記事一覧

OMCE第16回 乳がん治療の進歩 -ホルモン療法を中心に-

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『乳がん薬物療法の進歩-ホルモン療法を中心に-』
福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 主任教授
佐治 重衡 先生

https://oncolo.jp/event/omce16report

4月19日(水) 緩和治療科受診

前回は12月だったので4か月ぶりの受診です。

おおむね3か月ごとに画像を撮ることが多いので、新しい画像データが出た時や、何か変わったことがあった時に報告や相談のために受診していたのですが、最新のCTを撮ったのが2月28日。いつもどおりなら3月下旬に受診するところですが、年度末・年度始めで仕事が繁忙期。あまり仕事を休みたくないので今日になりました。
予約の電話を入れたのは3月で、既に咳・痰が酷くなっていたのを説明すると、電話に出てくれた看護師さんが「症状があるのにそんなに先で大丈夫ですか」と心配してくれました。でもやむをえません。

予約時間は10時45分ですが、なるべく早く終わらせたいので早めにチェックイン。外来受付で画像CDを渡して保険証の確認もしてもらいます。診察前の問診をタブレットで入れることになったようで、2階へ移動して入力を済ませ、待ち合いで待つこと1時間余り。中待合いに呼ばれたのは11時過ぎでした。

診察室に呼ばれたのは、更に10分ぐらいしてからだったでしょうか。報告事項は以下のとおり。
・転院はスムーズに問題なくできたこと。
・12月以降、腫瘍マーカーに大きな変化はないので、フェソロデックス&ランマークを継続していること。
・1月下旬から咳・痰が出てきていること。
・2月28日にCTを撮ったが、その後のレントゲンで気になる所見があったため、5月2日にまたCTを撮る予定であること。
・咳・痰の対処としては、ムコソルバンL、カルボシステイン、フスコデ配合シロップを処方してもらっているということ。
などなど。

姑息的放射線照射についても尋ねてみましたが、効果の予測が難しいので、下手をすると呼吸困難が進んでしまうことも。そのようなリスクを冒してまでやるメリットは期待できないだろうとのことです。

主治医が乳腺外科医から元呼吸器内科の腫瘍内科医に変わったこともあり、咳・痰の対処について緩和のドクターは「○○先生なら大丈夫でしょう」と全幅の信頼を置いている様子です。
薬剤変更の候補薬についても、私の心づもりを話すと「それでいいと思います」と言ってくれました。
結局、4か月間の状況報告をしただけで終了しました。

第50回キャンサーボード勉強会

『放射線治療の進歩─volumetric modulated arc therapyにできること─』
大船中央病院放射線治療センター センター長
武田篤也先生

4月13日(木) 受診、フェソロデックスまたまた継続

今日こそはスムーズに受診できるよう予約時間もしっかり確認。今までよりは早めの10時診察予約なので、事前の採血・レントゲンの時間も見越して8時には家を出ます。病院に到着し、自動再来受付機でチェックインすると時間は9時5分でした。
そのまま採血コーナーに移動して、やはり自動受付機で受付すると採血は7分待ち。採血が終わって放射線のコーナーに移動し受け付けに書類を出し、中待合いに行くよう名前を呼ばれたのが9時15分。レントゲンを済ませて腫瘍内科の診察受付をしたのが9時26分。中待合いに呼ばれたのが10時27分。診察室に入ったのは10時45分ごろでしょうか。今日はとてもスムーズです。

体調はあまり変わったことはありません。咳・痰は相変わらずで他の症状は特になし。昨晩、久々に熱っぽい感じがあって体温が37.5度になりましたが、今朝は平熱。血液検査のCRPも1.64と少し高くなっていて、今後注意する必要はありそうです。
毎朝自宅で計っている酸素飽和度は以前は97%前後だったのが、最近は96%前後になっていることを話すと、ドクターは「う~ん」という感じ。
画面には腫瘍マーカーの推移が表示されていますが、これは相変わらず横ばいで、これを見る限りでは積極的に治療変更する理由はないとのこと。ただ、レントゲンの画像が気になるそうで、無気肺で白くなっていたところが薄くなっていて、別のところに濃い影が出ているそうです。これは判断が難しいので、2/28にCTを撮ったばかりだが、またCTやりましょうということになりました。

咳・痰の対処法として、姑息的放射線治療などはないか聞いてみました。選択肢としてあり得ないわけではないが、肺の下の方は呼吸による動きが大きいため、正常組織に放射線がかかるリスクが高いこと、また放射線は線量の限度があるため、今の状態では良心的な放射線科医なら化学療法を勧めると思うというのがドクターの意見でした。

CTの予約を入れた後、血液検査の結果をもらえるようにお願いし、来週受診予定の緩和治療外来へ持っていく画像のコピーをお願いし、次回の予約を5月11日に入れ、次回までの薬の処方をしてもらい診察はおおむね終了。
診察室から処置室に移動して、ポートの洗浄とランマーク注射とフェソロデックス注射をしてもらいました。
終了後は画像のCDを受け取るので総合受付で計算処理の受け付けをしたのがちょうど12時。20分ほど待って支払をしCDを受け取ったのですが、血液検査の結果が入っていません。またドクターが忘れちゃったのでしょうか。
調べてもらうようにお願いし、待つこと30分。なんとか予定の出勤時間には間に合いそうです。ふぅ。

ちなみに、病院前の桜並木は満開で良いカンジでした。