記事一覧

12月21日(水) 緩和治療科受診

緩和治療科の前回の受診は9月28日。その後、治療薬が変更になり、更に12月のCTで増悪が認められ、更なる治療変更を検討することになったことと、転院が必要になったことなど、大きな報告事項が今回はあります。

CTの画像データは転院先の病院用と兼用で1枚しかもらえなかったので、今日のうちに返却してもらえるよう、少し早めの9時50分にチェックイン。診療科の受け付けのところで保険証の確認をしてもらい、画像データの入っているCDと9月以降の血液検査結果のコピーを渡し、待ち合いロビーで少し待ちます。
すると、意外に早く呼び出し機が鳴動し「中待合いへ」のメッセージが。中待合いに入るとほどなくして看護師さんが登場。何やらタブレット端末を出して、アンケート(ヒアリング?)を行うようです。痛みがあるかとか、不安があるかとか、いくつかの質問に答えましたが、ほとんどは無し無し無し・・・。どうやら不安や悩みがあってもなかなか相談できない患者のために、相談支援センターの需要の掘り起こしを行っている様子です。
そうこうしているうちに、予約時間の10時半より少し早く呼び出し機が鳴動して「診察室へ」のメッセージが。いつもは予約時間から30分以上待たされるのですが、今日は超ラッキーです。
診察室へ入り、挨拶をしてから、9月以降の報告事項をざっと説明。転院先も決めたとの話をしたところ、担当になる予定のドクターを良くご存知だとのことで、急にフレンドリーな雰囲気に。「○○先生によろしくお伝えください」とまで言われてしまいました。

転院の条件

古いほうの乳がん日誌(http://new.la.coocan.jp/)をお読みいただいたかたはご存知と思いますが、私は40歳のときに初めて受けた職場の乳がん検診で乳がんが見つかりました。そのときは、勤務先が契約している施設で検診を受けたのですが、たまたまその時の検診医がそのまま主治医となり、そのドクターのメインの勤務先であった大学病院で手術を受けました。
その後、7年間は大学病院で補助療法と術後のフォローアップをしていましたが、主治医のメインの勤務先が別のクリニックに移ったため、術後のフォローもクリニックのほうに通うようになりました。
そうこうしているうちに職場の一般健康診断の胸部レントゲンで二次検診指示が出て、検診施設でCTを受けたところ肺がん疑いとなり、最終的には乳がんの肺転移と診断され、主治医のいるクリニックで再発治療を受けてきました。

クリニックは、検診や術後のフォローアップは問題ありませんし、これまでは再発治療の際も外来化学療法ぐらいなら問題なく対応してくれていました。大学病院よりも小回りが利いて、検査も早いし、待ち時間もなく、土曜診療もやっていたので、私としては好都合だったことは間違いありません。

しかし、再発治療はだんだんと集学的治療が必要となります。
肺炎を起こして緊急入院が必要になることもあるでしょうし、放射線治療が必要になったり、脳外科の診察が必要になったりすることもあるかもしれません。
そうなったときは当然、他の病院にかからざるを得ないのですが、いよいよとなる前に、そのような対応ができる病院につながりを作っておいたほうが良いに越したことはありません。

再発治療となって6年。今後に備えて私なりに情報収集はしてきたのですが、10月15日の受診の際に今かかっているクリニックの診療方針変更のことを聞き、4月以降は転院(あるいは転医も)ということが現実のものとなりました。加えて12月9日のCTで増悪が認められ、年内にも新しい病院へ移って、そこで次の治療を検討したほうが良いということになったわけです。

転院先を決めるにあたって、条件として検討したのは以下の点です。

1 通院可能であること
 通院所要時間の目安はおよそ1時間以内。交通の便も重要です。具合が悪くなって緊急受診をする際に、自力で行けるぐらいでないとかなり大変です。救急車での搬送可能範囲であればベスト。

2 いざというときに入院できること
 せっかく今のクリニックからの転院であれば、肺炎などの際には入院できる病院でなければ、またまた面倒を抱えることになります。さらに救急指定病院であればなお良いです。

3 総合病院であること
 2と同様にせっかく転院するのであれば、乳腺外科や腫瘍内科だけでなく、脳外科、放射線科、呼吸器内科、整形外科などもあってほしいです。

4 ほとんどの検査が病院内でできること
 これまでのクリニックでは、マンモ、エコー、X線のほかに、CT、PET-CT、MRIの検査が可能でした。今どきの大きな総合病院は大丈夫だと思いますが、これらの検査で他院に行くのは大変です。

5 担当になる医師以外にもサポートしてくれる医師がいること
 そこそこ大きな病院でも、乳腺専門医は一人というところもあるようです。腫瘍内科医がいても乳腺専門とは限りません。担当医が不在の際にも再発乳がんの治療に詳しいドクターがいてくれたほうが良いと思います。

6 担当となる医師が、私の予想される予後よりも長く病院にいるだろうと思われること
 そうそう頻繁に転院するわけにはいかないので、どんなに素晴らしいドクターでも、来年も病院にいてくれるかどうかわからないというのでは困ります。ましてやあと1年で定年退職なんていうのは、次のドクターがどうなるか分かりません。

7 担当になる医師と相性が良いこと
 なかなか難しい注文だと思いますが、あまり熱心過ぎてハートの熱すぎるドクターはちょっと苦手です。会ったことのないドクターは判断が難しいので、相性を重視すれば面識のあるドクターがいる病院を中心に選ぶということになります。

