記事一覧

10月31日(土) FEC2回目

きょうはFECの2回目の投与です。
先週、好中球減少性発熱があったので、もし白血球の値が低かったら投与は延期ですが、血液検査をしてみなければわかりません。
とりあえず投与する予定で出かけます。

8時20分ごろクリニックに到着。10分ほど待ってブルーファイルを受け取り、まずは2階で血圧測定。そのまま血液センターへ移動し、身長体重測定と採血をします。その後6階へ移動し、着替え→体温測定→看護師さんによる事前問診と進みます。今日もほかの点滴の患者さんはいない模様。

9時を少し過ぎたぐらいに診察室に呼ばれました。
白血球はG-CSFを打った効果か5880まで回復しており、予定通り点滴を行うこととなりました。そこでまず1回目のイメンドカプセルを持参の水で飲みます。
先週の発熱以外は大きな副作用はなく、まぁまぁの経過です。
ゾレドロン酸については、FEC投与中は中断するとの話がドクターからありました。「忘れているわけではないですよ。FECの発熱かゾレドロン酸の発熱か判別がつかなくなるので一緒にはやらないほうがいいんです」と言っていましたが・・・ホント?
私としては胸骨転移は落ち着いているようなので、顎骨壊死のリスクを低減させる意味合いから中断は歓迎です。
最近、むずむず脚症候群の発作が頻発するのですが、これについてはロキソニンが効く場合もあるとのこと。今度起きたらロキソニンを飲んでみようかと思います。
不足する薬を処方してもらい、次の予約を11月7日に決め、ポートに針を刺して診察は終了。今日は針刺しが結構痛かったです。

化学療法室に移動し、リクライニングは今日も4番。隣にはゾレドロン酸の点滴と思われる患者さんがいて、先に終わってお帰りになりました。その後は貸切状態です。
私は吐き気止めのデカドロン+アロキシ→エピルビシン→エンドキサン→5-FUと点滴し、最後に生食を流します。今回も途中でトイレ。かなりの量の水分を点滴で入れるので、必ずトイレに行きたくなります。途中、30分ほどうとうと。

終わって着替えをして、次回の受診時間を決め、会計をして終了です。予定通りちょうど12時です。

次回、副作用チェックの受診は11月7日(土)です。

第2回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「がん治療と仕事の調和 ― どこで・誰に相談できる?」

がん治療と仕事の両立:実態調査と支援の現状
(がんサバイバーシップ支援研究部長 高橋 都)
がん相談支援センターにおける支援
(中央病院がん相談支援センター相談員 宮田佳代子)
社労士による相談の特徴
(社会保険労務士法人EEパートナーズ 原 麻子)
職探しにおけるハローワークと病院の連携
(ハローワーク飯田橋就労支援ナビゲーター 岡田 晃)

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

10月24日(土) 臨時受診

FEC1回目投与から1週間を過ぎると食欲不振もなくなり、味覚異常は若干あるものの普通に食べられるようになってほっとしていた矢先に突然の発熱。アブラキサンのときは投与3日後ぐらいだったのに、今度は2週間近く経った木曜日の夜からです。寝るときは37度台だったのに深夜には38度6分まで上がってしまいました。私的にはこのぐらい熱は慣れっこなのですが、クリニックからもらった治療手帳には「38度以上の熱が出たら連絡するように」との記載があるので一応連絡をしてみると、ドクターからは「ロキソニンと抗生剤(ダラシンカプセル)を飲んで様子を見るようにとの指示がありました。
金曜日は仕事を休んで薬を飲み、一日大人しくしていたのですが、土曜日の未明には40度まで熱が上がってしまいました。薬を飲んでいるにも関わらずここまで熱が上がると、さすがに心配になってしまいます。
朝になって再度クリニックに連絡すると、今度は受診するようにとの指示。

午前10時少し過ぎにクリニック到着。始めに血液採取をしてから6階のロビーで血液検査の結果が出るのを待ちます。診察室に呼ばれたのは10時半過ぎでしょうか。やはり白血球の値がかなり低く、好中球減少性発熱でしょう、G-CSFを打ったほうがいいでしょうということになりました。
FEC投与2回目は来週の予定なのですが、現時点では予定は変更せず、来週の血液検査の結果で判断するとのこと。
診察室を出て処置室で注射をしてもらい、終了です。

