記事一覧

8月28日(金) 受診

土日は温泉旅行の予定があるので、副作用チェックの受診は金曜日にしてもらいました。でも、朝イチのつもりが金曜日は午後しかダメということで、逆に午後の一番遅い時間にしてもらい、仕事を3時で切り上げてクリニックに向かいました。

予定時間よりかなり早めに受け付けし、まずは採血。その後6階へ。待ち合いロビーでしばらく待つと名前を呼ばれて診察室へ。
血液検査の結果は特に大きな問題はなし。ドクターの計画では来週にCT検査で効果判定をし、その翌週(アブラキサンの最終点滴から3週間後)に第1回のFEC点滴に入りたかったようですが、私が平日は休めないというと、結局、CTの予約は9月19日になってしまいました。ドクターとしては不本意な様子ですが、私としては1回休みってカンジで、体調を戻すのに超ラッキーです。しかも、CTの翌週は旅行の予定が入っているので、FEC開始は早くても10月になります。これで9月末の旅行は体調万全で楽しめそうです。

ということで、次回の来院日は9月19日(土)です。

8月22日(土) 4回目の点滴

アブラキサン4クール目です。一応、アブラキサンは今回で終わりの予定。抹消神経障害は蓄積するカンジなので、心情的にもそろそろ終わりにしたいところです。ただし、次のFECは吐き気が強い薬剤なので、副作用をどの程度コントロールできるか少々心配です。

7時半に家を出て順調にクリニックに到着。検査開始時間の8時半にまず血圧を測定し、その後身長体重測定と採血。乳腺外科のフロアへ移動して着替えと体温測定。今回は体調上も特に問題なかったので看護師さんの問診もすぐに終わり、診察室に呼ばれました。
ドクターの問診も特に変わったことはなし。血液検査の結果も問題なしなので、予定通り点滴です。8月6日の血液検査の際の腫瘍マーカーは、反応していたCEAと1CTPが最高値だった7月11日に比べて若干下がっていました。CEAが25.8→19.6、1CTPが8.2→6.3です。症状は咳も血痰もなくなくり、かなり改善していますが、画像検査もこれからだし、まだまだ予断を許しません。

薬は服用継続することにしたリン酸コデインの処方のみお願いしました。リン酸コデインは便秘の副作用があるのですが、私の場合は止めるとお腹が緩くなり、飲んでいるほうが快調なのです。そのため、メジコンに切り替えようと思っていたのですが、当分の間はリン酸コデインを継続することにしました。

今日の点滴、ゾレドロン酸についてはパスしたいところですがドクターがぜひやりたいと強く主張するので渋々承諾し、最後はポートに針を刺して終了・・・のはずが、ドクターは何故か腕に針を刺そうとします。私が「腕ですか?」と聞くと「あ、ポートだ!」と気が付き、ポートに針を刺して無事診察室を出ました。

化学療法室のリクライニングは、今日は3番です。眠かったので点滴中はほぼ寝ていました。
会計まで終了してクリニックを出たのは11時10分ごろ。
次回の受診は8月28日(金)です。

第1回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「がん治療とお口の関係」
~安全ながん治療のための、歯科の役割~
国立がん研究センター中央病院 歯科医長
上野尚雄先生

口腔ケアがいかに大事かということを再認識。自分は歯周病ケアをちゃんとやってて良かったとつくづく思います。
国立がん研究センターが提供するがん情報サービスのサイトには、がん診療連携登録歯科医名簿が公開されています。
http://ganjoho.jp/med_pro/med_info/dental/dentist_search.html
調べてみると私のかかりつけの歯科診療所も載っていました。

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

8月6日(木) 受診

副作用チェックのための受診です。
予約時間は9時で、その5分前には受け付けに行く必要があるのですが、今回も道路が混んでいてバスが遅れ、少々遅めの到着となってしまいました。

