記事一覧

7月9日(土) 受診

朝から雨。鬱陶しいです。気温もやや低め。

いつもどおりバスと地下鉄を乗り継いでクリニックにチェックインしたのは8時25分。5分ほど始まるのを待ち、採血→着替えをして8時40分ごろには待合いロビーに座ります。30分ほど待合いでKindleを読んでいると名前を呼ばれました。

まずは問診。申告することはほとんどありません。発熱も咳・痰も特になし。朝起きた時に腰が痛いですが、2時間もすると痛みがなくなるのでよくある腰痛のようです。血液検査もほぼ異常なし。ただし、6月のCEAの値は3.7でしたが、7月は5.8とやや上昇。今後の動きを見なければなりません。
次回の受診日ですが、ちょうど4週間後に旅行の予定があるのでその翌週と思ったのですが、そこはドクターの休診日。結局6週後になりました。治療はゾレドロン酸の点滴と飲み薬だけなので、間が開いてもまったく問題ありません。
「次回の診察のときに次のPET検査の予定を決めましょう」とドクター。とするとPET-CTは9月ごろになりそうです。
ポートに針を刺してもらって化学療法室に移動します。

本日の先客は1名。私のリクライニングは2番です。
9時20分ごろからゾレドロン酸の点滴を始め、その後15分かけて生食を流します。終わって着替えをして、会計をして終了。今回もクリニック滞在時間は約2時間です。

次回の診察は8月19日(金)の予定です。

第6回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「がんを体験した“こころ”のケア~三人称の視点から~」

国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科長・緩和ケアチーム
清水 研先生

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html