記事一覧

第16回かながわ乳がん市民フォーラム

このフォーラムには、私は第1回から参加し皆勤賞です。
いつもは、教育講演+体験者のお話+パネルディスカッションという構成なのですが、今年は「今こそ受けたい乳がん授業」と銘打って、ステージ上で模擬授業を行う企画です。
なんと、16回目にして私もステージに上がることとなりました。
てへ。(^^ゞ

■日時:2017年8月26日(土)午後1時~午後4時(開場12時30分)
■会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
■参加費:無料

申し込み等、詳細は以下の通り。
http://www.nyugan-forum.jp/

1時限目 生物「そもそも乳がんとは?」
2時限目 歴史「乳がん治療の変遷」
3時限目 化学「お薬が世に出るまでの長い道のり」
4時限目 家庭科「乳がん治療と生活」
 放課後 乳がん体験者のよもやま話

会場の席数があまり多くないため、興味のあるかたはぜひ事前申し込みをお願いします。

7月6日(木) 受診、フェソロデックスまたぞろ継続(10か月目)

今日はかなり眠いです。昨夜、錦織クンのウィンブルドン2回戦LIVEを最後まで見てしまったのが原因。

先月同様8:15に家を出て、病院のチェックインは9:12。そのまま採血の受付に回ると、なんと予約が入っていません。先月の受診の後に伝言しておいたのに、それでも採血オーダーが入っていない。プンプン。<`ヘ´>
先にレントゲンに回り、その間に確認してくれることとなり、2階の放射線検査の受付へ移動。レントゲン撮影をして再び採血に戻って来たのが9:30。今度はちゃんと受け付けも処理済みで、採血をして腫瘍内科の外来受付をしたのが9:40。そこから「中待合いへ」の表示が出るまで、今日は1時間20分かかりました。本を読みながら待っているつもりだったのですが、今日はめちゃめちゃ眠くてほとんど居眠りしてしまいました。

中待合いでの待ち時間は20分ほどで診察室にin。いつもどおり前回受診後の状況報告ですが、ほとんど変化なし。レントゲンの画像も、血液検査の結果も変化なし。ということで、またぞろフェソロデックス継続です。いつまで続くかこの薬。添付文書に記載の情報によれば、内分泌療法未治療の、ホルモン受容体陽性の閉経後局所進行性又は転移性乳癌患者を対象に、本剤500mg(HD投与)をアナストロゾール1mg/日と比較する第III相試験を実施した(無作為化例数462例、日本人31例を含む)ところ、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の中央値は16.6カ月だったそうなので、あと6カ月は期待できるかも。
咳は困るほどではありませんが、痰は相変わらず。酸素飽和度は95~96%程度なのですが、診察室で計ってみると94、93、92とぐんぐん下がる!「ここまで数値が低いと障害年金に該当するかしらん」とつぶやくと「数値は随時変化するから、症状(息苦しさ)がなければあんまり気にする必要はないよ」とドクター。いやいや症状がなくても申請書類が書けるレベルかどうかのほうがポイントです。行政マンとしてはズルしてまで障害年金もらおうとは思わないけど、ほぼ該当する状況になったら遅滞なく申請したい気持ちはオオアリなのです。
ほかの症状としてはここ数日の脚の痙攣と、先月受診日の夕方にあった視野異常(きらきらする)。どちらも今の病気とはあまり関係なさそうですが。
採血オーダー漏れについてはドクターも気づいた様子ですが、タッチの差で問い合わせが来たらしい。今日こそオーダー漏れの無いように、次回の診察予約、採血予約、レントゲン予約を入れてもらい、薬の処方をもらい、今日の採決結果のプリントをもらい、診察は終了です。ちなみにデノタスは休薬して様子を見ることにしました。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。処置室から出ると受け付けに持ち帰り以外の書類を提出し、後は会計。会計を終了して病院を出たのは12:20。
次回は8月3日(木)の予定です。