受け付け→採血→乳腺外科という段取りです。
血液検査の結果が出てから診察の予定ですが、待ち合いロビーではほとんど待たずに診察室に呼ばれました。
白血球数の値は3500台で正常値の下限ぎりぎりですが、抗がん剤投与後6日目の値としては合格点。今回は熱も一瞬だけ38.5度になりましたが、吐き気もなく、全体として副作用は少ないほうのようです。4回目の投与を22日(土)に行うこととし終了です。

会計を済ませて外へ出たのが9時40分ごろ。クリニック滞在時間は40分でした。

アブラキサンの副作用-私の場合

まだ3回しか投与してませんので、今後どうなるか分かりませんが、覚書として書いておきます。

●吐き気
ほとんどありません。
一度だけ、2回目投与の3日後の午後になんとなーく気持ち悪くなり、3時ごろからは本格的に吐き気を催してしまいました。
しかし場所は職場で仕事中。しかも、業後は姪との食事の約束があります。吐き気止めのカイトリルは生憎持っていません。
なんとか5時までやり過ごしたところ、5時半ぐらいには吐き気は収まりました。その後、姪と落ち合って食事をしましたが、まったく問題なしでした。
今のところ吐き気はこの1回のみです。

●関節痛・筋肉痛
投与の翌々日ぐらいから発生します。
私の場合は主に足。だるいというか、重いというか、ピリピリするというか、表現しがたい痛みで、2回目投与の翌々日の夜はうんうんうなってしまいました。
筋肉が痛いのか関節が痛いのか、まったくわからない謎の痛みです。これも末しょう神経障害の一種のなのでしょうか。最もひどい時は歩くのが困難な状態ですが、それも一晩ぐらいで半減します。

●末しょう神経障害
手の指や足首から先の感覚がおかしくなります。
手は指がピリピリするカンジがあり、細かい動作ができなくなります。よく物を落とすようになり、ボタンがはめにくくなったり、落ちた髪の毛をつまめなくなったりします。私の場合はもっぱら右手ですがそれほど重症ではなく、日常生活で困るほどではありません。
足のほうは投与3日目から1週間ぐらいは歩行困難感があります。ほぼ一日、痛くて歩きにくい状態になったりもしましたが、1週間を過ぎるとだんだん軽減します。早く歩けない、階段を降りるのが難しい、歩いていてよくぶつかる、ふらつく、躓きそうになる、という状況です。なるべくエスカレーターやエレベーターを使ったり、通勤は時間に余裕を見て家を出たりします。
手足の他にも単発的に胸の中央や、脇がピリピリしたりしました。ヘルペスのときのような痛みですが、これは一時的なものでした。

●発熱
1回目投与のときも、2回目投与のときも、土曜日に投与した後の月曜日の夜に39度超の発熱がありました。半日ぐらいで平熱になりました。

●湿疹
これも副作用なのかどうか不明ですが、襟足、手の甲、鼠蹊部など、湿疹が出現。でもいずれも1~3日ぐらいで治りました。あまり痒くも痛くもないし、広範囲でもないし、それほど辛いものではないです。

●脱毛
これは必至ですね。
「抜け始めたら1日で抜けた」という友人もいましたが、私の場合は初回投与10日後ぐらいから抜け毛が多くなり、その2日後には頭皮がびりびりして多量に抜けるようになりました。更にその4日後(初回投与から16日後)からはウィッグを付けないと外出できないぐらいになりました。更にその3日後にはほぼ抜けきり、脱毛自体は少なくなります。でも、つるつるではなく少々残っている状態(新生児レベル)です。

●その他
便秘、下痢、口内炎、食欲の低下、味覚異常などは今のところありません。
私はもともと口内炎ができやすく、2回ほどなりかけの状態になりましたが、すぐに口内炎パッチを貼ったら酷くならずに治りました。

今日は3回目の投与3日目です。ひょっとすると今晩から明日にかけてが副作用のピークかも。ドキドキ。