記事一覧

11月21日(金) 受診

明日からは3連休。今月も土曜日から旅行の予定を入れてしまったので、2か月連続で金曜日受診です。しかも、午前中しか予約を取れなかったので、仕事は丸一日休みにしてしまいました。今年3月から9月までは怒涛の日々だったので、こんな日(通院のために一日仕事を休むことができる)がやってきたこと自体が嬉しいです。

さて、9時半予約のところ受付に着いたのは9時15分。いつも通り2階で採血をし6階へ。6階ロビーの待ち時間もほとんどなく診察室へ。

8日からリン酸コデインに変更しました。
咳は全体的には減少しましたが、発作的な咳は相変わらず時々出ます。
発熱で5日に受診した際に14日分処方してもらった抗生剤クラビットは、18日まで服用。8日に37.1度になった後はずっと36度台です。
14日未明に胃の激痛がありました。何年も前から時々出る症状と同じです。熱は出ませんでした。クラビットとの関係があったので手持ちのロキソニンは飲みませんでした。30分ほどでおさまってその後特に問題はありません。
リン酸コデインの副作用の便秘にはなっていません。別病院の緩和治療外来で緩下剤を出してくれたので、そもそもリン酸コデインには最初からマグラックスを併用しています。
最近腰痛があって、ちょっと気になります。
18日に膝を捻ってしまって痛いです。

大体こんなようなことを申告し、前回のCT(8月2日)から3か月以上経つことから、近いうちにPET-CTを撮ることにしました。
しかし、4週間後の受診日にはPET-CTの空きがなく、12月6日土曜日にPETだけ撮って、20日の定例の受診の際に結果も聞くことにしました。

私の現在の状況だと、インフルエンザや肺炎が最も要注意です。インフルエンザと肺炎球菌の予防接種はできるかどうか聞いてみたところ、同時は無理だが可能だとのこと。そこで先にインフルエンザのワクチン接種をし、しばらくして肺炎球菌のワクチン接種をしたいとリクエストしました。
ゾレドロン酸と同時の接種はできないということなので、6日のPETの後にできるかどうか調べておいてもらうことにしました。

今日の血液検査では白血球数は正常で、CRPも10月よりは下がっています。腫瘍マーカーの結果はまだ出ていませんが、前回のCEAは前々回に比べて特に上がってはなく、ホルモン療法は継続。薬は問診の結果いろいろ出してくれることとなり、アロマシン、メジコン、リン酸コデイン、マグラックス、ムコダイン、ブスコパン、クラビットと7種類にもなってしまいました。リン酸コデインとメジコンの併用もアリなんだそうです。ブスコパンは胃痛が出た時のため、クラビットは発熱した時のためのものです。

点滴の針を刺してもらって点滴室へ移動し、椅子は今回も3番。点滴の途中で咳の発作が出てしまい、看護師さんが2人がかりで背中をさすってくれました。見た目ほどは苦しくはないんですが、はたから見るとそうとう苦しそうに見えるようです。息苦しくもないのですが、機会があったら血中酸素飽和度でも測ってもらおうかしらん。

ということで、次回は12月6日です。

胃痙攣?

深夜に錦織対フェレールの試合を見てから寝たのですが、未明に目が覚め、トイレに行ってまた寝ようとしたところ、急に胃が痛くなりました。
痛みは急激に増し、あっという間に寝ていられなくなり、起き上がってもダメ。うずくまる格好で身動きが取れなくなり、「これは救急車を呼んだほうが良いか?」とまで考えました。(結局呼びませんでしたが)

同居人も目が覚めたようですが、ちっとも心配してくれる様子はなし。
ベッドの脇の床にうずくまる状態だったので、やっと「寒い」と言ったら暖房のスイッチを入れ、「28度にしたがまだ温かくならない」とのたまう。
私は声も出せない状態のところ、やっと「ふとんかけて」と伝え、背中にふとんをかけてもらいました。
その後、ぬるめの白湯を持ってきてもらい、何口か飲んだところでだんだん落ち着いてきました。
時計を見ていなかったので正確にはわかりませんが、治まるまで30分ぐらいだったでしょうか。
どうやら熱はないようです。
やっとベッドに寝られる状態になり、なんとか2時間ぐらい眠ったところでいつもの起床時刻に。

このタイプの胃痛はかなり昔に何度か経験したことがありますが、こんなに激烈なのは初めてです。
ネットで調べてみても当てはまるのは胃痙攣ぐらいですが、痙攣というより胃が石のように固まって周りに痛みを発信しているようなカンジ。どちらかと言えば胃炎の痛みですが、こんなに急に発生したり、治まったりするのでしょうか。
激痛を発する原因としては、胃潰瘍、胃炎のほかに、胆石や膵炎があるようですが、ちょっと違う感じ。
現在服用中の抗生剤クラビットの副作用に「けいれん」というのがあるのが、気になります。

リン酸コデインにスイッチ

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpg

今日から鎮咳薬をメジコンからリン酸コデインに変更してみます。
緩下剤のマグラックス錠も一緒にのみますが、さてどうなるか。

リン酸コデインは1回なんと4錠で1日3回。今は抗生剤も飲んでいるので朝飲む薬はこんな分量に。
メジコンやアロマシンと比べると、他の薬はみんなデカイ!

発熱で臨時に受診

10月24日の受診のときに抗生剤セフゾンをもらい、その夜から飲み始めて約10日。ずっと36度台だった熱があやしい感じになってきました。
咳のほうは10月28日ごろをピークにあまりひどくなってはいないので、リン酸コデインへの切り替えをしないままに来てしまっていましたが、11月2日夜には37.4度、3日夜には38.3度、4日夜にはとうとう39.3度に!
朝にはほぼ平熱で、全身状態も特に悪くはないのですが、夕方から熱が上がるというのは嫌なカンジです。
今朝は36.9度だったのですが、さすがに仕事を休み、主病院に電話してみたところ、外来がない日だったのですが診てくれることになりました。
11時に受け付け、待ち時間もほぼなく診察。問診のみでしたが状況を説明して、別の抗生剤クラビットを処方してもらいました。
今日は夜になっても37度程度であまり高熱にはなりません。
何故か熱が出るようになって咳のほうは少なくなってきました。
からだの中では何が起きているんでしょうね。

コメント一覧

坪井 (11/08 15:24) 編集・削除

お互い、大変なことになってますね。
私も今年3回目の手術かも。
果たして、今月の中目黒は行けるのか…!?

リスミン (11/09 08:56) 編集・削除

坪井さま
指の化膿ですか。痛いのはいやですねー。