記事一覧

11月30日(木) 受診、フェソロデックス、今月も継続(15クール目)

11月22日に正式にイブランスが薬価収載されたので、ひょっとしたら薬剤追加もありうるかなーという感じの受診日です。
いつもと同じ時間に家を出たら、今月も電車のダイヤが乱れていて、逆に意外に早く9時8分に病院到着。
採血→レントゲンもするすると進み、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時半でした。それからは血液検査の結果待ちなので、おおむね1時間は待つ予定。本を読んだりトイレに行ったりしていると10時15分ごろに「中待合へ」の案内表示が出ました。早いです。診察室に呼ばれたのは10時半ごろだったでしょうか。

「おはようございます」と入室して荷物を置き、患者用の椅子に座ると、まずは1か月の状況報告。まったく変化はなしです。咳も痰も特に多くなっていないし、痛みや炎症や困った症状もなし。血液検査の結果は相変わらず微増。以前はCEAとCA15-3がバラバラに反応(CA15-3のほうが感度が低く、かつ遅れて反応)していましたが、最近はほとんど同じ傾向で上下しています。とはいえ、半年前と比べて4割増し、1年前と比べても2倍弱というスローペースの増加なので、まだまだフェソロデックスは継続しそうです。
レントゲン画像も1か月前だとほんとんど違いが判らないので、ディスプレイに4か月分をまとめて表示してくれましたが、それでも「ちょっと大きくなったかなー」という程度。しかも、大きくなっているのは無気肺の範囲なので、実際の腫瘍径はどのぐらい成長しているかは不明。
ということで、かねてから懸案のPET-CTをやることにしました。
この病院は院内にPET-CTがないので、PETを所有している近所のクリニックで検査することになります。ドクターがその場でクリニックに電話を入れて受診日を予約。12月12日になりました。
そして次回の受診は4週間後の12月28日。イブランスは今日はまだ院内の手続きが済んでいないので、来月からということになりました。私のようにフェソロデックス継続中に途中からイブランスを追加するというのは添付文書の使用方法どおりではないのですが、それは問題ないようです。この病院は治験には参加していなかったそうで、これまでイブランスを処方したことはないとのこと。ドクターも使うのが初めてだそうです。「私のような状況でイブランスを追加することについてどう思いますか」と聞いてみたら、即「使ってみたい!」とのお返事。ドクターも興味深々といったところです。ドクターの受け持ち患者の中では、イブランス適応になるのは今のところ私の他にはいないようです。たまたま私の周りには、適応になりそうな患者仲間が何人もいるのですが・・・。
イブランスを使うのであれば、使用前・使用後の比較対照のために画像を撮っておきたいということで、来月はいつもどおり採血もレントゲンもやることになりました。
去痰薬の院外処方をしてもらって、今日の血液検査の結果を印刷してもらって、診察は終わりです。なんだか随分長話をしてしまいました。
再び中待合で少し待つと処置室へ案内され、ポートフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらいます。
終わって書類を提出し、計算ができるのを5分ほど待つ間に受け取った次回の予約票を確認すると、なんとレントゲンのオーダーが入っていません。またもやドクターの入力漏れの模様。受付に申し出るとクラークさんが確認してくれて「この後すぐにドクターに入力してもらいます」とのこと。やれやれ。
こんなことをしている間に計算が終わったようで、自動支払機で会計を済ませると、12時前には病院を出ることができました。

OMCE第23回 がんに対する補完代替療法

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『がんに対する補完代替療法』
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 准教授
大野 智 先生

今日はひとりで参加しました。
大野先生のお話は昨年8月の公開第15回かながわ乳がん市民フォーラムで聞いているので、ほぼ同じだろうなと思っていたのですが、講義時間が十分にあったためか、なかなか充実した内容でした。
厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトは、かなり役にたちそうです。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
このサイトの中に情報の見極め方という解説があるのですが、これは統合医療に限らず、医療情報を判断するうえでの基本としてしっかり身に着ける必要がありますね。

どんな選択をするかは、最終的には個人の価値観が決めることになりますが、その大前提として、正しい情報を正しく理解する必要があります。これがとても難しい。しかも、医療は不確定要素が非常に多いうえに、人間の価値観は時と場合によって変化するために、最後まで「これで良かった」と思えるような選択をするのは、本当に難しいです。

第55回キャンサーボード勉強会

ファイル 281-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がん医療における患者・家族-医療者間のコミュニケーション:標準治療後の療養について話し合う』
国立がん研究センター社会と健康研究センター
藤森麻衣子先生

標準治療後の療養という文言から想像していたイメージとは異なり、延命等を目指す抗がん剤治療中止後の終末期の療養という意味でした。
要するに、最初のがん告知、再発・転移、積極的治療の中止などのBAD NEWS(悪い知らせ)を伝える際に、患者は医師に対してどのようなコミュニケーションを望んでいるのか、どうすればより良いコミュニケーションがとれるのかなどのお話でした。

イブランス 薬価収載

今年の9月27日に製造販売承認を取得したイブランス(一般名:パルボシクリブ)が、11月15日に厚労省の中医協・総会で薬価収載されることが決まった。22日に収載する予定。

新カテゴリ

この日誌、主に受診の記録になってしまっていますが、せっかくなのでがん治療関連の勉強会に参加したことも書いておこうと思い立ち、新しいカテゴリ「勉強会・イベント等」を作りました。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?field=14
過去の分は憶えているもののメモのみになりますが、遡って追加してみようと思います。