記事一覧

5月30日(土) 受診

先週のCTの結果を受けて、今日は次の治療選択を決める日です。

予約はいつもより少々遅くて11:30。11:15ごろにはクリニックに到着し、受け付けをし待ち合いロビーへ。意外に空いています。
ほぼ予約時間ぐらいに名前を呼ばれて診察室へ。
で、治療選択の結論は・・・。
 私「覚悟を決めてきました」
 ドクター「抗がん剤、やりますか」
 私「はい」
ということで、Chemoデビューすることになりました。

正式なセカンドオピニオンではないが個人的に親しくさせてもらっているS医師とK医師にメールで相談し、今の状況ならChemoにスイッチするのは妥当とのご意見をもらったことも報告。薬剤選択についてはいろいろ意見はあるのものの、私自身の都合なども勘案すると、まずはアブラキサンでスタートということも主治医のドクターの提案どおりということになりました。私としての治療の目的はQOLの維持であり、今の症状改善が最優先であることも再度伝えました。Chemoによる副作用と症状改善の可能性を天秤にかけ決めたわけです。
このクリニックでは中心静脈ポート留置を行うということです。
アブラキサンの副作用としては抹消神経障害、骨髄抑制、だるさなど。アブラキサンは前投与が不要ということで、デキサメタゾンはなし。吐き気は大丈夫かしらん???

スケジュールについてや、今後の段取りを確認するために、看護師さんにバトンタッチし別室に移動します。
看護師さんからはChemoを開始するにあたって、看護師によるオリエンテーションの実施、ポート挿入の日帰り手術、その翌日の創チェックがあるということ。アブラキサンは3週1回投与なので、投与の翌週にも受診するということ。副作用として脱毛は必至なので、その対応が必要であることなどの話がありました。
初回投与までの段取りがいろいろあり、最も早いタイミングを逃すと次は1か月先になってしまうようです。「別のホルモン剤で様子を見るような悠長なことは言ってられない」ということでChemoにスイッチするにもかかわらず、他の要因で先延ばしになるなら、その間の治療はどうなるのでしょうか。既に効かなくなっている(と思われる)アロマシンを続けるくらいなら、Chemoを始めるまでの短期間でも別の薬を試してくれてもよさそうなのに・・・、ブツブツ。
6月3日にポート挿入ができれば、最短で6日の投与開始ができるようです。
3日は別病院の緩和治療科受診の予定が入っていますが、その予定を変更することにし、2日オリエンテーション、3日ポート挿入、4日創チェックをお願いすることにしました。ただし、3週ごとの今後のスケジュールを勘案すると初回投与は13日のほうがよさそうです。その希望を伝え、スケジュールを受けての説明を聞くために再度午後に来ることになりました。時間調整のため、一旦昼食を摂りに外出します。

昼食後、2時過ぎに再来院。
診察室に呼ばれて再び今後の説明や段取りやその他もろもろの話です。
メインの治療をChemoにスイッチするとしても、ゾレドロン酸と咳対策の薬剤服用は継続です。
咳の薬はこれまでどおりリン酸コデイン(鎮咳薬)、メジコン(鎮咳薬)、ムコダイン(去痰薬)、ムコソルバン(去痰薬)、フルティフォーム(吸入ステロイド)で、それに加えて漢方薬の麦門冬湯はどうかと聞いてみたところ、追加するのはOKということで、とりあえず2週間分処方してもらいました。
ゾレドロン酸はアブラキサンの投与スケジュールに合わせて3週1回にするということだったので、6週1回にしてもらえないか聞いてみたところ、これについてはシブい回答。次回に持ち越しとなりました。
またアブラキサン4クールの次にどうするかについても、今後に持ち越しとなりました。
ドクターは今日はかなり体調不良とのことで、私のイレギュラーな質問&要望に今日は対応困難のようです。
後でも大丈夫なことは持ち越しとし、再び場所を変えて看護師さんとカウンセリング。午前中からずーっと付き合ってくれている看護師さんで、ポート挿入のときも担当とのこと。ドクターには聞きにくいことをいくつかリサーチ。このクリニックで化学療法をやるのは初発の補助療法が大半かと思っていたのですが、再発患者もめずらしくないようです。ただ、クリニックということもあって、病状が進行すると大学病院などの転院することになるとのこと。遠方の人は地元のがんセンターなどに移っていくようです。
半分世間話のようなことも少し会話しました。

最後に検査センターに寄り、身長体重測定と血液採取をして終了です。
会計が終了したのは15:45。めずらしく長時間の受診でした。

5月23日(土) CT+受診 → 究極の選択!

