記事一覧

2月22日(木) 受診、イブランス3サイクル目突入

今日は朝からみぞれ混じりの小雨が降っていて、とても寒いです。

診察予約時間は9時半なので、通常であればその1時間前を目指して家を出るのですが、仕事を一日休みにしてあることもあり、ややのんびり目に支度をしていたら、かなり遅くなってしまいました。しかも乗り換えの電車が遅れていて、病院にチェックインしたのは9時10分ごろ。採血は10分待ち。今日の針刺しはスムーズにいきましたが。その後のレントゲンもやや混み状態で、腫瘍内科の外来受付にたどり着いたのは9時45分ごろ。ただ、腫瘍内科の患者はいつもより少なそうです。

10分ほどすると待合ロビーに看護師さん登場。事前問診です。ひととおり前回受診以後の状況を報告し、しばらくすると中待合への表示が。中待合では15分程待ったでしょうか。
診察室へ入って再度2週間の状況をドクターに報告。先週の足のけいれんと今週月曜日の腹痛・軟便と昨日からの口内炎のできかけ。指先の乾燥。あとは数日前からちょっとだるいかなーというカンジ。いずれもそれほど酷い状態ではありません。
レントゲンと採血の結果は、いずれも微改善。画像は誤差の範囲ですが、腫瘍マーカーは二つともほんの少しながら減少していました。好中球減少も基準値クリアということで、3サイクル目突入決定です。
ドクターは「これなら受診は4週間ごとでも大丈夫かな」とやけにうれしそうですが、「処方は14日分以上できるんですか?」と聞くと「あ、だめだ」とがっくりしていました。発売後1年間はMAXの処方が14日分なので、たとえ処方のためだけでも2週間ごとの受診は続きそうです。

診察室を出て待合で少々待っていると、処置室に案内されて注射です。ポートのフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射と順番に刺して終了です。会計と処方薬の受け取りを済ませ、全部終わったのは11時40分ごろでした。

次回の受診は3月8日(木)の予定です。

2月8日(木) 受診、イブランス続行

今日はイブランス2サイクル目の副作用チェックです。
今までになく9時の診察予約になっていたので、いつもよりかなり早めに家を出ます。寒いです。
通常、採血してから結果が出るまで1時間ぐらいかかるので、その時間を見込んで診察予約時間の1時間前チェックインを目指すのですが、そもそも受付開始が8時15分なので、今日は8時半ぐらいに着けばいいかなーというカンジ。結局、朝の支度が押せ押せになってしまい、病院に着いたのは8時40分過ぎでした。

まずは採血です。自動受付機で番号札を取り、採血室の前まで行くと7分待ちの表示。ほどなく呼ばれて私の番になりましたが、最初の担当者(男性)には珍しく針刺しを失敗されてしまい、担当が女性に変わって2回目に採れました。今日は1本だけだったのに・・・。もう何年も同じ場所(左腕)で採血しているので、血管が固くなっているのは確かですが、採血で失敗されたのは初めてかも。前回のフェソロデックス注に引き続き、今回もトホホでした。

採血の後は腫瘍内科の外来受付へ。ちょうど9時ごろでしたが、診察はまだ始まっていない様子。私の担当ドクターの診察は20分ごろに始まった様子で、始まるとすぐに私の番号が「中待合へ」となりました。どうやら2番目のようです。
中待合の椅子で待っている間に咳が出て、しばし咳き込んでしまったのですが、ひとしきり咳をして顔を上げるとドクターが診察室から顔を出していました。私の咳が終わるのを待っていたみたい。私の順番かとジェスチャーで聞いてみると、ドクターも無言のままウンウンと頷きます。慌ててコートとバッグを持って診察室へ入りました。

さて、イブランス2サイクル目の14日間の状況報告ですが、下痢が1回、口内炎が1個。咳・痰は相変わらず。血痰は少なくなった感じ。発熱や、その他の変わったことは無しです。
血液検査の結果は、意外にも1サイクル目ほど下がっていません。好中球は1800以上あり、今回はこのまま服薬続行です。次の受診は2週間後で、その時に骨髄抑制が悪化していなければ、減薬せずにイブランス継続(3サイクル目)になりそうです。

今日は、会計、薬もスムーズで、病院を出たのは10時過ぎ。病院滞在時間は約1時間半でした。
次回の受診は2月22日(木)の予定です。

ということで、明日から未体験のイブランス3週目に突入です。

高額療養費について

高額療養費制度って、ご存知でしょうか?
病院で国民健康保険などの公的医療保険の保険証を使って医療を受ける場合、普通は掛かった医療費の3割(小学校入学以後70歳未満)が自己負担となり病院の窓口で支払うというのはご存知ですよね。これが医療保険の療養の給付です。

かなり以前は、自己負担額がおおむね月額8万円を超えないと制度の対象にならないので、入院・手術でもしないかぎり適用になることは少なかったのですが、制度が改正になったり、外来で高額の化学療法を受けたりするようになったため、実は高額療養費の対象になっていたという場合も出てきていると思います。

この高額療養費制度、制度の詳しいことは厚生労働省のWebサイト(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html)や、全国健康保険協会のWebサイト(https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat310/sb3030)などを見れば詳しい説明が見られますが、良く知らずに損をしているかもしれない人のために、注意点をいくつか挙げてみます。

まず、平成27年から自己負担限度額が変更になりました。自己負担限度額とは、月の支払額がその金額を超えると戻ってくる基準の金額です。以前は、すごく高収入の人とすごく低収入の人を除いて、一般的な収入の人はひとくくりになっていたのですが、それが細分化されました。
正確には細かな適用基準を確認しないといけないのですが、70歳未満で年収370万円未満の場合は月額57,600円が自己負担限度額となります。年収370万円以上770万円未満の場合は80,100円+(10割相当医療費-267,000円)×1%が自己負担限度額となります。
さらに、高額療養費に該当する月が過去12か月に3回あった場合は、4回目からは44,400円となります。

高額療養費に該当するかどうかですが、医療保険によっては保険組合のほうで自動的に計算し、数か月後に自動的に戻してくれる場合や、「該当するので申請してください」と通知をくれる場合もあるのですが、自分で申請しないと戻ってこない医療保険もあります。多くのかたが加入していると思われる協会けんぽ(以前、政府管掌健康保険と呼んでいたもの)は、自分で申請しないと戻ってこないので要注意です。

以下、自分で申請しないと高額療養費が適用されない(自己負担限度額を超えた部分が戻ってこない)場合の注意点です。

入院については平成19年度から、外来については平成24年から、高額療養費限度額適用認定証を交付してもらって医療機関で提示すると、窓口での支払いが自己負担限度額のみで済むようになりましたが、これも注意が必要です。一つの医療機関のみで継続してかかっている場合は良いのですが、途中で転院したり、複数の医療機関にかかっていたりすると、やはり申請する必要が出てきます。
また、院外処方の薬の代金は、本来は処方した病院の医療費として計算すべきなのですが、これも医療機関や薬局の窓口では計算できないので、改めて自分で申請する必要があります。

私の場合、外来化学療法を受ける際には、健康保険(医療保険)の事務局あてに申請をして、限度額認定証を交付してもらいました。これによって、病院の窓口での支払は自己負担限度額までで、支払いが無しのときもあったのですが、院外処方の分は入っていないので、薬局で支払った分は申請しないと戻ってきませんでした。

ほかにも、扶養家族がいる場合や、自分が扶養家族になっている場合は、同じ医療保険を使っていることになるので、21,000円を超えるものは合算できます。

正確な情報は以下を参照してみてください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000167493.pdf