記事一覧

9月28日(木) 受診、フェソロデックスいまだに継続(13クール目)

まるで台風のような低気圧で、豪雨の予想の朝。私が出かける時間には、既に普通の雨になっていました。
今週で終わりの朝ドラを見てから家を出、病院にチェックインしたのは9時12分。雨の予報だから少しぐらい遅刻しても大丈夫だろうと高を括っていたのですが、案の定、電車の遅延やら何やらで、結局いつもよりスムーズです。
採血もすぐ終わり、レントゲンも中待合いで待つ時間もなくすぐに終了。腫瘍内科で受付後、中待合いへの表示が出たのは10時半ごろ、診察室から呼ばれたのは11時前でした。

さて、診察室へ入り、ご挨拶をして、この1か月の体調を報告。まったく変化はありません。ドクターは「今日は腫瘍マーカーの結果が遅くてまだ出てないんだよねぇ」と言いながら、「レントゲンの画像ではここがちょっと膨らんでるかなぁ」。症状としては咳・痰は若干減ったような感じで、血痰はあまり出なくなったと言うと、「(良くなったというより)ちょっと隙間があったのが、完全にふさがったのかも」。私も同じことを考えていたので同意しておきました。でも、その場で酸素飽和度を測りましたが96%と低下は特になし。
そうこうしているうちに腫瘍マーカーの結果が出て、「あ、ちょっと上がってるねー。この病院に来てから歴代1位だ」。CEAの数値は53ぐらいです。前回(8/3)が39だったので、4割増しぐらい。「いやいや、これまでで最高値です」。ただし期間は8週間開いているので、それほど急激な増加ではありません。ということで、今日も治療変更はなし。

次回の10月26日の予約を入れ、去痰薬と鎮咳薬の4週間分の処方をしてもらい、インフルエンザ予防接種の予約を入れてもらい、診察は終了。
診察室を出てしばらく中待合いで待っていると、今度は別の診察室からお呼びが。なんと、今日の注射は処置室ではなく、空いている診察室でした。
CVポートの洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい終了。診察室に忘れてきた(!)傘を受け取り、会計をして病院を出たのは11時50分。いい感じの時間です。

この日記を書いていて、血液検査の結果印刷をもらい忘れたことに気が付きました。失敗、失敗。来月は忘れずにもらわなくちゃ。

OMCE第21回 信頼できるがん情報とは?

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『信頼できるがん情報とは?』
国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
後藤 悌 先生

どうして「がん情報」に危険が潜んでいるのか?
・病気は同じでも、それぞれの経過をたどる
・各人の価値観が問われる
・医師の取り組みが少ない
 -情報を分かち合ってこなかった
 -広告が規制されている
・規制が不十分
 -薬機法・再生医療法
・有効だが高い治療が、日本では保険診療ではないという誤解

第14回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

「ハザマ世代のがん」

スピーカーは腫瘍内科医の杉山絢子先生で、ハザマ世代とは、およそ40歳から50歳代(60歳未満)をいうらしい。
後半はテーブルごとにディスカッションを行いました。

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

9月20日(水) 緩和治療科受診

前回の受診は4月中旬だったので、5か月ぶりの受診です。変化がほとんどないので、徐々に受診間隔が長くなって来ています。

朝ドラを見て、ややのんびり目に家を出たのですが、意外に早く着きチェックインは9時25分。総合診療の受付で保険証確認をしてもらい、持参した画像資料のCDと血液検査結果のプリントを預けます。そのまま待合いで本でも読んで待とうかと長椅子に座りましたが、受け付け票に問診を受けるようにとの記載があることに気づいて2階へ。そういえば、最近は受診前にタブレットで問診を入力することになったのでした。0から10のスケールで答えるのですが、痛みや吐き気、だるさなどについては、すべて0、0、0。
問診の入力を済ませて再び外来の待ち合いに戻り、しばし読書。すると10時半ごろ呼び出し機が鳴動し中待合いへ。診察室に呼ばれたのも意外に早い時間でした。

ご挨拶をして椅子に座り、何から話そうかとしばし沈黙。ドクターは今日はみょうに(?)和やかな雰囲気です。
前回(4月)の受診と比べてあまり変化はないこと、画像上では腫瘍(無気肺)は少しずつ大きくなっているが、腫瘍マーカーは横ばいで、咳・痰は若干少なくなり、血痰も減ったことなどを報告。先に提出した画像と血液検査の資料は既に見てくれている様子で、腫瘍マーカーの横ばいと無気肺が若干広がっていることについて「そのようですね」と相槌。治療については、まだ薬剤変更せずにいる(フェソロデックス、ランマーク)ことにややびっくりした様子でした。でも、引っ張れるならできるだけ変更しないほうが良いとの意見も。そして、実際に腫瘍がどのぐらい大きくなっているかを見る方法としては(正確ではないが)PET-CTぐらいでしょうね、でも厳密には保険適用じゃぁないんだよね、とも。
困った症状も特にないし、診察はこれで終了です。次回はまた自分で電話して予約をとることになりますが、変化がない場合は受診間隔が空いても良く、6か月先とかでも大丈夫とのことを確認。最後に「○○先生(今の主治医)によろしく」と、またまた言われてしまいました。

診察の後は資料返却カウンターでCDを受け取り、会計を済ませて11時に終了。今日はとても早かったです。

第53回キャンサーボード勉強会

ファイル 254-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『大学における腫瘍内科学の確立と、がん薬物療法の課題』
昭和大学医学部内科学講座 腫瘍内科部門教授
佐々木康綱先生

医大や大学病院内での各診療科の守備範囲は一律ではない模様。
後半はBiomarkerの話題で、特定の酵素の有無や遺伝子変異の違いによって効く薬剤が違ったり、効き方に差が出たりするとのこと。
2010年に誕生したエリブリン(ハラヴェン)はいわゆる抗がん剤としては最後のものだとか。確かに、それ以降は分子標的薬ばかりのような気がします。

第9回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「知っておきたい!がんリハビリテーション」

慶應義塾大学病院 腫瘍センター リハビリテーション部門
辻 哲也先生

脳血管障害等に比べて、がんのリハビリはこれまであまり注目されてきませんでした。しかし、治療開始前に予防的に行うもの、治療による機能障害や筋力・体力の低下からの回復を図るもの、がんの進行等によって進行する機能障害から機能の維持・改善を目指すもの、進行がん・末期がんの患者に対して緩和やQOLを保つことを目的とするものと、それぞれの場面で介入する余地があるようです。