うーん、アブラキサンのときの発熱とは異なる状況のようで、完全に副作用の骨髄抑制です。食欲不振といい、味覚異常といい、わたし的にはQOLがかなりダウンです。

10月17日(土) 受診

FEC投与後1週間目の副作用チェックです。
予約時間は9時45分。

受け付けしてまずは採血。そして6階へ。今日はインフルエンザの予防注射を予定しているので、問診票を書きます。待ち合いロビーは今日は人がいっぱい。同じ土曜日でも点滴のときより時間が少し遅いせいでしょうか。椅子がほぼ満席です。
しばらく待って血液検査の結果が出たころに診察室に呼ばれます。
問診は副作用の報告から。
明確な吐き気はありませんが、すっきりしないでムカムカ一歩手前で食欲なしであることを報告。だいたい多くの人がこのような状況らしく、「1週間ぐらいで元に戻るので、そろそろ食欲も出てくるでしょう」とのこと。足の抹消神経障害がぶり返している件はそれほどひどくはないので様子見。次回の受診でも続くようならストレスの影響もあるかもしれないのでリリカの再服用を検討しましょうとのこと。白血球は2700ぐらい。骨髄抑制は生じていますが、この分ならあまりひどくはない模様。熱も炎症もないので、今日のインフルエンザ接種はできますとのこと。2回目のFEC投与も10月31日に予定。
先週測った腫瘍マーカーはCEAがこれまでの最高値で27でした。アブラキサンでも下がらなかったわけですが、急増しているわけでもないので誤差の範囲です。FEC投与後はどうなるでしょうか。腫瘍マーカーばかり気にしているわけではありませんが、現在の病状の指標としては症状・画像・マーカーの3つで確認するしかありません。
(1)症状→咳痰は改善
(2)画像→改善傾向
(3)腫瘍マーカー→若干増加
現状はこんなカンジかな。

診察終了後少し待ってインフルエンザの予防注射をしてもらい終了です。
次回は10月31日(土)です。

10月10日(土) FEC1回目

いよいよ今日からFEC開始です。

アブラキサンのときと同様に土曜日の一番早い時間の予約。先週は混み混みだったらしいので今週からにしてもらいましたが、アブラキサンの最終投与から1か月半開いているためか、少し咳と痰がぶり返しています。それでも思い出したように出るだけだし、FECの投与が遅れたために手遅れになるなんてことは考えません。こんな程度で手遅れになるようなら、ちょっとぐらい投与間隔が変わっても誤差の範囲と思います。

クリニック到着は8時20分過ぎ。8時半に2階へ移動して血圧測定し、検査センターに移って身長・体重測定と採血。9月のCT造影剤の針刺しはうまくいきませんでしたが、採血は針が細いようで問題なく一発成功。6階へ移動し受け付けしたのが8時40分ごろ。ロッカーはAで更衣室は独占状態です。上だけ検査着に着替えて体温測定をし、待合いで看護師さんの体調チェックを待ちます。いつも感じるのですが、ここの体温計は我が家の体温計に比べて0.5度ほど低く出ます。ですので今日も35.9度だったのですが、あまりに低いときもあり、わりと頻繁に測りなおしています。
今日のchemo予定はほかにいないらしく、ほどなく看護師さんの問診。問診表にもたいしたことは書いてないので、あっさり終了。そのあと更に待合いでkindleを読みながら待ちます。

診察室に呼ばれたのは9時ごろ。血液検査の結果は問題なしだったので、予定通り投与することになりました。その準備としてまず吐き気止めのイメンドカプセル(アプレピタント)125mgを飲みます。
問診では抹消神経障害、特に足の違和感がなかなか抜けないことを報告。ただ、いまさらリリカ服用を再開するほどでもないので放置です。リン酸コデインは、やはり完全に止めるとお腹が緩くなるので様子を見ながら継続。若干痰が増えてきたこともあるので、去痰薬(ムコダインとムコソルバン)を処方してもらうことにしました。9月19日のときの腫瘍マーカーCEAは20.4。あまり下がりません。「腫瘍以外でも数値が上がることもあるし」とドクターは気休めのようなことを言います。CT結果を詳しく再確認したのですが、放射線科の所見はいずれも改善傾向とだけあります。胸骨は病変部分が化骨化していてゾレドロン酸の効果と思われます。上部縦隔リンパ節は若干小さくなっているのみですが、このリンパ節は咳などが酷い時にも腫脹するので、必ずしもリンパ節転移とは限らないとのこと。まぁ、増悪していないのでよしとします。肝心の肺は無気肺部分は縮小したものの、腫瘍は無気肺の中に埋もれていて大きさが分かりません。5月23日のCTでも腫瘍径は不明だったし、今回も不明。ドクターの予測では今は10mmぐらいかなぁとのことでした。
最後にポートに針を刺して診察は終了です。

