記事一覧

緩和治療外来へ5回目の受診

前回の受診の際、主病院で脳のMRIを撮る予定となっていたため、その資料を持って診察をする予定となっていました。
9月27日に受けたMRIは結局何でもなかったので、資料を持って来る意味はほとんどなくなってしまったのですが、咳がひどくなったり、熱も出たりと、状況は変化。金曜日の主病院での受診の際に肺のX線撮影をしたので、その画像も写しをもらってくることにし、今日は主病院に寄ってからというルートになりました。

午後1時ごろに家を出て、クリニックには2時少し前に到着。1階の受け付けで申し出ると画像ディスクの準備ができていて、すぐに渡してもらえました。お代は750円ナリ。
そこから緩和治療外来の病院へ向かいます。
クリニックの所要時間が短かったことや、電車の乗り継ぎが良かったこともあり、午後3時の予約でしたが2時半に到着。再診受付機に診察券を入れますが、何故かエラーになってしまいます。予約票のバーコードを読ませると受け付けできたのですが、実は別の病院の診察券を入れていたことに後から気が付きました。あちゃー。

診療科の受け付けで持参の画像資料を渡し、待合いの椅子に座ると、ほんの数分で呼び出し機が鳴ります。今日はとっても早いです。
診察室に入りましたが、持参の画像資料はまだ見られないとのことで、ドクターからは「脳のMRIの結果はどうでしたか」と質問。「脳のほうは何でもありませんでした」「良かったですね」
でも、咳が続いていて、数日前から熱も出ていること、主病院で胸部レントゲンを撮って抗生剤を処方されたこと、リン酸コデインももらってあることなどを報告。
ひとしきり薬の履歴を確認したのですが、ドクターは「咳がひどいようならリン酸コデインを飲んだほうがいいですよ。良く効きますよ」と勧めます。かなり熱心です。ただし、体内ではモルヒネに変わるので、モルヒネと同様に便秘の副作用はほぼ漏れなくついてくるみたい。なので、便秘に対処する薬も一緒に飲んだほうが良いと勧められ、処方してくれました。
抗生剤の効き具合にもよりますが、おそらく次の画像検査まではあまり変化はなさそうなので、次の診察予約は後から電話で入れることにし、今日の診察は終了です。
肺の画像を見てもらい、意見が聞きたかったのですが、まだ読み込みが終わっていないようで見られず。残念でした。

紙を受け取って診察室を出ると、薬は院内処方とのこと。会計を済ませてから薬局でしばらく待ち、薬を受け取って終了です。
こっちのお代は780円ナリ。

ドクターはリン酸コデインを推奨していましたが、いつから飲み始めるか悩ましいところ。このところお通じはめちゃめちゃ快調なので、それが阻害されるのは辛いです。咳とどっちを取るか、究極の選択です。

コメント一覧

坪井 (11/02 20:57) 編集・削除

中目黒ではお世話になっています。

リンコデをいつから服用するかではなく、
何と共に服用するか…ではないでしょうか。

抗癌剤の点滴治療と同様で、
便秘してから下剤を併用するのではなく、
先に、もしくは同時に開始するのが通常の使い方です。

単体ではなく緩下剤と同時に処方するものだという考え方が広まって随分経ちますけどね。

咳は恐らく止まらないでしょうから、
早かれ遅かれリンコデは服用することになるでしょう。
開始のタイミングを逃すことがないように
現在の知識と、ご自身の考え方を合わせて
早めに飲み始めるのが吉だと思います。

熱が高ければ解熱剤、
痛ければ鎮痛剤という対症療法ですが、
呼吸だけは対症療法の薬剤がありません。
この位の知識は既にお持ちのことだと思います。

なんちゃってナースより

リスミン (11/02 22:14) 編集・削除

坪井さま、アドバイスをありがとうございます。
緩下剤としてマグラックス錠と、とんぷくとしてプルゼニド錠を処方してもらってあるので、リンコデ服用の際にはもちろん一緒に服用するつもりです。
1年前には抗生剤で炎症が治まった際に、咳も落ち着いたので、抗生剤の状況を10日ぐらいは様子見しようかなーと考えているところです。
一番症状がひどかったのが1週間ほど前で、それ以上には悪化していないのと、現実に痰が切れるとラクになる傾向があるので、本当にリンコデで良いのかどうかも迷いの一つです。
ま、いずれは服用することになるんでしょうけどね。

冷静なご意見、感謝!

