記事一覧

1月23日(土) 受診

今日は今後の治療方針を決める日です。
12月19日のPET-CTを受けたときには、フェソロデックスかなぁと考えていたのですが、この1か月、私なりにいろいろ考えました。その希望を主治医は受け入れてくれるでしょうか。

予約時間は9時半。15分前ぐらいに受付し、採血をしてから6階へ。少々待つと意外に早く診察室に呼ばれました。
緩和治療外来のドクターの意見はどうだったかと質問されたので、20日の受診の状況を報告。ほかにS医師とK医師の意見も聞いたのでざっと報告しました。で、私の希望は高用量トレミフェン。ゾレドロン酸についてはFEC投与中に休薬していたこともあるので、あと1年ぐらいは4週ごとの投与で妥協すると伝えました。その間に新しい臨床試験の結果も出るかもしれません。この結論に主治医も同意してくれて、ゾレドロン酸を2月6日から再開することとし、今日は14日分のトレミフェン120mgを処方してくれました。
再発してからの治療は TAM 33か月 → 非ステロイド型AI剤 3か月 → ステロイド型AI剤 20か月 → chemo 6か月 ときているので、このタイミングで高用量トレミフェンはいい選択かもしれません。さて何か月もつでしょうか。

早速帰りに薬局へ寄ったのですが、なんと在庫がなく、一番早く入手できるのは価格の高いフェアストンで25日月曜日とのこと。今回は14日分なのでフェアストンで妥協し、次回(2/6)にはジェネリックを用意しておいてもらうことにしました。

ということで、次回の受診は2月6日(土)です。

緩和治療外来受診

前回は10月7日だったので、3か月ぶりの緩和治療外来です。
今日は持参したPET-CTの画像資料を見ながら相談しようと、少し早めに来院して資料を提出。予定の時間まで1時間ほど本を読みながら待ちました。読んだ本は「男おひとりさま道」。もちろんこの前に「おひとりさまの老後」は読んでいます。私自身は「おひとりさま」になる確率は低いのですが、同居人はその確率大。作戦会議の話し相手になるために、少々ネタを仕入れておきます。

昨年4月から担当ドクターが変更になったのですが、診察室に呼ばれて入ると見慣れぬドクターがいます。なんと、外来の体制が変更になり、部長先生が今日の外来担当だとか。前のドクターは結構話し好きのようで、かつ呼吸器が専門だったのでちょうどよかったのですが、致し方ありません。
一応、予定していた相談内容をあれこれ聞いてみました。
今後の治療選択については、「自分は乳がんの専門ではないので、乳がんの専門の医師に相談したほうがいい」と言いつつも、「自分なら無治療」とのご意見。ゾレドロン酸については「3か月に1回というのはエビデンスがない。現時点では添付文書にあるとおり4週に1回」というご意見でした。

次回は3か月後ぐらいに受診するということにし、予約はなし。受診したい日の1か月前ぐらいに電話して予約することとなりました。

1月9日(土) 受診

早くも今年2回目の受診です。

いつも通り採血してから6階へ行き、しばらく待つと診察に呼ばれました。
4日以降、発熱はないこと、しかし痰と咳はまだあることを報告。
今日の血液検査では、炎症等は改善しているようです。
4日の血液検査の腫瘍マーカーの結果が出ていましたが、それについては軒並み下がっていて、chemoの効果はあった模様です。

次回は緩和治療外来受診後の1月23日に受診することとしたので、薬の処方はなし。現在服用している抗菌薬フロモックスは手持ちを飲みきって終了ということになりました。

次回の受診予定は1月23日(土)です。

1月4日(月) 受診

12月28日に抗菌剤をフロモックスに変更し、発熱は
 12月28日39.3度、29日40.3度、30日37.3度(ロキソニン服用)、31日39.2度、1月1日38.7度、2日38.0度、3日37.8度
と、何とか徐々に下がってきました。
でも処方してもらった抗菌剤はもう無くなるので、朝にクリニックに電話し、午前中に受診することとしました。

10時45分ごろクリニック到着。いつものように採血をしてから6階へ行き、診察です。
まず、熱は徐々に下がっていることを報告。痰はまだかなりひどいので、抗菌剤フロモックスを更に1週間分と、去痰薬の追加を処方してもらいました。血液検査の結果は、白血球数は正常だったのですが、10日間ぐらいロクな食事をしていないので、アルブミンや総タンパクが軒並み低値。赤血球や血小板も低値です。
1月9日は予定通り受診することとし、今日は終了です。

実は年越しは温泉で過ごす予定で、更に1月4日から3泊4日の台湾旅行を予定していたのですが、12月29日になっても40度超の発熱があったので、すべてキャンセルしてしまいました。熱のせいか味覚異常も激しく、散々な年末年始です。