記事一覧

3月5日(土) 受診

午前7時40分ごろに家を出発。すぐバスが来たので乗って駅まで10数分。駅からはJRでも行けるのですが、地下鉄だと乗り換えなしなので地下鉄に乗ります。地下鉄の駅からは約5分。クリニック到着は8時25分ごろでした。

受け付けで診察カードと保険証を出し、少々待つとブルーファイルを渡してくれてスタートです。
2階で採血してから6階へ。今日の採血は痛みがまったくなく、とてもお上手でした。
6階ではロッカー室で上だけ検査着に着替えてから待合いロビーで本を読みながら待つことにしました。今日はとても患者さんが少なさそう。待ち合いには2人ぐらいしかいません。私の主治医の診察室に呼ばれたのは私が1番だったようで、9時少し過ぎでした。
このところはchemoの副作用もすっかり無くなり、体調はすこぶる良好です。屈んだ時に右の腰あたりが少し痛むぐらいで、相談や報告することは何もありません。今日の血液検査も特に問題なし。先月の腫瘍マーカーとホルモン値の結果が出ていましたが、腫瘍マーカーは特に変化なし。ホルモン値はおおむね閉経状態ということ。次回の予約を5週間後の4月9日(土)にしてもらい、トレミフェン120mgと去痰薬2種類を40日分処方してもらいます。4月の受診のときに次のCTの予約を入れましょうということになりました。最後にポートに針を刺して終了です。

化学療法室も誰もいません。先月に引き続きリクライニングは2番。ここでも本を読みながらゾレドロン酸の点滴を受けます。
終了して針を抜いて、着替えをして、次は会計・・・と思ったら、ロッカールームに看護師さんが現れ、なんと最後の生食を流すのを忘れていたとのこと。どうやら主治医のオーダー漏れのようです。
再度着替えて化学療法室に戻り、そこへ主治医が現れて謝りながら針を刺し、生食を50cc。腕からの点滴の際にはゾレドロン酸のみで良いそうなのですが、ポートのときには最後に生食を流すのだそうです。ドレーンに薬が溜まったままにしないためでしょうか。そういえば先月は生食を流したので、私も針を抜く前に言えば良かったのですが、生食のフラッシュ有りが正しいのか、無しが正しいのか良くわからなかったので、結局2回も針を刺す羽目になってしまいました。ふぅ~。
受診終了後に友人と待ち合わせているのですが、予定より少し遅くなってしまいそう。メールで連絡します。

次回の診察は4月9日(土)の予定です。