記事一覧

マスクの効用

腫瘍内科医として有名で、他の医師からの信頼も絶大なK医師が「抗がん剤投与中のマスク使用も、私はやる必要なし、と指導しています。夏などは暑苦しくて大変です。」とツイートしたり、講演会で発言したりしているので、「抗がん剤投与中のマスク不要」という情報のみが一人歩きしているような感じがしますが、私は感染症予防のためにマスクはするようにしています。

もちろん、化学療法をやっている間は常に、というわけではありません。基本的に夏はマスクはしません。インフルエンザが危ないかなという12月から3月ぐらいまでの間が基本です。

まず私はメインの転移病巣が肺なので、症状として咳・痰があります。インフルエンザが流行しているときに、電車の車内などで咳をすると、周囲から白い目で見られます。咳をした際に喉から痰が飛び出てしまうこともまれにあるので、その対策のためにマスクは有効です。

ウィルスは小さくてマスクの隙間を通り抜けてしまいますが、飛沫感染はかなりの割合で防ぐことができます。
また、手に着いたウィルスや細菌が口から入ってしまうことによって感染するケースも多いようですが、マスクをしていると汚染されてしまったかもしれない手が不用意に口に触れてしまうリスクが低減します。
鼻腔やのどに元々備わっている防御機能は、乾燥すると弱まってしまいますが、マスクは保湿効果も期待できます。ちなみに、保湿というのはとても重要だそうで、こまめに水を飲んだほうがインフルエンザの感染リスクはかなり下がるようです。

かつて、がんと感染症に関する医療者向けの勉強会に参加したことがありますが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=267
がん患者ががんで命を落とすのはやむをえないが、がん患者が感染症で命を落とすのは残念という気がします。

ただでさえインフルエンザやノロは極力感染を避けたいものですが、肺にリスクを抱えていたり、副作用として骨髄抑制がある薬剤を服用している身としては、少しでもリスクを下げたいものです。特に病院は菌やウィルスの密度が高いところ。夏でもなければ、通院時はやっぱりマスクぐらいはしたいよなぁ。

1月25日(木) 受診、イブランス再開

これまでの診察予約時間は10時半だったのですが、今日の予約はなぜか9時半になっています。本来、早い時間は点滴をする患者さんを優先するはずなのですが、なぜ早くなったのかは謎。早く終わらせたい私としては好都合なので、そのまま診察1時間前の8時半を目指して家を出ます。
しかし、またもや電車のダイヤの乱れで病院到着は8:46。ただし、採血もレントゲンも超早く進み、20分後には腫瘍内科の外来受付ができました。
これまでどおりだと、1時間ほど待って血液検査の結果が出るころに「中待合へ」の表示が出るのですが、待合の長椅子で30分程待っていると看護師さん登場。簡単な事前問診と検温を行いました。そういえば先週も看護師さんの事前問診があったなぁ。一応イブランスは抗がん剤ということになるので、このような対応なのでしょうか。

その後の待ち時間もあまりなく診察室へ。もう2週間も休薬しているし、先週も受診したので、報告するようなことは何もありません。今日の白血球は5000を超えていたので、予定通りイブランスの2サイクル目に入ることになりました。これで好中球減少が再度1000を切るようなら、次からは減量することになります。
腫瘍マーカー(CEAとCA15-3)はこれまでと同様に微増。レントゲンの画像もやや増大。イブランスの恩恵はまだ無しです。
ドクターが検温しようとするので、「さっき看護師さんが計りましたよ」と言うと、「まだ(電子カルテに)入力されてないなぁ」と言いながら、私が「36度台の真ん中ぐらい」と言うと「じゃぁ36.5」と言いながら入力。アバウトやなぁ。
今日の注射を入力し、院内処方を入力し、次回の受診予約を入力してドクターの診察は終了です。

診察室を出ると中待合の椅子がふさがっているので、受付前の長椅子へ移動。すぐに看護師さんが現れて処置室へ移動。そこでポートフラッシュとランマークの注射とフェソロデックスの注射をしてもらうのですが、今日のフェソロの注射はやけに痛かったです。どうやら痛点に当たってしまったらしく、そのままだと薬の注入が難しいので刺し直し。とほほ。夜まで痛かったです。
注射が終わり、会計が終わったのは10時半過ぎでしたが、そこから薬が出るまで30分ほど待たされてしまいました。それでもいつもの受診よりは早く終了。

次回は2月8日(木)の予定。なぜか診察予約時間はさらに早く、9時になっていました。

第12回がんサバイバーシップ オープンセミナー

ファイル 295-1.png

国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター
臨床心理士 藤間勝子
「アピアランスケアって何だろう?
~がん患者の外見ケアを考える~」

