記事一覧

10月28日(金) フェソロデックス2回目

今日は午前中だけ仕事を休みにし、受診です。

午前7時35分ごろ家を出て、クリニックに到着したのは8時半ごろ。受付して採血して待合いロビーで30分ほど待つと、診察室からお呼びがかかります。
いつもと同じように症状などを申告し、血液検査の結果を聞きます。前回の腫瘍マーカー(CEA)は28。またまた上昇。ドクターは「ホルモン剤の場合は効いている場合でもすぐには腫瘍マーカーが反応せず、一時的に上がる場合もあるから、一喜一憂しないように」と言います。私的には一喜一憂しているわけではないのですが、自分の状況はきちんと把握しておく必要があると思っています。
今年もインフルエンザの注射をしたいので、その旨を話すと、やはりフェソロデックスの注射とは別の日にする必要があるそうです。予約をするのは次回でも遅くはなさそうなので、11月の診察の際に予約することにしました。
院外処方の薬剤はなし。次回と次々回の受診予定を決め、ポートに針を刺し、生食でフラッシュして診察は終了。

一旦診察室を出て少々待つと、今度は隣の処置室へ。左右臀部に1本ずつ、フェソロデックスの筋肉注射を打って終了です。
次回は11月11日(金)の予定です。

10月15日(土) フェソロデックス&ランマークデビュー

今日から薬剤変更の予定。でも、予約時間はこれまでと同じく朝イチ(8:30)です。

バスが来るのが遅かったのですが、クリニックに到着したのはほぼいつも通り。8:30になるとブルーファイルを受け取って2階へ行きます。今日は薬剤変更の予定があるせいか、まず身長体重測定。それから採血。
採血の後は診察に向かいますが、これまでと違って点滴の予定がないので、着替えはなし。待ち合いロビーで40分ほど血液検査の結果が出るのを待ちます。
9:20ごろに名前を呼ばれてin。いつもどおり「具合はどうですか」と問診から始まります。咳はときどき出るぐらいで問題になるようなレベルではなく、血が混じった痰が出たこともありましたがこれも一時的。血液検査の結果も炎症や肝機能等の問題はなさそうです。前回の受診の後に緩和治療科を受診したのですが、そちらのドクターの意見もフェソロデックス&ランマークで良いでしょうというものだったことを伝えました。フェソロデックス(一般名:フルベストラント)はpalbociclib(CDK4/6阻害薬)との併用で効果が上がるという臨床試験の結果がいくつか出ていますが、日本ではまだ認可されていないので使えません。
ということで、今日からフェソロデックス&ランマークに変更することになりました。
ランマークの場合は低カルシウム血症予防のためにデノタスチュアブルを服用するとのことで、その処方をもらい、去痰薬(ムコダイン、ムコソルバン)はしばらく休薬して様子を見ることにしました。
また、点滴用のCVポートを使わなくなりますが、詰まるのを防ぐために2、3か月に1回は生食を流すとのこと。「取ってもいいのですが」とドクターは言いますが、特に不便や不都合は感じないのでそのままにします。そう遠くない将来にまた必要になることがあるかもしれないし。

フェソロデックスは1回目から3回目までは2週間ごと。その後は4週間ごとに臀部の筋肉に左右1本ずつ注射を打ちます。今日が1回目とすると次は10月29日土曜日の予定ですが、「28日金曜日にしてもらえますか」と聞くと「私のほうもそのほうが都合がいい。今後はずっと金曜日にできますか?」とのこと。なんと、来年の3月まででこのクリニックは辞めて、4月以降の都内での診療は毎週金曜日に新宿の別の病院でやる予定だとのことです。4月以降はドクターの異動と一緒に新宿の病院に変更してもいいし、別の病院(例えば緩和治療外来に通っている病院)に移りたい場合は紹介状を書きますとのこと。まだ半年近く先のことですが、考えておかなければなりません。このクリニックは土曜日の診療があるし、検査が充実していて結果が早くわかるので、とても便利で快適ではあったのですが、残念です。そういえば、このクリニックのまま別のドクターに診てもらうという選択肢は提示されませんでしたが、後任とかどうなっているのでしょうか。次回聞いてみようと思います。

診察室を出て待合いロビーで注射の準備ができるのをしばらく待ちます。10分ほどで呼ばれて別室に入り、まずはドクターによる注射位置の確認、そして看護師さんによる臀部への注射2本、お腹へのランマークの注射をしてもらいました。

以上で本日は終了。次回は10月28日(金)の予定です。