きょうはCT検査です。
昨年9月から出始めた咳はだんだん酷くなるし、肺の炎症と思われる発熱の頻度も増してるし、腫瘍マーカーのCEAは上昇しっぱなしだし、増悪しているというのは予想の範囲。それがどの程度かというのが問題です。
昨年12月のPET-CTは思ったほど悪くなかったし、1月の胸部X線では「別人の画像かと思いました」とドクターに言われるほど無気肺が映ってなかったし、でも期待は禁物。常に最悪の結果に備えて心構えをしておくというのが私のポリシーです。

造影剤を使うので朝食は抜き。9時40分からの検査なので30分前の9時10分までには受け付けをする必要があります。
ちょうど時間ぐらいにクリニックに到着し、3階の画像センターへ。待ち合いの椅子に座っていると看護師さんがやってきて、事前の確認や注意などをいくつか。
仰向けになったり、深呼吸をすると咳が出るので、撮影に支障が出そうなことを申告すると、撮影スタッフのドクターや技師さんに伝えてくれました。昨年9月のMRIのときは2回ほど中断してしまったのですが、CTは静止が必要な時間が短いので、何とか頑張って撮影したいです。
その後、朝から水をコップ1杯ぐらいしか飲んでないので、造影剤が早く排出されるようにと紙コップに水を持ってきてくれました。ところが、8割ぐらい飲んだところでどういうわけかこぼしてしまい、ズボンがびちゃびちゃ。受付のクラークさんにタオルを貸してもらいました。

時間になってCT室に入るころにはほぼ乾いて水ジミも目立たなくなったので一安心。
検査着に着替えて検査台に乗ります。
今回も前回同様、首から腰までだけでなく頭部も撮影するようです。
検査台に乗っても時々咳が出るのでスタッフがとても心配してくれましたが、「大丈夫ですか?」と聞かれても答えようがありません。
頃合いを見計らって撮影し、何とか無事に終わらせることができました。

その後、診察まで1時間半以上時間が空くので一旦外出し、ブランチにしました。

11時半ぐらいに乳腺外科の待合いに行き、少々待つと名前を呼ばれます。診察室に入るとドクターはかなり難しい顔をしています。「これは良くない結果だな」と思ったら、案の定、肺の転移巣はかなり増悪していました。腫瘍と無気肺の部分を合わせて、右肺の4分の1ぐらいになっているそうです。そのうち腫瘍がどのぐらいの大きさを占めるかは画像では判別できません。最悪、全部が腫瘍なんてことも。
他に、右鎖骨の脇あたりのリンパ節(縦隔リンパ節)にも転移があるようです。胸骨の転移巣はどちらかといえば縮小している様子です。時々痛みのある右の腰や、左肩の付け根に異常はありません。脳や他の臓器にも問題はないようです。

ということで、当然のことながら治療の変更になるのですが、ドクターの提示は化学療法。3月末と4月初めに胸部X線撮影をしているのですが、その時の状況から考えてもここ1~2か月で病勢が急激に増しているという判断です。腫瘍マーカーも上昇し続けているし、このタイミングでしっかり抑え込まないと時期を逸してしまい、生命予後に影響が出かねないようです。
薬剤を変えるなら次はヒスロンHにしようと考えていたのですが、どうやらそんな悠長なことは言っていられないようです。
化学療法をやるならまずはアブラキサンということで、来週までにどうするかを決めることになりました。

QOLを下げてもこのタイミングで化学療法をやる価値があるかどうか。究極の選択をしなければなりません。

次の受診は5月30日(土)です。

5月16日(土) 受診

月曜日に内科を受診したので今週2回目の受診です。
やや早めの9時15分にクリニックに到着するとすぐに受付して2階の血液検査へ。そこも待ち時間はほとんどなく血液採取が終わって6階へ。眠かったので待合いロビーではぼーっとテレビを眺めながら半分寝ていましたが、4人目ぐらいで名前を呼ばれて診察室へ。
問診で咳がかなりひどいことを言うと、これ以上は抗がん剤で元の腫瘍を小さくするぐらいしか方法がないという見解。どのみち来週にCTの予定になっているので、その結果を見て今後の治療を決めましょうということになりました。
ということで薬はとりあえず来週までのつなぎとして、1週間分だけ処方。
先月のCEAは最高値を更新。14.9でした。1CTPは下がっています。
点滴のルート取りはめずらしくいつもの場所が痛かったので、手首に近いほうの位置に変更。点滴のリクライニングは3番でした。

点滴が終わってリュープリンを打って会計を済ませると10時35分。今日はかなり早かったです。

5月11日(月) 肺炎球菌ワクチン接種

2週間前は抗生剤服用中で接種できませんでしたが、今回は熱もなく体調万全。抗生剤も3日前から飲んでいません。

朝イチの予約なので8時45分ぐらいにはクリニック到着。受付をして2階に行くと、まずは接種の問診票記入と体温測定です。
診察室に呼ばれて簡単に体調確認。「今日、打っちゃいましょう」とドクターからGOが出てひと安心です。
一旦、診察室から出て少し待つと、今度は処置室に呼ばれて注射です。
すぐに終了し、会計をしてクリニックを出たのが9時20分。約30分の滞在でした。