記事一覧

7月31日(金) 3回目の点滴

仕事は都合よく1日休みにできたので、本来であれば明日の土曜日が3回目の点滴なのですが、1日前倒しにしてもらいました。
8時半までにクリニックに行くには通勤ラッシュ時間帯なので、看護師さんは心配してくれていましたが、特に問題なく到着。8時半から血圧測定→採血→身長体重測定→着替え→体温測定→看護師さんの問診と順調に進みます。
トイレを済ませて待合いで待っていると、9時20分ごろには診察室に呼ばれました。

今日は穏便に済ませようという作戦なので、アンケートには余計なことは書かずに提出しています。
ドクターも2週間前とは少々異なる雰囲気。血液検査の結果は問題なしで今日の点滴は実施可。CRPの値は正常値になっていて、炎症も無くなっている模様。咳が少なくなったことや、一時期血痰が多くなっていたが、その後痰自体もほとんど無くなったことを報告すると、「薬が効いているようですね」。
手持ちの薬の数のメモを見せながら今後の鎮咳薬と去痰薬に服用について相談すると、「根拠は特にないのですが」と言いながら、私の考えどおり去痰薬は服用を続け、鎮咳薬は徐々に減らして行っても良いと言ってくれました。手持ちのロキソニンが無くなってしまったため、点滴後の足の痛みに備えて10回分処方。リリカは引き続き服用するために4週間分処方してもらいました。
1週間後の副作用チェックは金土とも予定があるため、6日木曜日にしてもらいました。このあたりのリクエストにはすんなり応じてくれます。
最後にポートのセプタムに針を刺して診察室を出ます。

化学療法室に移動すると本日の椅子は2番でした。(初めてかも)
最初にゾレドロン酸の点滴が30分。その後アブラキサン30分の予定なのですが、なかなか落ちなくて50分ぐらいかかりました。最後に生食を15分流して終了です。生食点滴の間に検温と血圧測定をして異常なしを確認します。ブルーファイルを受け取って受付で次回の予約時間を決め、1階で会計して終了です。会計といっても既に高額療養費限度額を超過しているので支払いはなしです。

クリニックを出たのは11時半ごろ。外は猛暑です。
次回の来院日は8月6日です。

7月18日(土) 受診

投与1週間目の副作用チェックの日です。
今日は午前中が混んでいたため午後4時の受診予約。その1時間前に採血です。本当は今日から旅行の予定で、1週間目チェックは金曜日の朝イチにしようと目論んでいたのですが、スケジュールを総合的に見直し、旅行は日~月に変更しました。変更したのは1か月前だったのですが、その判断は大正解。台風の影響で今日までは天気が悪く、月曜日には晴れるとの予報になっています。

道路が混んでいて駅までかなり時間がかかり、クリニック到着は予定時間をやや超過。でも問題なく血液センターで採血。血液検査の結果は早く出たようで、持参の読み物をロビーで読む間もなく、予約の4時よりかなり早めに診察室へ呼ばれました。

診察はほぼいつもどおり、血液検査の結果は白血球3700で問題なし。副作用は1回目のときとほぼ同じで、投与3日目の足の痛み、しびれ、発熱。うっかりして発熱時用の抗生剤をもらっていなかったので以前に処方されていたオーグメンチンを飲んでいることを報告。次に熱が出た時のためにダラシンカプセルを処方してもらいました。
それと、今回は15日水曜日に一時的にですが吐き気が出たことを報告。あいにくカイトリルを持っていなかったので飲まずに済ませてしまったのですが、遅発性の吐き気でもカイトリルで良いとのこと。次の投与までに再び吐き気が起きることはまずないでしょうが、次回はちゃんとカイトリルを常備しておこうと思います。
便秘や下痢はなし。
手足のしびれは許容範囲。
湿疹はほぼなしですが、1回目のときに出た手の甲に同じようにちょっと出ています。
脱毛は95%抜けた状態ですが、問診では話題にもなりません。

アンケートに書いた今後の治療方針については、ややキツイ口調でのドクターからの意見がありましたが、それについては私なりに考えることとして診察終了。次回の点滴は1日前倒しできるかどうかダメもとで聞いてみたところ、それについては看護師の体制次第ということでOKとなりました。

診察室を出た後、看護師さんが心配してか、受け付けまでついて来てくれました。あんな言い方をされるとめげてしまう患者さんもいるかもしれません。主治医とは16年来の付き合いですが、あそこまできつく言われたのは初めてです。主治医なりのプライドがそうさせるのか、あるいは面倒な患者を厄介払いしたいのか。ただ、今このタイミングで転院するのも大ごとなので、なんとかあと4か月は平穏に済ませようと思います。

ということで、次回の3回目の点滴は7月31日(金)です。

7月11日(土) 投与2回目

今日はアブラキサン投与の2回目です。
(アブラキサンはアルブミン懸濁型のパクリタキセルです)

アサイチの受け付けのためにいつもの出勤時間よりかなり早い7時半に家を出ます。すると、バス→地下鉄の乗り継ぎもスムーズで、かなり早めにクリニックに到着。
8時半から血圧測定、採血、着替え、検温、看護師さんによる事前問診と順調に進みます。
看護師さんの事前問診では、前回、咳がかなりひどかったため、今回は点滴室の席の位置を工夫しましょうかとのお話。前回よりは咳は減ったので、それはお任せしますということしました。
そしてドクターの診察。
前回以来、特に大きな問題はなく、本日の血液検査の結果も問題なしのため、2回目の点滴実施決定です。
問診用のアンケート用紙には、質問したいことの欄に4クール施行後の画像検査のタイミングと次の薬剤選択について書いておいたのですが、画像検査は4回目の点滴の翌々週ぐらいとのこと。順調にいけば9月5日になりそうです。次の薬剤については今は決められないので、まだ根回しの状態です。主治医も知っている関西の某ドクターは「FECでなくてECで十分」と言っていたことを伝えておきました。
薬の処方はリン酸コデイン、ムコダイン、ムコソルバン、麦門冬湯、リリカをそれぞれ28日分。次回の来院日を18日に決めてからポートにぐいっと針を刺し、そのままの状態で点滴室へ移動。きょうはゾレドロン酸なしなので、アブラキサンの準備ができるまでリクライニングで少々待ちます。
席の関係で時計が見えませんでしたが、10時前ぐらいには点滴開始。30分で終了すると看護師さんが点滴を外そうとするので、「生食は・・・」というと、どうやらうっかり忘れていたみたいです。あぶないあぶない。生食に差し替えて15分流し、本当に終了です。終了間際に体温と血圧を測定し、問題なしを確認。

会計が終わってクリニックを出たのがちょうど11時ぐらいでした。
次回は1週間後の18日に副作用の確認です。

帰宅後、昼食をとってからめずらしくぐったりし、午後はたっぷり昼寝をしました。