記事一覧

1月31日(土) 臨時に受診

1月26日に38度超の熱を出し、頭痛もあって2日間は大人しく寝ていました。インフルエンザ様の症状はないので、どうやら扁桃炎か肺の炎症のようです。
熱が出たら飲むようにと、クラビット(抗生剤)が処方されていたので27日から飲み始めたのですが、咳はひどくなる一方。
先週まで早朝に痰が出ると一日ラクな状態が続いていたのですが、今週になってからは逆に痰が出ません。出ても透明なもので、貯留していたのが排出されているカンジではありません。
気管の奥がむずむずして咳が出るのですが、痰が出ないためにいつまで経ってもすっきりしない状態が続きます。
熱はすっかり下がり、咳以外は体調も悪くないので、28日水曜日から出勤していますが、今朝は起きたら左の肋骨がかなり痛みます。咳のしすぎで折ったかもしれません。
肋骨の痛みの件と、クラビットをいつまで飲めばよいか、咳や痰をなんとかする方法はないか、ドクターと相談してみようと考え、朝クリニックに電話を入れました。
午後1時半なら診察可能ということで行くことにしました。
それまでは痛む肋骨を庇いながら、ゆっくりのんびり掃除と洗濯を片付けました。

クリニックには1時20分ごろ到着。血液検査をし、胸部レントゲンを撮ってから6階のロビーで待ちます。
急な予約であることと、画像や血液検査の結果を待っていることもあり、診察室に呼ばれたのは2時近く。前回受診の1月16日以後の状況を話すと、画像上はほんの少しですが、やはりその時よりは肺に炎症が出ている様子です。肋骨は折れている様子はなし。軟骨にヒビが入ったか、肋間の筋肉痛でしょうとのこと。全体として血液検査結果も画像上もたいしたことはないのですが、問題は咳。26日に受診した緩和治療外来ではこれ以上強力な鎮咳薬としてはオプソ(モルヒネ)という話があったのですが、主治医のドクターとしては薬で抑えるのではなく、肺の炎症を解消するほうがお勧めのようです。クラビットは既に5日間飲んでいるので他の抗生剤をダブルで試してみることにしました。それと、痰がちゃんと出ると調子がいいので、痰を出やすくする薬として現在のムコダインの他にもう一つムコソルバンをダブルで飲んでみることにしました。作用機序が少し違うようです。
ダブル抗生剤というのは禁忌ではないが、普通はあまりやらないみたい。でも1週間程度の短期であればいいかなということで、短期集中の投薬治療を試してみることにしました。

帰りに地元の調剤薬局で処方箋を出すと、なかなか薬が出てきません。やっと呼ばれるとダブル抗生剤の理由をしつこく聞かれてしまいました。ふぅ。

ふむふむ 去痰法

咳が酷いのを知った看護師の姪から「呼吸リハビリとか呼吸訓練とか調べてみたら」というメールが来たので、いろいろ調べてみたのですが、あるドクター(主治医でない)からは「呼吸訓練は息苦しさ(動作時の息苦しさも含む)に対して、呼吸に使用する筋力をupさせること、効率よく呼吸できるようなコツをつかんでもらうことを目的として行います。咳は気道の過敏性(気管の内面がいがいがして、ちょっとした拍子に咳が出てしまう)が主要因です。こちらに対しての呼吸訓練(呼吸リハビリ)は直接的には効果がないでしょう。やはり、薬物療法が主体になると思います。」というアドバイスがあり、呼吸訓練はNGということが判明しました。

しかし、呼吸リハビリについてググっているうちに、去痰法というのもあることを知りました。

上手な痰の出し方
http://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/copd/sputum/index.html

呼吸理学療法
http://www.toneyama-hosp.jp/patient/forpatient/pdf/care2008-06.pdf
http://www.toneyama-hosp.jp/patient/forpatient/index.html

近頃は痰を出すのに苦労しているので、これらが参考になります。

「ポイント 咳は3回まで。それ以上おこなうと疲れます。」との記載がありましたが、私は毎朝3回どころか30回以上咳をしています。それでも特に疲れないのは、やっぱりまだ体力があるのかしらん???
咳しても痩せないし・・・。

緩和外来受診

今日は15:20の予約。
せっかく錦織君の試合を見てから行こうと思ったのに、試合開始の時間が遅くなって開始時間にはもう家を出る時間となり残念。
しかも、昨夜から頭痛がしていていやなカンジ。熱を測ったらまだ36.8℃でしたが、絶対にこれから熱が出る気配。

病院へは15:00ごろ到着。ちょうどロビーで錦織戦を中継していたので、これ幸いと待ち時間に観戦。1セット終わったところで中待合いに呼ばれました。
中待合いに入るとすぐに診察室へ。
前回の受診の後からの咳の症状を話し、現在の治療を報告し、他には特にすることはありません。

次回は3月2日。ドクターから話しておくことがあるということで年度内の受診を促されたのですが、どういうことでしょうか。私の症状があまりにも変化なしで緩和外来ですることがないので、一旦終了にし、再度必要になってから改めて初診でかかるようにと言われるのか?と思いましたが、そうなったら、最近の緩和治療の中で推奨されている「初期からの緩和ケア」に反するのではないかと突っ込んでみようと思います。
あるいは、ドクターが他の病院に移るのか。どこの大学病院に教授として引き抜かれてもおかしくないかたなので、それもありかもです。そうなったら、ドクターについていくのか、病院に残るのか選択しなければなりません。
うーん、どんな展開になるのでしょうか。

帰宅したら案の定38度越えの発熱。即、寝ました。

パルスオキシメーター

ファイル 156-1.jpg

ネットで検索してみたら9,444円(税込・送料無料)で売っていたので買ってみました。
My Pulse Oximeter GET!