アピアランスケアとは、外見のサポートを通じて患者のQOLを向上させる取り組みですが、女性がん患者が、ウィッグやネイル、化粧など、おしゃれを楽しむことによって元気になるというイメージが広がってしまった。
しかし、本来の目的は Beauty ではなく Survive 。年齢・性別・症状の多寡にかかわらず、医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアと言える。

思い込みや、誤った情報による障害も多いので、自分が心地よいと感じられるかどうかが重要なポイントのようです。

1月18日(木) 今年2回目の受診

本来であれば3週間服用し1週間休薬で4週1サイクルのイブランスですが、いきなり好中球が1000前後になってしまったので、3週目から休薬となってしまい、1週間後に再度血液検査をすることになり、本日がその受診日です。
受診予約時間は9:30になっているので、採血をその1時間前に受けられるよう家を出ましたが、電車のダイヤが乱れていてチェックインは8:49、それでも採血は空いていて9時ごろには外来待合へ。ちょうど診察が開始され、次々と中待合へ患者さんが呼ばれ始まった時間でした。

しばらくすると看護師さんが登場。簡単なリサーチと体温測定。そして中待合→診察と進みます。
血液検査の結果は通常よりも低い数字ではありましたが、V字回復と言ってもいいぐらいの1600超の数値になっていてひと安心。来週の数値にもよりますが、発熱も他の副作用もなかったし、2サイクル目は通常通り始められそうです。

会計が終了して病院を出たのは10:30で、会計は320円也でした。
次回の受診は1月25日(木)です。

1月11日(木) 今年初めての受診、いきなり休薬

12月28日にイブランスを処方してもらってから2週間、きちんと毎日1カプセルを服用し、今日は副作用チェックの血液検査と、残りの服用期間分の処方をしてもらうための受診です。

診察予約時間は10時なので、その前の血液検査の分を織り込んで、いつもどおり朝ドラを見てから家を出ます。ただ、今日はめずらしく1日仕事を休むことにしたので、少しぐらい遅れても問題なく、のんびりです。
電車のダイヤの遅れがあってチェックインは9:18。年末の最終受診日は意外に空いていたのですが、今日の院内はいつもより混んでいる感じ。採血も待ち時間は倍ぐらい。外来の受付をしたのは9:40。待合の長椅子で1時間近く時間がたったころ「〇〇さん」と私の苗字を呼ぶ声が。めったにないシチュエーションで、しかも私の苗字はありふれているので、まさか自分が呼ばれていたとは思わず、フルネームを呼ばれて初めて自分のことだとわかりました。(実は前にも他の診察室から苗字を呼ばれたことがあって、自分が呼ばれたかと思ったら人違いだったことがあるのです。)気づけば、私を呼んでいたのは2週間前にイブランスの服薬指導をしてくれた薬剤師さんでした。
診察室のエリア内にある化学療法相談室なる部屋で副作用等のヒアリングがありました。
申告した副作用は軽い下痢2回、指先の異常(乾燥?)、歯ぐきからの出血1回といったところ。発熱等はありません。血液検査の結果がすでに出ているようで、白血球はかなり下がっている模様です。薬剤師さんとしても初めて扱う薬なので、リサーチも必要のようです。
5分程ヒアリングを受けて相談室を出ると、ちょうど「中待合へ」の表示が出ています。しかし、中待合の椅子が満席になっているので、診察室の入り口が見える待合の長椅子で待つことにしました。
その後、中待合の椅子に空きが出たので移動。診察室に呼ばれたのは、11:20ごろでした。

今年最初なので、一応「あけましておめでとうございます!」とあいさつをし、患者用の椅子に座ります。既に薬剤師さんのヒアリングの情報はドクターの耳に届いているようですが、改めて副作用の内容を報告。体感できる副作用はほとんど大したことのないものですが、血液検査の結果は意外というか、案の定というか、骨髄抑制がかなり強く出ているようでした。
ファイル 292-1.gif
イブランスの添付文書情報(上記)によれば、好中球数が減少すると、その程度に応じて投与量を減量するようですが、その基準に当てはめるとGrade2とGrade3の中間の数値のようです。
Grade定義表はこちら↓
http://www.jcog.jp/doctor/tool/JCOG_kyouyoukijunnchi-CTCAE.pdf
機械で測った値はGrade2のかなりGrade3に近いところで、目視で測った評価はGrade3だそうです(具体的な数値はコピーをもらい忘れ…)。ということで、当面は休薬することになりました。そして1週間後に再度血液検査をし、その値によって次のサイクルの分量を決めることになりました。
私はFECの時も白血球、好中球がかなり下がってフィルグラスチムを打ち、結局毎週通院することになったのですが、それと似たような状況になりそうです。とほほ。(^^;
感染症にはこれまで以上に気をつけなければならないし、発熱があったら抗生剤で対応するよう、クラビットを処方してくれました。

ということで、次の受診日は1月18日(木)です。