記事一覧

5月31日(木) 受診

前回(5/17)の受診の際に好中球がギリギリだったので、今日は血液検査をしてから受診の予定です。

往きの私鉄はダイヤが乱れていて、病院に着いてチェックインしたのは9時半過ぎ。採血は12分待ちでほぼその通りに終了。今日は好中球を確認するだけなので1本です。
腫瘍内科の外来で受付をして待つこと35分。中待合への表示が出てさらに35分ほど。中待合では途中で看護師さんによる体温測定と酸素飽和度のチェックがあり、ドクターが診察室の戸を開けて招き入れられたのが10時55分ごろでした。

おはようございますとあいさつをし、椅子に座ってドクターは問診の構えですが、先に「好中球はどうでした?」と私から聞いてしまいました。「それが、下がってないんだよねー」とドクター。どうやら2週間前に1000ギリギリだった好中球は、2週間のイブランス服用にもかかわらず、今日の値は1100ぐらいのようです。「ま、継続だねぇ」とのこと。私からの報告は「特に変わったことはありません。抜け毛が増えたこと、右ヒザに覚えのない痣ができたこと、今週はやたらと足が痙攣すること、爪の変形が気になることぐらいかなぁ。発熱はなしで、咳・痰は相変わらずです。そうそう、前回の受診で会計が4800円って出てビックリしましたよ」。ドクター「あれぇ、変だなぁ・・・」と電カルの画面を確認。今日はほかにやることはないので、ちょこっと雑談をして終了。本日の診察時間は約15分です。
次回の診察は6月14日の予定です。

5月17日(木) 受診

今日の診察予約時間は9時半になっていますが、時間の余裕がある身になったので、かなりのんびり目に家を出ます。
病院に到着してチェックインしたのがちょうど9時半。今日は少々混んでいる感じで採血は13分待ち。その後のレントゲンもめずらしく混み混みで、受付で「20分から30分お待ちいただきます」と言われて中待合へ。腫瘍内科の外来受付に辿り着いたのは10時15分でした。
今回は保険証の変更があるので、その旨を申し出て保険証チェック。小一時間ほど待合の長椅子で本を読みながら待っていると「中待合へ」の表示が出ました。中待合では待つほどもなくすぐ診察室へ。

まずはいつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。血痰も最近はほとんど出ません。ただ、血液検査の結果は白血球が2800、好中球が1008と微妙な数値。腫瘍マーカーは微増、レントゲンも微増大といった感じで、薬が効いてる様子も無い代わりに、積極的に薬を変える状況でもありません。CRPは昨年2月以来の低値です。
好中球はスレスレの数値ですが、添付文書通りということでイブランス継続。2週間後の受診日に再度、血液検査をすることになりました。
先月もらい忘れた血液検査結果を印刷してもらい、薬の処方と次回診察の予約を入れ、診察は終了。
引き続き化学療法室でフェソロデックスとランマークの注射、CVポートの洗浄をしてもらいました。

終了時間はちょうど12時。今日は時間に余裕があるので、院内のレストランでランチした後に自動支払機へ行くと、なんと会計金額は予定の10分の1以下。フェソロデックスとランマークの注射をして、こんなに安いはずはありません。以前も会計処理ミスがあったのでカウンターで調べてもらうと「ドクターの入力漏れ」だとか。診察室で私の目の前でぶつぶつ言いながら入力してたはずなんだけど、あのデータはどこに消えちゃったのでしょうか???
正しい金額をクレジットカードで支払い、本日の予定は終わりです。

次回の診察予定は5月31日(木)です。

第60回キャンサーボード勉強会

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。