記事一覧

OMCE第22回 日本と世界の緩和ケアの違い

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『これからの緩和ケア』
埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授
岩瀬 哲 先生

患者仲間のEさんと一緒に参加。
感想は・・・、うーん、聞かなくても良かったかなぁというカンジ。

10月26日(木) 受診、フェソロデックス、今月も継続(14クール目)

今日は久々に良い天気です。
仕事が丸一日お休みになったので、ゆとりを持ってのんびり目に家を出ます。
電車は大幅に遅れていましたが、病院に到着したのはいつもとさほど変わらない時間でした。
先月の受診の後、よくよく予約票を見てみると、レントゲンの予約が入っていないことを発見。気づいてすぐに主治医に連絡したので、今日の受け付けにはちゃんと入っていました。

いつもどおり、採血→レントゲン→腫瘍内科の外来受付とスムーズに進みます。外来受付の後、再び名前を呼ばれて受付に行くと、インフルエンザ予防接種用の問診票を渡されました。そうそう、今日はインフルの注射も行う予定です。
体温も測り、問診票を提出してから50分ほど読書しながら待っていると「中待合いへ」の表示が出て、更に10分ほどすると診察室に呼ばれました。

「おはようございます」と挨拶をし患者用の椅子に座ると、ドクターは「動いた直後の数値はどうかな」とパルスオキシメーターを差し出します。測ってみると95から徐々に増えて行き98まで行きました。私「普段は朝の起き抜けに測るので、98まで行くのは珍しい」とつぶやきます。体調を聞かれましたが「特に変化はありません」。咳や痰・血痰も、最もひどい時よりは少なくなり、その状態が持続しているカンジです。腫瘍マーカーは相変わらず微増。これまでの最高値を更新していますが、ほんのわずかの上昇なので誤差の範囲。レントゲンも若干影が膨らんだようですが、これもほんの少し。ということで、治療は変更なしです。
パルボシクリブ(製品名イブランス)の話を少しして、使えるようになったらやりましょうということにしました。ドクターはイブランスの添付文書情報が既にネットで見られることを知らなかったようで、私が「併用の内分泌療法に制限はないので、フェソロと一緒に使うのもOKみたいですよ」と言うと「それなら使いやすい」と言っていました。ただ、発売直後は院外処方だと薬局に置いてない可能性が高いので、最初は院内でもらうことになるみたいです。薬価収載は必ずしも月初めとは限らないようなので、こまめに厚生労働省のサイトをチェックすることにします。
最近、右手の甲に直径7ミリほどの色素沈着ができていることに気付いたので申告しましたが、どうやら加齢によるシミのようです。(^_^;)
次回の受診日は4週間後が祝日のため、1週間先送りしました。次回の予約を入れ、採血、レントゲンのオーダーも確認しつつ入力。血液検査の結果は、先月忘れた分と今日の分を印刷してもらい、薬の処方も5週間分してもらい、今日は漏れなくバッチリです。

いったん診察室を出ると、ほどなくクラークさんが処置室に案内してくれて、4番のベッドでしばし待機。看護師さんが来て、まずはインフルエンザの注射をして、次にCVポートの洗浄ですが、1回目はやや痛みがあってやり直し。2回目はうまく入らず、別の看護師さんに代わってもらいました。代わって3回目は問題なく入り、ポートフラッシュ。ランマークを右腹部にしてから両臀部の筋肉にフェソロデックス注射をし、終了です。
会計まで終了したのは12時10分。今日もなかなかスムーズでした。針は合計8回も刺してしまいましたが。

次回は11月30日(木)です。

家に帰ってから添付文書情報を見直してみると、既に「2017年10月改訂(第2版)」となっています。どこが変わったのでしょうか?誤植でもあったのかな?

第54回キャンサーボード勉強会

ファイル 253-2.jpgファイル 253-1.jpg
日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がんサバイバーへのLifestyle intervention(ヨガ、運動、肥満改善・予防)』
東海大学医学部乳腺内分泌外科准教授
新倉直樹先生

自称・晩期再発4姉妹で参加。久々に得るものの多い勉強会でした。
先々週のNCCオープンセミナーで聞いた食事の話とかぶるところもありましたが、それぞれのアプローチで同じ話が聞けたので、内容の信頼度もぐっと増します。
やっぱりヨガは良いらしい。補完代替療法も、こういう方面の研究をきちんとやってほしいですね。

ちなみに、晩期再発4姉妹は、長女Gさん、次女Fさん、三女Eさん、四女リスミンです。

第10回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「食とこころの健康~魚油を中心に」
国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長
松岡 豊先生

がんの初期治療後の経過に関わる因子としては、各人のもともと持っている体質(宿主因子)や、そもそもどんな治療をしたか、それぞれの腫瘍の性質(腫瘍因子)などがありますが、唯一、患者が努力して変えられる因子として健康行動、つまり食事・運動等が挙げられるそうです。
また、非感染性疾患の最大の危険因子は食事とも言われています。

欧米では、食事の質と死亡リスクとの関係を調べた臨床試験もあるそうです。
それによると、健康的な食事で死亡リスクが低下するそうです。
お勧めは、オメガ3系脂肪酸を摂取すること。それには、魚食を多く摂ること。エゴマ、亜麻仁、チアシードなどを日常の食生活に取り入れること。果物、野菜、全粒穀物を増やすこと。外食回数やファストフードを減らすこと。
魚食やオメガ3系脂肪酸は、うつ病のリスクも下げるそうです。

CDK4/6阻害剤パルボシクリブ(製品名イブランス)承認

乳がんの新しい薬イブランスが承認されました。

ファイザー
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_09_27_01.html
日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP458528_X20C17A9000000/

私が今使っているフェソロデックスとの併用も可能のようです。
薬価収載は11月の見通しのようなので、このままフェソロを引っ張れれば使えるかも。