記事一覧

12月28日(木) 受診、いよいよイブランス開始

今日は仕事納めですが、病院も最終日。いつもの時間に家を出て、少し速足で駅へ向かうと、いつものより速い電車に乗れ、病院に着いたのは9時3分。最終診察日のせいかやや空いている感じで、採血→レントゲンとするすると進みます。レントゲンについては、先月の診察の際にドクターのオーダー漏れがあったのですが、伝言しておいたおかげか、今日はちゃんと予約が入っていました。9時半には腫瘍内科の受付も終了です。
いつもはここから1時間ほど待つので、本を読んだり、トイレに行ったりしているのですが、なんと40分ほどで中待合への案内が。それから10分もしないうちに診察室に呼ばれました。早い!
4週間の間の様子は「変わりないです」と報告し、PET-CTの結果を見ると、右肺はそれなりに集積が大きく写っています。SUVmax=11.7、大きさは8センチぐらい。胸骨も集積あり。ほかに右下位肋骨、右坐骨結節付近にも異常集積ありです。その他の所見は特になし。まぁ、ある意味、これまでとほぼ同じで、若干増悪しているかなぁという程度です。
腫瘍マーカーも、CEAが59.2から61.7に増、CA15-3が37.8から37.7に微減という状況。症状は特に変化なし。ということで、今月もフェソロデックスとランマーク継続です。
イブランスは端末で確認してみると処方可能になっているので、院内処方で今回から飲むことになりました。ただし、発売されたばかりの薬は2週間分しか出せず、また2週間後に血液検査もして受診することになりました。

いったん診察室を出て少し待つと、クラークさんが処置室に案内してくれて、そこでさらに少し待ちます。
看護師さんが登場して、ポートフラッシュ、ランマーク、フェソロデックスと注射。そのあと、薬剤師さんが登場し、イブランスの副作用や注意事項などを説明してくれました。薬剤師さんもこの薬を使うのは初めてだそうです。
血液検査のプリントをもらい忘れてしまったので、受付に書類を出す際に申し出て、印刷してもらいました。

最後に自動支払機で会計をするのですが、金額は144,750円也。院内処方なので健康保険の限度額認定証を使えば支払いは少ないのですが、他院で支払ったPET-CTの分と合わせるには、やはり自分で書類を出す必要があります。どうせクレジットカード払いだし、ポイントも貯まるし、近々保険証も変わる可能性があるし、今までどおり毎月申請書を出して還付してもらうことにします。
次回の診察日は1月11日の予定です。

最終日の職場には12時半ごろに到着し、それから午後5時までばたばたと仕事を片付け、そのあと女4人でワインの酒場(ディプント)で忘年会をしました。
来年もよろしくね。

第15回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

ファイル 289-1.png

今回のテーマは
「医療者とうまく付き合うコツとマナーとは?」
~発信・行動・可視化を通してがん経験を活かす~

18:30~19:15が鈴木信行先生をスピーカーとしたレクチャー。
鈴木信行さんは、患医ねっと代表でペイシェントサロン協会会長。精巣がんの罹患経験と、StageⅣの甲状腺がんと付き合っているがんサバイバーです。
19:20~20:00がお茶タイム。グループごとに患者として工夫していることやこんな工夫があるなどの意見交換を行い、そのあと、各グループの話し合いの内容を発表しました。
私の入ったグループは7人のうちがん患者は3人。その他はコメディカルや製薬会社のかたでした。

初めてのクリニックでPET-CT

今日はPET-CT検査です。
昨年までは治療に通っていたクリニックにPET-CTがあったため、年に2回ぐらいは受けていましたし、土曜日に検査を受けてその日のうちに結果を聞くこともできましたが、今年1月に転院した病院にはPETがありません。そこで、病院近くのクリニックでPET-CTの検査ができる施設に検査依頼をし、検査だけそこへ受けに行くことになります。
11月30日の受診日に朝一番で検査できる日を予約してもらい、その後に自宅へ送られてきた問診票等を持参し、1時間ちょっとかけてクリニックにやってきました。どうやらここは検査に特化したクリニックのようで、通常の診療は行っていないようです。
受付は昨年まで通っていたクリニックと同じように、病院らしくないカウンターで、土地柄もあってかスペースもゆったりしています。
受付の後は、まるでベルトコンベアーに乗せられたように、着替え、問診、注射、待機、撮影と進んでいきます。PET-CT自体はもう10回ぐらい経験しているので、特に迷うことはありません。撮影の際に仰向けになると咳が出やすいのですが、なんとか無事に撮影終了。終了後の待機はなく、そのまま着替え→会計と進み、受付後2時間で終了しました。
結果は12月28日の診察時に主治医から聞くことになります。

後からこのクリニックのWebサイトを見て気づいたのですが、なんと平日でなくても検査可能と書いてあるではないですか。だったら休みの日にすればよかった。残念。

第11回がんサバイバーシップ オープンセミナー

「リンパ浮腫とのつきあい方」

がんサバイバーシップ支援部研究員 土屋雅子
 リンパ浮腫とQOL・セルフケア継続のコツについて心理学的にお話します
中央病院 看護師長 鈴木牧子
 リンパ浮腫とのつきあい方

私は18年前にレベル3までリンパ郭清しているものの、リンパ浮腫にはならずに済んでいます。ただ、患者仲間には何人も発症している人がいるし、これから発症するリスクも無いとは言えないので、受講することにしました。
リンパマッサージが最近保険適用になったらしいので、その情報も得られるかなとの期待もありましたが、内容的にはほぼこれまでの知識の範囲。残念ながら新たな知見は得られませんでした。

リンパ浮腫の予防のために、日常生活のなかで禁止するようなことは基本的にはないが、セルフケアが重要であること。セルフケアとは、観察が第一であること。疲れたら休める、これまでと異なる感覚があれば、すぐに医療的な相談をすること、患部を酷使しないということ。ただ、一口に重いものを持たないようにといっても、何キロという目安はない。個人差もあるし、科学的に何キロ以上はNGというエビデンスはない。万が一発症したら初期兆候を見逃さずに、悪化させないことが重要だそうです。