記事一覧

第52回キャンサーボード勉強会

ファイル 282-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『未熟ながんリテラシー国家における、がん専門医療従事者の使命』
東京オンコロジークリニック代表
大場大先生

6月8日(木) 受診、フェソロデックスしぶとく継続(9か月目)

今月も診察予約時間は10時で、家を出たのは8:15。病院に到着して自動再来受付機でチェックインしたのは9:12。採血の自動受付機で受付をしたのは9:14。約8分待ちと予想時間が出ています。

予定より若干早めに採血が終わり、引き続き2階の放射線検査の受付へ移動。名前を呼ばれて中待合いへ移動したのが9:30。少々待って名前を呼ばれ、上半身を検査着に着替えて撮影し、終了して腫瘍内科の受け付けをしたのが9:42。今日もなかなかスムーズです。
受付前の待ち合いロビーで50分ほど待っていると、液晶表示板に「中待合いへ」の表示が出たので診察室の入口前のほうへ移動すると、ドクターが診察室から顔を出してこちらを見ています。「私ですか?」とジェスチャーで尋ねると、やはりジェスチャーで「そうそう」とのお答え。今日はめちゃめちゃ早いです。

診察室に入って早速1か月の変化を訊かれましたが、ほぼ変化なし。レントゲンの画像も、血液検査の結果も変化なしです。「これだと治療変更する理由はないよね。いやぁ~、がっかりしてるわけじゃないけどぉ~・・・」とドクター。血痰の様子を聞かれましたが、「血の塊ということはないですが、かなり血が混じっていることもあれば、普通にクリーム色のこともあります」と私。時々写真に撮っているので「見ますか?」と聞くと、見るというのでデジカメに残っている最新の画像を見せました。ふぅ~んという反応です。

次回の診察予約を入れ、「レントゲンも引き続きやりましょう」と予約を入れ、今日の血液検査の結果をプリントしてもらい、薬の処方を入れ、ほぼ終了。フスコデシロップはあまり服用せず、先月の余りがあるのでなし。デノタスチュアブルは念のため1日1錠です。
ASCOでのパルボシクリブの話題や、無気肺や痰のことなどを少し雑談し、11時前には診察終了。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。処置室から出ると受け付けに持ち帰り以外の書類を提出し、後は会計して終了なのですが、次回の予約票を確認すると採血の予約が入っていない模様。またドクターの入力忘れのようです。(~_~;) 念のため受付に申し出ておきました。予約を入れておいてくれるそうです。
会計も終了して病院を出たのは11:47。まれにみる早さでした。貴重な有給休暇が節約できてうれしいです。

次回は7月6日(木)の予定です。