記事一覧

9月19日(土) CT&受診

今日はchemo前半の評価を行うための造影CT撮影です。
受付時間は9時半と、いつものchemo投与の場合よりも1時間遅いです。ですので、朝ドラを見てからゆっくり家を出ました。
交通機関の乗り継ぎはスムーズで、9時15分にクリニック到着。まずは2階で血液検査のための採血です。
その後3階に移動。
予め渡されてあった問診表の内容確認があり、少々待ち時間があってCT検査室に呼ばれたのはほぼ予約時刻の10時少し前。前回検査時と違って、今回は咳き込むことはないので気分的には余裕です。ただ、頭から腰まで撮影するということで「ウィッグも外すのですか?」と聞くと「そうです」とのこと。一応、準備はして来たので、ショーツ以外は全部脱いで検査着に着替え、ウィッグも外してバンダナキャップをかぶります。医療関係者しかいない密室空間とはいえ、普段露出しない坊主あたまを晒すのはオールヌードに近い恥ずかしさなのです。
検査台に乗って造影剤のための針刺しをするのですが、今回はいつもの場所だとめちゃめちゃ痛い! 「痛い!」と訴えるとすぐにドクター(たぶん放射線科のドクターで針刺しがうまい人)を呼んでくれて再度挑戦です。今度は手首に近い場所に刺しました。
頭と体幹、造影剤を入れて体幹と頭と撮影し終了です。
看護師さんからは「ゆっくり着替えていいですよ」と言われ、検査室を出るときには「痛くしてごめんなさい」と何度も言われました。
この後、診察は11時45分からなので、一旦外出して朝昼兼用を食べに行きました。

さて、ブランチして11時半ぐらいに再度クリニックに戻ります。
少し待って診察室に呼ばれると、ドクターからいつものように「具合はどうですか」との質問。今日は確認することや報告することがたくさんあるので、忘れないように紙にまとめ書きしたものをそのまま渡しました。
内容は以下の通り。

1.症状及び副作用
(ア)咳、痰は、ときどき思い出したように出るだけでほとんどなし
(イ)いつのまにか深呼吸ができるようになった
(ウ)抹消神経障害は続いている
(エ)発熱はなし
(オ)そのほか特筆することなし
2.CVポートのドレーンが皮膚近くに出てきたように感じて気になるのですが、問題ないでしょうか
3.去痰薬、鎮咳薬、リリカの服用について
(ア)ムコダイン、ムコソルバンはいつごろまで服用すべきでしょうか
(イ)リリカはいつごろまで服用すべきでしょうか。FEC投与期間中も必要でしょうか
(ウ)リン酸コデインを止めるとおなかが緩くなるのですが、どのように止めたらうまく止められるでしょうか。FECを開始した場合、制吐剤の副作用として便秘が考えられますが、それとの兼ね合いをどうしたら良いでしょうか。FECの吐き気対策の薬剤は、どのような予定でしょうか
 薬剤の手持ち
  リン酸コデイン 残 3日分
  ムコダイン   残14日分
  ムコソルバン  残14日分
  リリカ     残10日分
4.8月28日の血液検査の結果をもらっていないように思います。コピーをお願いします
5.前回の腫瘍マーカー測定は8月6日だったと思います。今日は測って頂いているのでしょうか
6.今日の血液検査で、ホルモン値は測って頂いていますか。閉経の判断はまだつかないでしょうか
7.10月7日に緩和治療外来を受診予定です。本日のCT結果のコピーをお願いします

以上のまとめ事項の2と3の間でCTの一次判定を聞きました。
無気肺の範囲も腫瘍の大きさも小さくなってはいるが消えてはいない。ということでFECは予定通りやることにしましょうということです。
私的にもこのタイミングでFECをやる意味を3か月間ずっと考えてきました。再発治療5年目でアジュバントと同じ内容のChemoをやることに疑問がないわけではありません。アブラキサンが効いているならそれを続けたほうがいいのではないかという意見もあります。せっかく症状が落ち着いたのだから、フェソロデックスなどのホルモン療法に切り替えてしばらく様子を見てもいいのではないかという考え方もあります。しかし、もっと後になって体力が落ちてからだとアンスラ系のChemoをやるのは辛くなります。また、抹消神経障害は蓄積していくので、アブラキサンをこれ以上続けるのもシンドイという思いがあります。アジュバントのレジメンというのは、一般的に最も効果があると考えられるものが選ばれています。一次のChemoとしてアジュバントと同じ内容を選択するというのも、あながち間違った選択ではないかもしれません。
ということで、結局FECをやることには同意。アブラキサンの最後の投与から既に4週間過ぎているので、ドクターは来週からでも始めたいようですが、日程調整はこのあと看護師さんと別室で行うことになりました。

ということで、看護師さんと別室でFECのオリエンテーションを始めたのですが、まだまだドクターに聞き漏らしたことがいっぱい。そもそもCTの結果をアバウトにしか聞いてなく、胸骨とか縦隔リンパ節がどうなったか聞いてないし、腫瘍の正確な大きさも聞いてない。次回のFECのときにゾレドロン酸をどうするかも聞いてない。いずれも「10月10日にちゃんと聞きましょう」ということにしました。
FECの副作用はほとんど吐き気のようで、そのコントロールがうまくいくかどうかがQ.O.L.のすべてのようです。もちろん脱毛はありますが、それはもう論外。骨髄抑制も努力しようがない。便秘についてはFEC投与が始まったらリン酸コデインを止めてみることにしました。
ふと気が付くと、看護師さんは私のことを姓でなく名前で呼んでいます。確かに顔馴染みの看護師さんではありますが、こっちは相手の名前もろくすっぽ憶えてないのに。同じ姓の患者さんが他にもいるのかしらん???

次回はFEC投与第1回、10月10日(土)です。