値もぶれの範囲のようです。
仕事で身体的にも精神的にも疲弊しているのですが、病気は増悪していないようです。

他院の緩和治療外来では、画像検査の結果が出たら次の診察をしましょうということになっていたので、画像検査の結果をもらえるようお願いし、次の診察のときに受け取ることにしました。

ということで、治療は同じ内容を継続。薬はアロマシンだけ処方してもらいます。
ゾメタ点滴用の針をさしてもらい、診察室を出ます。
点滴室では4番のリクライニングでした。

次回は8月30日(土)の予定です。