坪井 (11/03 19:51) 編集・削除

偉そうに書いてすみませんです。

私も、臨床的には治療が困難と言われている癌で、
しかも再発までしているため、
「自分なら嫌」と思って、つい…。

運良く再発時に専門医にかかることが出来たため、
何とか生き延びている状態です。
癌専門ナースに「再発もしているし、
緩和の適応だと思うのだが」と相談したことがあります。
今年の3月くらいだったでしょうか。
「何か1つでも症状が出てからで遅くない」と回答をもらいました。
彼女は私がナースをしていたことを知っての上で返答です。

その時「緩和を受診することだけが緩和ではないと思って
日々患者と接している」という言葉をもらい、とても感銘を受けました。
それは、自分がそのようにしていなかったという事の裏返しでもあります。

リン酸コデインは麻薬ではなく「劇薬」です。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2242001B2300_1_03/
施設によって違いはあるかも知れませんが、
麻薬処方箋で出しているところもあるようです。

昭和50年代の後半から60年代前半は、
鎮咳剤(ちんがいざい=咳止め) or 止痢剤(しりざい=下痢止め)として使われていました。
副作用の腸管麻痺(便秘)が強いという一般人の概念ですが、
その裏には止痢剤として使われていたという背景が語られません。

そうそう、私が発病してから
「一般名フェンタニール」という薬剤の内服製剤が発売されました。
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44966/Default.aspx

フェンタニールは製造と販売が違う会社です。
2007年か2008年頃、当時の勤務先だった外科病棟で、
薬剤師に「フェンタニールの内服って無いの?」と聞いたら、
技術的に困難で開発途上という答えでした。
その後、自分で発売元と製造元に電話をかけ、
資料を送付してもらい勉強会を開催したこともあります。
フェンタニール、頭の隅に置いておいてくださいな。
役立つことがないにこしたことはありませんが。

どちらにしても、お互い苦痛のない暮らしでありますように。

坪井 (11/03 23:23) 編集・削除

咳は異常呼吸の1つですから、
肺転移による咳はリン酸コデインが正しい選択です。
わたくし如きが色々書くよりありました。

>本当にリンコデで良いのかどうか

「聖隷三方原病院症状緩和ガイド」
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/doc_kanwa/contents3/26.html

10月24日(金) 受診

ここ1年ぐらいは仕事の都合もあり、ずっと土曜日に受診してましたが、今月は土日で旅行に行く予定なので久々に金曜日受診です。

予約時間は14:30なので昼食後に家を出て、受け付けに着いたのは予約時間より少し早め。採血してから6階へ。
診察室に呼ばれて、ドクターは開口一番「咳、ひどくなりましたか? 熱、出ましたか?」
どうやら白血球の値が高かったようです。
ちょうど昨夜、38度越えの熱が出たところで、今日、その件を申告しようとしていたのですが、先を越されました。

8月中旬ぐらいから咳がひどくなり、ずっと続いている状態。最近特に悪化したわけではないですが、おさまりもせず、相変わらず続いています。

熱は昨年の例があるので朝晩せっせと測っていましたが、2週間ぐらい前から6度台後半になるようになり、2~3日前から7度越えに。昨晩はいよいよ38.1度まで上がってしまいました。風邪の様な症状はないので、おそらく腫瘍の関係だと思われます。
とりあえず予定通りゾメタとリュープリンをやり、その後肺のX線写真を撮り、再度診察で検討することにしました。

点滴用の針を刺してもらい、点滴室へ。今日は3番のリクライニングです。点滴は今日からゾメタのジェネリックになりました。先月までは瓶入り薬剤だったのですが、袋入りです。神奈川県立がんセンターの友人はヤクルトのだったそうですが、ここのはニプロ。時間や量はゾメタのときと同じです。
終了後に注射を打ってもらい、3階へ移動。
X線撮影は待ち時間もなく、すぐに撮ってくれてまた6階へ。
再診ですが、あまり待たずにまた診察室へ。
8月30日に撮った画像と比べてみましたが、肺炎にはなっていない様子。腫瘍の奥の白くなっているところが、少し濃くなっているようで、おそらく無気肺の部分のちょっとした炎症でしょうという診たてで、抗生剤を飲むことにしました。
腫瘍マーカーは先月とほぼ同じで、悪化の度合いはそれほど大きくはないという判断となり、基本治療であるアロマシンは変更なしです。

咳については発作的に咳き込むことがあり、なんとかなりませんかと聞いてみました。
昨年の肺炎ほどではないですが、炎症の影響があるかもしれず、抗生剤で改善する可能性もあります。しかし、抗生剤でも改善しない可能性も多々あるので、リン酸コデインを処方してもらいました。
副作用の便秘は出来れば御免蒙りたいのですが、抗生剤を1週間飲んでも改善しなければ、メジコンからのスイッチを試してみることにし、2週間分だけ処方してもらいました。

次回の診察は11月21日です。