記事一覧

2月28日(火) CT検査

転院後の病院で初のCT検査です。
検査後は出勤の予定なので、予約時間はアサイチの8時半。検査の15分前までに受付するようにということなのですが、病院のホームページを見るとそもそも8時15分からしか受け付けできない模様。そこで8時15分を目指して家を出ました。
電車はすでにラッシュ時間帯に突入していましたが、意外にスムーズに到着。予定時間より5分以上早かったのですが、自動再来受付機は既に動いていてスムーズにチェックイン。放射線科の受付に行くと番号札があって私は6番。ここは8時半から開始のようです。
受付前のソファでしばし待つと8時半になって次々と番号が呼ばれていきます。私の番号が呼ばれCT検査準備室というところで待つようにとの案内があり、そこへ行くと2~3分で看護師さんに名前を呼ばれました。
どうやらこの病院は、金属のものだけ外せば、検査着に着替えずに検査するようです。時間短縮等を図っているのかもしれません。
ウィッグは大丈夫ということなので、更衣室でブラジャーだけ外し、ロッカーに荷物を入れて造影剤のルート取り。朝からあまり水を飲んでいなかったので、「血液がどろっとしてますよ。お水飲んでくださいねー」と言われ、点滴台につながれた状態でCT検査室の前まで行きます。ここでも1~2分で名前を呼ばれて検査室にin。検査台に乗るとヘアバンドを止めているピンを外すようにと言われます。頭部CTの予定はなかったので確認してみると、胸部~骨盤の場合でもあごのあたりから撮るそうです。そうするとウィッグの襟足部分にも金属がついているのでウィッグを外さなければなりません。
自毛はショートヘアぐらいになっているのですが、検査後は出勤予定なので今日はウィッグスタイルです。自毛がある程度長いのでヘアネットでまとめる必要があり、それを止めているピンが5本。そこにウィッグ。ウィッグの上にヘアバンドを付け、ヘアバンドをずれないように止めているピンが4本。これらをあわててその場で外しました。検査のドクターも若干あきれた様子で待っていてくれました。
仕切り直しで再び検査台に乗り、肺の腫瘍のために仰向けになると咳が出ることがあると申告し、検査開始です。
撮影自体は10分もかからずに終了。検査室併設の更衣室でなんとかウィッグを元通り装着し、検査準備室に戻ってブラジャーを付け直します。次の診察予定がある場合はそのまま次の受付に行くのですが、私は検査のみなので受け付けにファイルを提出。総合受付の3番にファイルを出すように指示されます。そのとおりに進むと会計番号(8番)を渡され、電光表示板に番号が表示されたら会計処理終了なので、自動支払機で支払いを済ませて終了です。
全部終了して病院を出たのは9時少し前。全部で1時間もかからず、速攻でした。通常の出勤時間に十分間に合います。
結果は3月16日の受診日に聞く予定です。

OMCE第14回 がんに対する免疫療法最前線

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『新たな時代を迎えたがん免疫療法
-現状と将来展望-』
慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授
河上 裕 先生

https://oncolo.jp/event/omce14report

第48回キャンサーボード勉強会

『肺癌の薬物療法:標準治療と最近の話題』
国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長
堀之内秀仁先生

2月16日(木) 転院後2回目の受診 フェソロデックス継続

今日は、先月から転院した新しい病院へ2回目の受診です。
昨年12月9日に撮ったCTの結果が思わしくなく、治療変更も視野に入れた転院でしたが、1月の段階では「もう少し様子を見ましょう」と治療変更は先延ばしにしていました。
そうこうしているうちに1月下旬から咳が出るようになってしまい、画像上の増悪と腫瘍マーカーの上昇に症状の出現が加われば今の薬に耐性ができたと解釈せざるをえません。増悪の度合いにもよりますが、chemo再開はやむをえないと覚悟の上で病院へ向かいました。

今日の予約時間は10時半。受診の前には採血と胸部レントゲンが予定されているので、血液検査の結果が出るまでの時間を織り込んで9時半を目指して病院へ向かいます。
ほぼ予定時刻にチェックインし採血へ。先月の受診時と時間帯が異なるためか、採血待ちの人がたくさんいます。私の採血受付番号は156でしたが、採血室に入れているのはまだ120番台で、「中へお入りください」の順番が回ってくるまで15分ほど周辺のベンチで待ちます。採血室へ入ってから採血までは3分ほどで、今日は3本採取。その後放射線の受付へ向かいます。こちらは比較的すいていて、撮影してから腫瘍内科の外来受付へ行くまで10分ほどでした。
さて、ここからが長いです。外来待ち合いで待つこと50分。中待合いへ移動してから30分。途中、同じ苗字の人がいたため別の診察室から呼ばれてびっくりしたりしましたが、診察室に入ったのは11時半過ぎ。予約時間より1時間遅れでしたが、この規模の病院では早いほうかも。

診察室へ入り、ご挨拶をして、血液検査とレントゲンの画像を前に話が始まります。結果は両方ともほとんど前回と変化なしでした。咳が出始めた原因はあまりはっきりしないが、前回より少し影が濃くなっているところがあるので、それが神経を刺激しているのかもということです。今の段階では治療を変更する積極的な理由はないので、今日のところはフェソロデックスとランマークを継続することになりました。私としては超ラッキーな結果でした。

次回の診察は4週間後ですが、それまでの間に一度CTを撮ることにし、2月28日に検査予約を入れます。CTの結果を見てから今後の検討ですが、選択肢としてはティーエスワンかゼローダかハラヴェンか、というところのようです。
去痰薬は手持ちのムコダインとムコソルバンがまだ残っているので、必要に応じてそれを服用することにし、鎮咳薬としてフスコデ配合シロップを処方してくれました。

診察室を出て、注射等の準備ができるのを少し待ちます。今度は化学療法室内の小部屋に案内され、フェソロデックス注射、ランマーク注射、CVポートの洗浄を済ませて診察&治療は終了。所要時間は約3時間でした。

第8回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「若年世代のがん」

国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科
清水千佳子先生

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html