指を入れると電源onし、勝手に測ってくれます。
指を抜くと7秒後に電源offします。
単4乾電池1本で動きます。

1月17日(土) 受診+ランチ

今年初めての受診です。

今月に入ってからまた咳が多くなり、数日前からは痰も増えて、これはそろそろヤバいかもという状況。
12月には息をするときにゴボゴボ音がしていたのが、音が出なくなったら一定以上は息が吸えない状態に。一昨年10月に深呼吸ができなくなったのと同じような状況で、無気肺が拡大しているというのが自己診断です。音がしなくなった最初のころは、これ以上息が吸えないというタイミングで胸に痛みを感じたりしていたのですが、しばらくするとその痛みはあまり感じなくなっています。状況が改善したのか、その状況に慣れたのかは不明。そのころから息切れを自覚するようになったこともあり、最悪の場合は一昨年10月にドクターから脅かされたように呼吸困難で救急搬送なんてこともないとは言えません。
きっと今日は胸部レントゲンだなぁと思いながらクリニックに向かいました。

予約より少し早めの9時15分に受付し、採血のあと診察に向かいます。呼ばれたのは9時40分ごろ。
診察室に入って問診で上記のことを話すと、案の定、レントゲンを撮りましょうということになりました。
12月27日のめまいの件と、12月30日の胸部痛発作の件も申告。
レントゲンを撮ってから再度診察ということで、まずは針を刺してもらってゾレドロン酸点滴です。
今日は同じ時間帯に点滴の人が多く、リクライニングは8番でした。

30分の点滴の後、リュープリンを打ってもらって2階へ移動。胸部レントゲンを撮って6階に戻ります。
戻るとほどなく名前を呼ばれ、再度診察室へ。
レントゲンの結果は意外なものでした。
なんと、無気肺の画像が消えているのです。
ドクターは「まるで別人の写真」と言っていましたが、肺炎等の所見もなく、腫瘍の部分もこの写真にはほとんど写っていません。
「これって改善しているってこと?」と聞いてみましたが、「たぶん」という返事。症状と矛盾する画像に、私も喜んでいいのか、そうでもないのか、複雑な心境です。
腫瘍マーカーは今日の分はまだわからず、1カ月前の数値ではCEAも1CTPも上昇しています。
CEA 9月6.3→10月5.3→11月6.7→12月8.1
1CTP 9月4.7→10月3.2→11月5.2→12月6.0

口内炎ができていることもあり、今日のCRP値は1.4でした。

この状況では治療を変更する理由はなく、引き続きアロマシンです。
ASCO2014で「1年以上ビスホスホネート製剤を毎月静注していた患者さんでは、その後はゾレドロン酸の頻度を12週間(3カ月)に1回にしても、4週間(1カ月)に1回の場合と同程度の効果がある。」という発表があったことについて尋ねてみましたが、まだこぞって臨床に適用するほどにはなっていない模様。そのうち間隔をあけてもらう含みを持たせて、今回は変更なしです。
リン酸コデイン、メジコン、ムコダインも引き続き。
マグラックスは服用しなくても便秘がないので無しに。
写真に炎症の兆候がないため、抗生剤も無し。
口内炎は自分で売薬を買うことにし処方無し。(処方薬だとケナログになっちゃうので貼り薬のほうが好み)

リュープリンをいつまで続けるかというのも懸案です。症状や腫瘍マーカーが安定していれば、一度休止してみたいと考えていますが、今のタイミングは難しい。
また、近いうちに肺炎球菌の予防注射をしてもらいたいのですが、これはゾレドロン酸と同じ日は避けたほうが良いので、別の日に受診する必要があります。ということでこれも懸案。

最後に、次の治療選択について話がありました。
いずれアロマシンから変更する時期が来ることは間違いありません。その時の選択肢としては、ドクターはフルベストラント(フェソロデックス)を考えているようです。ということで冊子をもらいました。
他の選択肢としては以下のものが考えられます。
・高用量トレミフェン(フェアストン120mg)
・エベロリムス(アフィニトール)
・プロゲステロン(ヒスロンH)

この他、抗がん剤のファーストラインでTS-1を使ってもタキサン系薬剤に劣らないという発表が最近あったことからTS-1という選択肢もあるし、ゼローダという選択肢もある。
いずれにしても当分は様子見です。

次回は2月14日(土)に受診することにし、本日は終了です。

実は今日、この後同居人と友人と3人でクリニック内のレストランでランチの予定なのです。
一度行ってみたいと機会を窺っていたのですが、今回ようやく実現の運びとなりました。
ランチの記事はこちら。↓
http://new.life.coocan.jp/risumin/miyage/diary.cgi?no=102