記事一覧

5月11日(木) 受診、フェソロデックスまだまだ継続

診察予約時間は10時。その1時間前から採血ができるので9時病院到着を目指して家を出るようにしているのですが、実際の診察はいつも1時間以上遅れます。どのみち診察が遅れるのであれば、焦って早くに採血しなくてもいいかなぁーとタカをくくって、今日は朝ドラを見てから家を出ました。

病院に到着し自動再来受付機でチェックインしたのは9時13分。そのまま採血の自動受付機に診察券を入れても反応がありません。受け付けに申し出ると、なんとドクターの採血オーダー漏れ。ぷんぷん。<(`^´)>

改めて血液検査の番号札をもらい、採血を終えて外来受付をしたのは9時半。10時35分には「中待合いへ」の表示が出ました。意外にスムーズです。

診察室に呼ばれたのは11時少し過ぎでした。
中待合いで何度か咳をしたので、入室してすぐにドクターから「咳してたのは○○さん?」との問い。「はーい。他の人は全然咳してなかったし」と私。
いつものとおり、この1か月の状況を報告するのですが、酸素飽和度は95%前後と前よりやや落ちていること。前回の受診前後にあった発熱はその後なく、特に問題はないこと。咳や痰は依然として同じような状況であること。朝に腰痛が起きるが、昼間は改善するので骨転移ではないようだということ。ここ3カ月で体重が1kg減ったということ。(ただし、私的にはあと2~3kg減らしたい)

5月2日のCTの結果は特に大きな変化はなく、血液検査の結果も大きな変動はないとのこと。相変わらず治療を変更する積極的な理由はないので今月もフェソロデックス&ランマークを継続です。ただし、どのタイミングで治療(薬剤)変更するかは思案のしどころ。「いつでも変更できるようにしてあるよ」とドクターはなんだか嬉しそうです。でも私としては余程腫瘍マーカーの上昇が続くとか、新たな転移が見つかったとかでもない限り、できる限り先送りしたいところです。

CTでは左の臀部に薄い影があって、ドクターは「これは何かなぁ」と気になる様子。立位で確認したりしましたが、私が「フェソロデックスの注射位置ですね」というと「それだ!」と納得した様子。電カルに「フェソロデックスの注射痕か?」と入力していました。腰痛の原因はCTには何も映っていないようで、「何でしょうね?」という私の問いには「歳?」という答え。(^_^;) 確かに単に歳のせいかもしれません。

今度こそ漏れの無いように、薬の処方を入力してもらい、来月の予約も漏れの無いように入れてもらい、今日の血液検査の結果もプリントアウトしてもらい、診察は終了です。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。
全部終了して病院を出たのは12時10分。今日はトラブルはあまりなく、スムーズな診察でした。
(実は自動支払機で反応しないので受け付けに聞いてみると、なんと診察券ではなくクレジットカードを入れていたことが判明。お恥ずかしい。その後、ちゃんと診察券を入れても反応せず、今度は会計がまだ終わっていなかったらしい。3分ほど待ってやっと会計できましたが、その自動支払機の紙受けのストッパーが甘いらしく、出てきた領収書や明細が床に散乱。一瞬ですがあわてました。てへ)

次回は6月8日(木)の予定です。

5月2日(火) CT検査

現病院で2回目のCT検査です。

この病院の検査体制については、2/28の検査(http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=236)でいろいろ判明したことがあるので、スムーズにいくように今回は万全の態勢を整えました。
まず、この病院はCT検査で検査着を使用しません。靴も脱ぎません。胸部のCTなのですが、首から下だけでなく顎のあたりから写すらしくヘアピンなども外すように指示されます。
そこで、上半身は通常のブラジャーは着けずに、金具が一切ついていないカップ付きインナーと、念のためボタンなどがついていないTシャツにしました。
ウィッグは付けずに。ただし、終了後は出勤なので、病院で検査終了後に装着できるよう準備して持参。
造影剤を使うので朝ご飯はもちろん抜きですが、お水はコップ1杯以上飲んでおきます。

前回同様8時15分を目指してやや早めに家を出ましたが、電車のダイヤの都合で、前回とほぼ同じ時間に病院に到着しました。
自動再来受付機でチェックインしたのが8時6分。放射線科の受付の番号札は12番。今日は8時15分から受け付けが開始され、8時40分には検査終了。終了後にCT準備室内の更衣室を使わせてもらいウィッグを装着し、会計を済ませ、病院を出たのは8時55分でした。滞在時間は45分でした!

結果は5月11日の受診日に聞く予定です。