記事一覧

3月27日(金) 臨時に受診

23日月曜日の夜から発熱があり、24日朝から抗生剤のクラビットを飲み始めたのですが、朝は平熱で全身状態は悪くないにもかかわらず、夕方になると38度超の発熱という状況が改善しないため、クリニックに電話して急きょ診察を入れてもらいました。抗生剤は他にも手持ちが2種類あるのですが、セフゾンに変えてみるかどうか、やはり主治医の意見を聞いたほうが良いとの判断。(メールで聞くと「受診してください」って言われるし。当然ですが)
年度末で仕事はお尻に火がついているのですが、なんとか時間休をとってクリニックに向かいます。

3時15分の予約のところ5分前に受け付けでき、15分には診察室に呼ばれました。発熱の状況を話すと予想通り血液検査と胸部レントゲンを撮るようにとの指示。20分には血液採取をし、25分には画像検査の受け付け。35分にはX線の撮影をし、45分にはまた乳腺外科の待合いロビーに戻ります。血液検査の結果が出るのを待って診察室に呼ばれると、これも予想通り白血球とCRPが上がっていて、抗生剤を変えましょうということになりました。今度の薬はダラシンというカプセルで1日4回服用するもの。経過を確認するために4月4日の受診予約を入れ、16:10には診察終了。

変更した抗生剤はさっそく今晩から飲むようにとの主治医の指示なので、帰宅途中に薬局に寄りました。混んでいたせいもあり「なかなか呼ばれないなぁ」と思っていたら、またまた薬剤の数量が不足しているとのこと。不足分は後日取りに来ることとしました。
受け取って気づいたダラシンカプセル。1日4回服用とのことですが、要するに6時間おきに飲むのです。間隔はあまり短くならないほうが良いようで、食事とは無関係に朝6時、正午、夕方6時、夜の12時の4回。服用管理が大変です。

年度末の発熱!

昨日、午後からいやーな感じになり、案の定、帰宅して熱を計ったら38度超。家でやろうと思っていた仕事をあきらめ、早々に寝ました。

今朝は平熱だったので、このままだと有難いと思ったのですが、念のためクラビットを飲み始めました。
ドクターからは「熱が出たら手持ちの抗生剤を飲むように」と言われているのですが、クラビット、セフゾン、オーグメンチンと3種類もあるので迷ってしまいます。とりあえず1日1回の服用で済むクラビットにしてみました。

今日も午後になるといやーなカンジ。帰宅して熱を計るとやはり38度超。
この時期、休むわけにはいかないので、なんとかクラビットが効いてほしいです。週末は温泉の予定だし。

3月14日(土) 受診

予約はいつもの9時半。9時20分ぐらいに受け付けをすると、血液検査をして乳腺外科の待合いロビーに到着するのがちょうど9時半ぐらいになります。

10分ほど待つと名前を呼ばれ、診察です。
この1か月は熱も出なかったし、特に変わったことはありませんでした。
1週間ほど前に謎の胸痛発作があったくらい。これも原因は謎のままですが、30分ほどで自然に治ったので引き続き様子見です。

緩和治療外来のドクターが変更になる件を報告し、前回の血液検査の結果を聞くと、CEAが12.1ng/ml(2月14日)と、またまた上昇していました。
でも、CEAの結果だけでは薬剤の変更は行いません。
症状は特に変化はないし、次回の受診の際にCTの予約を入れることにし、その結果を見てからでも判断は遅くないようです。

ということで薬はいつもどおりアロマシンと鎮咳薬2種、去痰薬2種。点滴の針を刺してもらい、ゾレドロン酸の点滴とリュープリンの注射を受けて終了です。点滴の椅子は今月も7番でした。

次回は4月18日の予定です。

腸内フローラ

2月22日に放送されたNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」は、とても面白かったです。

人間の腸の中には数百種類の細菌が住んでいて、総数は100兆匹以上。その細菌が出す物質によって、我々の体に様々な影響を及ぼしているそうです。

活発なネズミと臆病なネズミの腸内細菌を入れ替えると、性格まで入れ替わってしまうとか、腸内を無菌状態にしたネズミに、太りやすい人の腸内細菌と太りにくい人の腸内細菌を入れると、ネズミも太りやすくなったり、太りにくくなったり。
これまで「体質」と考えられていたことや、因果関係が明らかでもその仕組みが不明だったものが、実は腸内細菌が関係しているということが解ってきたそうです。

もちろん、腸内細菌がすべてではないでしょうかが、DNAや環境だけで説明できなかったものが、徐々に解明されてきているようです。

あと、人間の便の半分ぐらいは腸内細菌の死骸だとか。初めて知りました。抗生剤を飲むとなぜおなかがゆるくなるのか理解できました。

イヤなヤツへの対処法

とっても面白い記事を発見。

「クラッシャー指導医」にはこう立ち向かえ!
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201503/540964.html

これ、「クラッシャー指導医」だけでなく、普通の会社のイヤな上司や先輩にも当てはまるし、通常の人間関係にも応用できますね。

私も患者同士の会話の中で、ドクターについての評価を求められることがあるのですが、優秀なドクターかどうかは軽率には評価できません。ただ、あまり好ましくない医師の場合には「私は虫が好かない」とか言うことがあります。

緩和治療外来受診

前回の受診時に年度内の受診を促され、めずらしく1か月少々のスパンでの受診です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=157

今日の予約は時間もめずらしく午前11時。仕事のほうはホントは月初は休みにくいのですが、何とか調整して1日有給休暇です。
終了後は平日昼間でなければできない用事を済ませる目論見。

病院に到着して受け付けをしたのが11時10分前ぐらい。結局診察室に呼ばれたのは12時過ぎで、普段通院しているクリニックとは大違いです。こういうところが大きな病院は面倒です。
待っている間、初めのころはKindleで『吾輩は猫である』を読んでいたのですが段々眠くなってきたので途中からは院内患者観察に変更。もちろん患者ばかりでなく、付添いとか家族もいるとは思いますが、意外に若い人が多いです。

さて、診察ではあまり報告することはありません。
前回の受診日(1/26)の夜に38度超の熱を出したこと。翌日には下がったが抗生剤を5日間飲み、1/31に主治医のところに受診してさらに別の抗生剤をダブルで1週間飲んだこと。咳や痰はあまりひどくはないが、治まってはいないこと、などなど。

で、ドクターの話はご自身の退職のことでした。
今年度限りでこの病院を辞め、かねてよりやりたいと考えていた在宅緩和を始めるとのことでした。開業ではなく、在宅医療をやっているクリニックに移るとのこと。
後任のドクターは決まったとのことで、大学病院からいらっしゃるそうです。
私の受診の目的は緩和病棟への入院(もちろん必要になった際ですが)なので、在宅をやるドクターについていくわけにはいかず、後任のドクターに引き継がれることとなりました。
ということで、このドクターの診察を受けるのは今日が最後です。
次回は、何か変化があったら電話で予約して受診することとし、終了です。