記事一覧

やっとというか、とうとう無職

大学を卒業して36年(歳がバレる?)。思いがけず地方自治体の行政マンとして働き始め、福祉や公証事務、広報、情報システム関係など、いろいろな仕事をやってきましたが、今日を最後に、とうとう完全リタイアすることとなりました。

過去にもこの日記に書いたとおり、平成26年3月31日をもって早期退職をしたのですが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=114
いろいろ成り行きがあって、そのまま同じ勤務先で4年と20日、週30時間勤務の臨時職員(もちろん給料は4分の1以下に激減)として働いてきたのです。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=115
↑にも書いた通り、生きているうちに自分で退職金をもらうべく早期退職をしたのですが、元気なうちに実現したいと思っていた悠々自適の「老後」「余生」はちょっとお預け状態でした。それがやっと実現したわけです。
学生時代の長期休暇を除けば、10日以上の予定のない生活というのは物心ついて以来初めて。いったいどんな生活になるのでしょうか。
気になるのは、生活の糧である貯金がものすごい勢いで減っていること。少しはお金の使い方を見直さなくちゃ。大誤算で長生きしてしまったら超悲惨なことになりそうです。

4月19日(木) 受診

良い天気です。3月の受診のときと違って、体調も良好。駅から病院までの道路脇にも、花がたくさん咲いていて気持ちの良い日です。
病院にチェックインしたのは8時半過ぎで、今日の診察前は採血のみ。採血はまったく待ち時間なしで、針刺しもスムーズでした。病院到着から10分程で外来受診の受付も完了です。各診療科ではまだ診察は始まっていないらしく、待合ロビーも空いています。まもなく看護師さんから整理番号を呼ばれて、事前問診と体温測定。自宅で測った時は36.4度でしたが、なんと35度台。「まぁ、熱はないということで」と看護師さんも苦笑い。
そこから1時間近く待たされましたが、これは血液検査の結果待ちと思われます。ようやく診察室に呼ばれたのは、私が1番目でした。

「おはようございまーす」と言いながら診察室に入り、いつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。しばらく無かった血痰が、数日前にちょっとあったこと、昨日ぐらいから喉が痛いことなどを報告しましたが、血液検査の白血球は正常。CRPも低いです。腫瘍マーカーは微増で、月曜日に撮ったPET-CTも微増悪といったところ。所見報告でも「右肺は前回と同様、右坐骨の集積が前回より増加」というもの。
イブランスの恩恵はあまりないようですが、積極的に治療変更するような状況でもないので、現状維持で様子見です。
イブランスは4サイクル目を7日分しか服用していないので、まだ7カプセルの手持ちがあります。今日、14日分を処方してもらうと5サイクル目全期間がカバーできるので、途中にゴールデンウィークを挟むこともあって次回の受診は4週後の5月17日となりました。受診間隔が伸びて、ドクターは嬉しそうです。
「そのころは仕事を辞めてるから完全フリーだぁ。終活しなくちゃ」とつぶやくと「え、就活するの?」とドクター。「いや、片付けのほうの終活です」と言うと「ぼくも医者の終活したい」。いやいや、あと10年ぐらいは頑張ってもらわなくちゃねぇ。
次回の診察の予約入力では事前の血液検査とレントゲンを入れ、今日の薬の処方を漏れのないように確認しながら入れてもらっていたら、今日の血液検査結果のプリントをもらうのを忘れてしまいました。あーあ。次回忘れずにもらわなくちゃ。

診察の後は化学療法室に移動してCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了です。
会計まで全部終了したのは10時半でした。
今日はこれから出勤です。

第59回キャンサーボード勉強会

ファイル 308-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
今日の特別講演は、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の仁保誠治先生による「チーム医療によるirAEマネージメント」というもの。
irAEとは免疫関連副作用のことのようで、免疫チェックポイント阻害薬の有害事象にどのように対処するかというお話です。
マスコミではオプジーボが夢の薬のように取沙汰されていますが、免疫って両刃の剣なわけで、これまでの化学療法の副作用とは違った知識や対応が必要になるようです。

PET-CT検査(転院後2回目)

深夜から、まるで台風のような暴風雨。雨は朝には小降りになっていましたが、まだ風は強いです。電車は動いているでしょうか。

今日はPET-CT検査です。
メインの病院にはPET-CTがないので、近くの検査専門クリニックに行くのですが、なんと土日でも検査OKとか。現時点では平日になかなか休みがとれないので、うれしい限りです。

暴風の中、予約時間の10分ほど前にクリニックに到着し、受け付け、着替え、問診と順調に進みます。安静室に落ち着いてからいったんFDGの注射に行き、さらに50分程待機。
撮影前にトイレを済ませ、いざ検査台に乗ったのですが、咳が出てしまい、落ち着くまでしばらく時間をもらいました。撮影中に咳発作が出ないかとひやひやものでしたが、なんとか無事撮影終了。結果は明後日に主治医のところに届くそうです。

4月5日(木) 受診、イブランス再開

3月26日の臨時受診の後は、体調も徐々に回復し、年度末にめじろ押しだった予定(27日花見、29日フォーラム幹事会などなど)も順調にこなすことができました。昨日まで鼻水が大変でしたが、今朝はすっかり元通りです。

年度始めで仕事が立て込んでいるので、今日はできるだけ早く受診を終わらせようと、家を7時40分ごろ出発。病院にチェックインしたのは8時半過ぎでした。
それから採血、レントゲンと順調に回り、腫瘍内科の外来で受付をしたのが9時5分ごろ。受付後にトイレに向かうと、廊下で珍しく乳腺外科の顔見知りのドクターとすれ違ったので、ちょこっとご挨拶。
待合の長椅子で待機していると、今度は看護師さん登場。熱が下がったことを報告し、体温を測ってみると36.4度。酸素飽和度も97%と順調です。ほどなく中待合への案内表示が出て、さらに10分足らずでドクターが診察室の扉を開けて顔を出します。ばっちり私と目が合い、私の診察順です。
前回の受診(3/26)以降は発熱はないことを報告、咳・痰も発熱前の状況に回復し、酷かった鼻水も今日はあまりないこと。クラビットは予定通り飲み切り、その間、おそらく抗菌薬の影響で1回だけ下痢があったこと。足がよくつること。一時期、味覚障害か水が甘く感じるときがあったこと。いずれも大したことはありません。レントゲンは発熱前の状態になり、CRPもいつもぐらいの値に低下。ドクター「29日の会合の後に様子を聞こうと思ったんだけど、すぐいなくなっちゃったんだよねー」。確かその日は終了時間が遅かったので、早く家に帰りたくてさっさと駅に向かったのでした。
4サイクル目のイブランスは2週間休薬してしまい、3サイクル目の4週目から通算して3週間飲んでいませんが、明日から1週間イブランスを飲み、その後は予定通り1週間休薬。特に問題がなければ5サイクル目から通常通りの服用に戻すことになりました。
次回の診察は4月19日で、4月15日にPET-CTを予定していることもあってレントゲンはなし、採血だけ診察前に行うことにしました。

今日はこれから出勤です。