転院準備

12月9日の受診の際に年内の転院を迫られる事態になってから、あちこち手配を開始。

今回、転院先に決めた病院は、10月15日に主治医の異動を聞いてから2か月の間にいろいろ検討し、6つの転院候補のうち第1位に考えていた病院であり、3年前にセカンドオピニオンで受診したところでもあります。担当になる予定のドクターには面識があるため、たまたま数日前に打診をしてあって、通常の手順で初診の予約をとればOKとの確認済みです。
そこで、さっそく初診予約をとるべく9日の午後に電話をしてみたところ、紹介状(診療情報提供書)が手元にないと予約を入れられないとのこと。近日中に郵便で送られてくる予定なのですが、手元に届いてから予約してくださいと受け付けの人に言われてしまいました。とっさのことで「手元にあります」とウソがつけずに予約は断念しました。

翌日の土曜日にクリニックに電話し、紹介状がいつごろ届くのかを確認したところ、遅くとも来週中には届くとのこと。
実際には12日の月曜日午後には宅配便で届けられました。
そこで13日火曜日の朝に改めて初診予約の電話を入れたところ、まず通常の手続きで一番早く初診予約が入れられるのは1月16日であること。その上でこれまでの主治医から紹介状の内容を病院あてに事前FAXするようにとの指示がありました。なんだかいろいろ手間がかかります。紹介状の内容によって緊急の受診が必要と判断される場合は、初診予定が前倒しになる場合もあるようです。
今度はこれまでのクリニックに電話してみると、主治医は14日水曜日まで遠方にいるため、FAXできるのは一番早くて15日木曜日の朝になるとのこと。やむをえないのでその内容でお願いし、同内容をメールでもお願いしておきました。主治医からは「木曜日の朝一番に対応します」とのお返事をいただき、転院先のドクターからは15日木曜日の夕方に「紹介状を受け取りました」との連絡をいただきました。

ということで、とりあえず後は初診予定が変更になるかどうかの連絡待ちです。ふぅ。(^_^;)

【追記】
転院先のドクターから「紹介状を受け取りました」という連絡のあと何度かやり取りをし、腫瘍マーカーの推移と最近の画像データを送ったところ、「このまま無症状であれば、1/16に次のフェソロデックスで十分問題ないと思います。」との見解をいただきました。
ですので、特に変わったことがない限り、1/16が転院先病院の初受診です。

12月9日(金) CT&受診 フェソロデックス4回目

今日は9時からCT検査なので、8時半にチェックイン。採血を受けてから画像診断センターに向かいます。
待ち時間の間に看護師さんから飲食の状況(朝食抜き)等について確認があり、予定時刻の9時ごろに名前を呼ばれてCT検査室へ。カーテンで仕切られたコーナーで検査着に着替えます。
検査着になって検査台に仰向けになると、まず造影剤のルート確保。そして撮影。造影剤なしで頭部と体部を撮影後、造影剤を入れて再度撮影しました。

CTは30分余りで終了。診察は12時半の予約なので一旦外出し、朝ご飯を食べます。いつものファミレスでモーニングセットを食べ、クリニックに戻ったのは10時半ごろ。予定時間よりかなり早いですが、待ち合いロビーで本でも読んで時間をつぶそうと考えていると、意外に早く名前を呼ばれました。まだ11時ぐらいです。このぶんなら午後からの仕事に余裕で間に合いそうです。

さて、診察室に入ると真っ先に「咳はどうですか」と聞かれました。どうやらCTの結果はあまり良くなく、肺の腫瘍は増悪している模様。腫瘍マーカーCEAも37.7とこれまでの最高値です。でも咳や血痰などの症状は今のところあまりありません。発熱もまったくなし。ドクターとしてはフェソロデックスは効いていないという判断で、治療変更をしたほうが良いと考えているようです。
しかし、今は来年4月からの転院を迫られている状況なので、転院先の当てがあるなら新しい病院で今後の治療を相談したほうが良いという意向のようです。しかも今は年末。万が一、緊急に診療が必要となった場合に備えて、年内にも新しい病院につながっていたほうが良いとのこと。

実は前回の受診の際に、今のクリニックでは後任のドクターがどうなるか全くわからず、継続しての診療は難しいという状況を確認しました。単に主治医が他の病院に移るのではなく、このクリニックの診療方針が変更になるようです。とすると、主治医が当面は週に1度診察する予定という病院に転院するか、あるいは主治医も変更して他の病院に行くか、決めなければなりません。
私のこれまでの長い患者歴のおかげで、転院先の候補となる病院はいくつかあります。つい先日、そのうちの一つに打診をしてみたところ、受け入れ可能との返事をもらったところです。
ドクターにその旨を告げると、そこへ転院する方向であれよあれよと話が進み、場合によっては今日でこのクリニックでの診察は最後という感じになってしまいました。診療情報提供書とこれまでの画像データは、近日中に自宅あてに郵送してくれるとのこと。どうやら3月までに多くの受け持ち患者の身の振り方を決めなければならないので、転院先のあてのある患者は早めに整理したいのかもしれません。

今日のところはフェソロデックスとランマークの注射をすることなりましたが、次の診察予約はなし。いったん診察室を出て注射の準備ができるのを待ち、別室に入ってフェソロデックスとランマークの注射をしてもらって終了です。