記事一覧

緩和治療外来受診

4か月ぶりの緩和治療科受診。前回はchemo後の治療選択について相談しましたが、その後、特に大きな変化はなく、今回は経過報告のみの予定です。

先週土曜日に撮ったCTの複写をお願いしてあるので、乳腺外科のクリニックに寄り、それから緩和治療科のある病院に向かいます。
受診予定は10時45分でしたが、10時15分ごろチェックイン。4か月ぶりなので保険証の確認をしてもらってから外来受付にCTの画像を渡し、待ち合いでしばらく読書。中待合いに呼ばれたのは11時15分ぐらいだったでしょうか。そこから更に5分ぐらい待って診察室へ。
報告事項は特にありません。渡しておいたCTの画像も既に見てくれたようですが、腫瘍の増悪はなし、体調も良好、腫瘍マーカーも問題なしということで、また数か月後に様子をみることとなり診察は終了です。

最後の拠り所のつもりで受診した緩和治療科ですが、症状が安定していると何のために受診しているか分からなくなります。でも、つながりが切れてしまうのも困るし、当分はこのまま受診を続けたほうが良さそうです。午前中に受診できれば仕事にもあまり支障はないので、その点でも助かります。

5月14日(土) CT&受診

今日はCTです。
前回の画像検査は5カ月前で、chemo最終投与の翌週でした。そのときはchemoの効果が認められる結果だったのですが、それ以後は高用量トレミフェンという無治療に近い治療しかしていないので、今回増悪しているかいないかは大きなポイントです。

検査の予約が10時20分なのでチェックインはその30分前。交通のつながりが良くて9時40分には受け付けできました。まずは3階の画像センターです。今日はやたらと眠いので、待ち合いの椅子に座って半分ウトウトしていると名前を呼ばれて看護師さんの問診。かなり詳しい問診です。いつも採血が同じ場所だということもあって血管が固くなり、昨年9月のCTのときには造影剤のルート取りが大変でした。今日もこの後採血が予定されているので、2回針刺しが必要です。そこで、造影剤のための針刺しのときに併せて採血もやってくれることになりました。

検査着に着替えてCTの撮影室に入ります。頭部も撮影のオーダーが出ているのでウィッグも外します。検査台に乗ってまずは採血。そして造影剤の準備をして撮影。撮影自体は10分ぐらいだったでしょうか。
予定ではこの後採血をして午後から診察・点滴の予定だったのですが、採血は既に終了。診察も予定より早くできそうということで、着替えをしてから診察室に向かいます。このまま休憩なしで、先にゾレドロン酸の点滴をしてからCTの検査結果を聞くということになり、点滴のための検査着に再度着替えました。

診察に呼ばれてまずは問診。この1か月、咳も発熱も胃腸のトラブルもなく、口内炎も蕁麻疹もなく快調です。血液検査の結果も問題なしで、ポートに針を刺してもらって化学療法室へ。今日は先客は誰も居らず、リクライニングは4番でした。ゾレドロン酸30分、生理食塩水15分の点滴をしてから着替えをして、再度待合いで待っていると、12時少し前に診察に呼ばれました。

CTの検査結果は特に問題なし。増悪や新たな転移巣は無いようです。起床時に痛む腰にも画像上の問題はなく、腰痛は別の理由かもしれません。無気肺部分も12月のときの画像よりも少なくなっている様子。高用量トレミフェンと去痰薬2種(ムコダイン、ムコソルバン)を引き続き服用することにしました。

次回の診察は6月11日(土)の予定です。