診察室を出て化学療法室に移動。今日は4番のリクライニングです。私の他には10時過ぎに来る患者さんしかいないとのことで、貸し切り状態。
まずは吐き気止めのアロキシ(パロノセトロン)とデカドロン(デキサメタゾン)を点滴。次にエピルビシン、エンドキサン(シクロホスファミド)、5-FU(フルオロウラシル)と続き、最後に生食50mlを流します。
今日はあまり眠くなかったので前半はkindleを読んでいました。途中、体温測定をやり、インフルエンザ予防接種の予約を入れ、ゾレドロン酸点滴の患者さんが来て30分で先に終わり、私はエンドキサンが長いので途中うとうと。エンドキサンは量が多いこともあり、今回は途中でトイレにも行きました。既に尿がピンク色(エピルビシンの影響)です。
その後、看護師さんがお話にやってきました。北斗晶さんの報道がかなり話題になっているようで、そのことで患者の立場としてどう思うか感想を聞かれました。どうやら他の患者さんからも話が出るようで、医療者としてどのように意見を返すのが適切か、看護師さんの中で議論になっていようです。私は報道内容はあまり詳しくはないのですが、ステージ2Bで5年生存率が50%とか、どうも患者初心者にありがちな誤解が多々あるようです。おそらくこの件は一時のもので、すぐにみんな忘れるからあまり気にしなくてもいいのではと言っておきました。それよりも世間のがんに対する見方があまりにも偏っている(両極端)であることや、近藤誠問題のほうが何とかしなくてはいけないのではないかと。この会話の中で気づいたのですが、この看護師さんも私のことをファーストネームで呼びます。別にいやではないんですけど、どうやらこのクリニックで私は古株患者のようです。

最後の生食を流す間に再度体温測定と血圧測定を行い終了です。
着替えをして6階の受け付けに行き、次回(10月17日)の予約を入れます。今日はFEC初回なので、薬剤師さんから服薬指導があるということで、相談室に移動。少々待って薬剤師さん登場。まずはアブラキサンの副作用の現状を確認。抹消神経障害が残っているというとかなり詳しく聞かれましたが、日常生活に大きな支障がないことを確認して様子見となりました。次はFECの副作用の説明。ほぼほぼわかっていることですが、とても丁寧に説明してくれました。

最後に会計をしてクリニックを出たのが12時半ごろ。2回目の点滴からは12時ごろには終われそうです。
次回の受診(副作用チェック)は10月17日(土)午前9時45分の予定です。

ちなみに、今日もゾレドロン酸の点滴はありませんでした。
あんなに3週間ごとの同時投与に固執していたのに、ドクターはすっかり忘れているようです。
3か月に1度にしたいわたし的にはラッキーなので、頃合いを見計らって確認してみようと思います。聞けば絶対にやるっていうだろうし。

緩和治療外来受診

ドクターが変更となって2回目の受診です。
元々は9月2日の受診予定だったのですが、chemoの効果判定のためのCTが9月19日となったため、その結果を報告できる日に変更してもらいました。
予約時間は10時半ですが2時間前に家を出て、まずはCTデータのコピーを受け取りにクリニックに寄り、そこから緩和治療外来の病院に向かいます。それほど遠距離ではないのですが、電車を乗り継ぐので再診受け付け機でチェックインしたのは10時18分でした。4か月ぶりの受診なので先に健康保険の確認をしてもらい、外来カウンターにCTデータのディスクを渡し、トイレに行ったらもう診察に呼ばれました。

診察で話すことはあまりありません。データはまだ取り込み中で画像が見れないので、口頭で経過を報告。6月の受診の際には咳が酷かったのですが、chemoを始めてすぐに咳・痰の症状がおさまったこと。抹消神経障害の手足のしびれ以外は、ほどんど副作用は出ていないこと。9月19日のCTでは病巣の改善傾向が認められて、今週の土曜日(10月10日)からFEC4クールを開始予定であること、などなど。
次回は次の画像検査結果が出ているであろう1月20日に予約を入れ終了です。

待ち時間がなかったため思いのほか早くに終わり、天気も良いのでどこかに寄り道したいところですが・・・。6月のときには遅い時間だったにも関わらず、終了後に鎌倉に行って紫陽花見物をしました。しかし、今日は風も強いし、なんとなーくくたびれてしまったので帰って昼寝をしました。